DaVinci Resolve 16 Fusion 16 新機能まとめ

DaVinci Resolve 16 新機能の詳細

2019年 NAB にてDaVinci Resolve 16が発表されました。現在ベータ版がダウンロード可能です。

DaVinci Resolveはプロ仕様の8K編集、カラーコレクション、VFX、オーディオポストプロダクションを統合したツール。

読み込み、荒編集、本編集、エフェクト、カラー、オーディオ、書き出しの工程をタブを切り替えて作業します。

チームで同じアプリケーションを使い、パート毎に分かれて作業する場合に最適。

このバージョンではコラボレーション機能が強化。タブにある要らないページを非表示にしてアーティストは作業に集中できます。

新たに「カット」ページが加わり新しいDaVinci Resolve Editor Keyboardで素早く編集できます。

新しいカットページを解説!

フィルムプロセスに続きVTRの回帰。Blackmagicは「リボーン」が上手いですね。

 

DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!

現在DaVinci Resolveはベータ版です。不具合や未実施の機能がある点に注意してご利用ください。

 

DaVinci Resolve 16インストールガイド

DaVinci Resolve (ダヴィンチ リゾルブ)のインストール方法はこちら

DaVinci Resolve 16 インストールガイド

 

アップデート情報

DaVinci Resolve 16 Fusion 16 beta 2

 

フォーラム

DaVinci Resolve 16 Beta フォーラム(英語)

FB DaVinci Resolve ユーザーグループ Japan 

 

新機能の詳しい解説はこちら!

インターフェースの改善

コラボレーションワークフローの改善

サポートフォーマットの追加

カラーマネジメントの改善

メディアプールの改善

スマートビンの自動作成機能

顔認識で人物キーワードを生成

カットページ インターフェース

エディット カスタムタイムライン設定

エディット オフライン参照クリップの割り当て

エディット オーディオ波形表示オプション

エディット ビューアの改善

エディット 編集操作の改善

エディット ラウドネスを使ったノーマライズ

エディット 調整クリップ

エディット インスペクタ スタビライザー

エディット スピードワープ

エディット 属性をペーストでグレードの貼り付け

エディット エフェクトやUI機能の改善

スタンドアロン版 Fusion Studio 16

Fusion GPUによる高速化

ResolveFX オブジェクト削除

ResolveFX アナログダメージ

ResolveFX 色順応

ResolveFX 色収差

ResolveFX スタイル変換と鉛筆スケッチ

ResolveFX 無料版でも使える新しいResolveFX

ResolveFX 既存のResolveFXの改善

カラー 新しいGPUスコープ

カラー 自動色補正とショットマッチ

カラー カーブパレットにヒストグラムを表示

カラー ギャラリーの改善

カラー UIと一般的な改善

カラー エフェクト機能の改善

Fairlight イマーシブ(没入型)フォーマット

Fairlight オーディオモニタリングのBチェーン

Fairlight 新しいラウドネスモニタリング

Fairlight 新しいオートメーションコントロール

Fairlight 弾性波オーディオリタイミング

Fairlight Pro Tools AAFインポート

Fairlight その他の機能改善

FairlightFX ダイアログプロセッサ

FairlightFX 周波数アナライザ

FairlightFX リミッタ

FairlightFX 位相メーター

FairlightFX フォーリーサンプラー

デリバー クイックエクスポート

デリバー YouTube Vimeoへの直接アップロード

デリバー 再エンコードせずに書き出し

デリバー Pro Toolsエクスポートの改善

デリバー 一般的な改善

 

カットページの完全ガイド。

DaVinci Resolve 15 の新機能はこちら。

DaVinci Resolve 15 新機能まとめ

各ページの詳細と使い方はこちら。

DaVinci Resolve 基本操作ガイド

DaVinci Resolve 16 メディアページ

DaVinci Resolve 16 カット ページ

DaVinci Resolve 16 エディットページ

DaVinci Resolve 16 Fusion ページ

DaVinci Resolve 16 Fairlight ページ

DaVinci Resolve 16 デリバー ページ

 

 

新機能の概要

カットページだけでなく他ページでも「クイックエクスポート」を使ってYoutubeやVimeoに直接アップロード!

遠隔地とのレビューやコラボレーションで定評のある「Frame.io」もAPIレベル統合化され、クリップに付けた注釈を共有できます。

最新の「DaVinci Neural Engine」(AI)を搭載。「スピードワープ」の動き推定によるリタイミング、スーパースケール、自動カラーマッチ、顔認識などに使われます。

編集ページでは、タイムライン上の複数のクリップに効果を適用できる「調整クリップ」、「スマートビンの自動化」、「属性の貼り付け」でカラーデータをペーストする機能などが追加。

FusionもGPUで高速化。エフェクトや3Dパフォーマンスだけでなく、マスクの作成やタイトルなど、アプリケーション全体でスピードアップ!

カラーページにはGPUスコープが搭載。詳細なオプションが選択できます。OpenFXもキーフレームで操作可能に。他の操作性も向上しています。

Fairlightではアプリケーションから500種類に及ぶ無料の「フォーリーサウンド」をダウンロード可能。MIDIコントローラで操作して効果音を映像に合わせて録音できます。

その他、Dolby AtmosやAuro-3Dなどのイマーシブ3Dオーディオの対応弾性波(エラスティック ウェーブ)によるオーディオの伸縮、ラウドネスの強化などの機能が追加。

入出力でもGPU/CPUを使用したハードウェアエンコード/デコードの強化、AVID DNxUncompressやARRI HDEクリップのサポートが追加。

他にも数多くの機能を追加/更新。新機能の一覧は記事後半をご覧ください。

 

 

新機能のムービーはこちら。

 

 

無料版と有料版の違い

無料版のDaVinci Resolveと¥33,980で購入できる無期限の有償版のDaVinci Resolve Studioがあり、以前の有償版のユーザーはそのままStudio版を使用できます。

前のバージョンからアップデートする場合は、データベースのバックアップを強く推奨。

無料版と有料版の機能の違いはこちら。

 

 

 

同時にFusion Studio 16のベータ版も提供開始。Ver15で統合されたFusionですが、ユーザーの強い要望があり単体版が復活。

Ver.15でFusion StudioのドングルでDaVinci Resolve Studioが使えるようになり、Ver.16ではDaVinci Resolve Studioのドングルで単体のFusion 16 Studioを使用できます。

DaVinci ResolveのFusionとFusion Studioの比較表

 

 

さらに!Fusion Studio 9で使用できたPrimatteやWindowsでのProRes書き出しも復活!

MediaComposer用のプラグイン、無制限の解像度のレンダリング、Studio Player、Windows以外でのVR機器の対応、リモートレンダーノード、ネットワーク越しのビンサーバ、Wavオーディオのトリムとプレイバックなどが復活予定です!

 

 

DaVinci Resolve 16 システム要件

DaVinci Resolve 16は以下のシステム要件で動作。

macOS

OS macOS 10.13.6 High Sierra
16 GB以上 のシステムメモリを推奨
(Fusionを使う場合32 GB以上を推奨)
Blackmagic Design Desktop Video10.4.1以降
CUDA Driver v418.105
NVIDIA Driver バージョン GPUの要求による
RED Rocket-X Driver 2.1.34.0 Firmware1.4.22.18以降
RED Rocket Driver 2.1.23.0 Firmware 1.1.18.0以降

macOSではOSのグラフィックドライバを使用。NVIDIAのグラフィックドライバはOSのバージョンや機器の構成により制限があります。

Windows

OS Windows 10 Update
16 GB以上 のシステムメモリを推奨
(Fusionを使う場合32 GB以上を推奨)
Blackmagic Design Desktop Video10.4.1以降
NVIDIA AMD/Intel GPU Driver GPUの要求による
RED Rocket-X Driver 2.1.34.0 Firmware 1.4.22.18以降
RED Rocket Driver 2.1.23.0 Firmware 1.1.18.0以降

Linux

OS CentOS 7.3
32 GB 以上 のシステムメモリを推奨
Blackmagic Design Desktop Video10.4.1以降 NVIDIA AMD Driver GPUの要求による
RED Rocket-XDriver 2.1.34.0 Firmware 1.4.22.18以降
RED Rocket Driver 2.1.23.0 Firmware 1.1.18.0以降

 

DaVinci Resolve 16の主な新機能一覧

  • 新しいカットページの追加
  • DaVinci Resolveエディタキーボードのサポート
  • 高速になったFusionプロセスの複数のパフォーマンスの改善
  • コラボレーションワークフローの改善 – Studio版
  • DaVinciニューラルエンジンを搭載したスピードワープモーション推定 – Studio版
  • 同じプロジェクト内のタイムラインレベルの解像度、フレームレート、拡大縮小、モニター設定
  • YouTubeとVimeoの直接アップロード
  • すべてのページからすばやくレンダリングを実行する「クイックエクスポート」
  • タイムラインクリップの上にフィルタ、エフェクト、グレードを適用する「調整クリップ」
  • メディアのインポート、直接アップロード、マーカーとコメントの同期をサポートする「Frame.ioの統合」 – Studio版
  • 大幅に改善されGPUにより高速化したリアルタイムスコープ
  • Dolby Atmos、Auro-3D、MPEG-H、SMPTE ST 2098を含む初期のイマーシブ3Dオーディオのサポート -Studio版
  • Blackmagic DesignのサポートWebサイトから入手できるDaVinci Resolve用の無料のフォーリーサウンドエフェクトライブラリ

カット ページ

  • タイムライン上の任意の場所をすばやくナビゲートできる編集機能を備えたデュアルタイムライン
  • ソーステープモードで複数のメディアプールのクリップを一連のショットとしてプレビュー
  • フレーム精度のトリミングを可能にするビューア専用のトリムツール
  • 可変プレビュー速度を備えた高速レビューモードで映像を素早くレビュー
  • 編集点への再生ヘッドの近さに基づくインテリジェントな編集動作
  • 専用の編集ボタンとトランジションボタン
  • 変換、音声、テキスト、エフェクトなどのコンテキスト固有のアクション用のコンパクトなビューアコントロール
  • すべてのDaVinci Resolveトランジション、エフェクト、Fusionタイトルテンプレートにアクセスして編集する機能
  • マルチメディアプールのソートと表示モード – 新しいフィルムストリップモードとサムネイル付きの新しいリストモード
  • 動画のエクスポートと共有のためのクイックエクスポートオプションへの簡単なアクセス

パフォーマンス

  • コンテンツを変更せずクリップを高速にレンダリングするためのビデオエッセンスを維持するユーザー選択
  • エフェクトライブラリのタイトルテンプレートによる再生パフォーマンスの向上
  • Fusionの再生パフォーマンスの向上
  • Fusion compsを使ったクリップのキャッシングパフォーマンスの向上
  • Fusionエフェクトを使用したクリップの3Dエンジンパフォーマンスの向上
  • キャッシュしたエフェクトでFusionクリップを再生するときのパフォーマンスの向上
  • GPU高速化によるスコープパフォーマンスの向上
  • DaVinci ニューラル エンジンを使用したスーパースケールアルゴリズムのパフォーマンス向上 – Studio版
  • 単一のNVIDIA GPUのLinuxシステムでの再生パフォーマンスの向上

コラボレーション

  • コラボレーションプロジェクト用のシステムごとのレンダーキャッシュ – Studio版
  • コラボレーションプロジェクトのカラーページでのマーカーの作成と変更 – Studio版
  • コラボレーションプロジェクトのカラーページでのクリップメタデータとフラグの修正 – Studio版
  • コラボレーションプロジェクトのカラーページでのクリップカラーの表示や変更 – Studio版
  • コラボレーションプロジェクトを読み取り専用モードでロードする機能 – Studio版
  • コラボレーションプロジェクトでのドルビービジョンとHDR10 +のサポート – Studio版
  • メディアのインポート、直接アップロード、マーカーとコメントの同期をサポートするFrame.ioの統合 – Studio版
  • コラボレーションシステムごとに出力とモニタリング設定を上書きする機能 – Studio版
  • 非コラボレーションプロジェクトの現在使用しているユーザーのマシンとIPアドレスを確認する機能
  • 特定のカラーのフラグやマーカーを表示/非表示にするオプション
  • カラーでマーカーとフラグを削除する機能

編集 ページ

  • DaVinciニューラルエンジンを搭載したスピードワープモーション推定 – Studio版
  • 同じプロジェクト内のタイムラインレベルの解像度、フレームレート、拡大縮小とモニタリング設定
  • タイムラインクリップの範囲の上にフィルタ、エフェクト、グレードを適用するための「調整クリップ」
  • DaVinciニューラルエンジンを搭載した人々を検出と分類するためのビデオクリップの分析機能 – Studio版 
  • タイトルとアクションのためのカスタムのセーフティ
  • メディアプールのクリップやタイムラインを「オフライン参照クリップ」として割り当て可能 
  • クリップ属性ダイアログのビデオオリエンテーションアングル
  • カーブエディタでの位置キーフレームのイーズインアウト
  • タイムラインカーブでOpenFXプラグインのキーフレームを表示、編集する機能
  • インスペクタからのビデオクリップのスタビライズ
  • 「属性の貼り付け」ダイアログからの色補正プロパティの貼り付けのサポート
  • 編集ページビューアとメディアページビューアでスクラブするときのオーディオ動作の改善
  • Alt / Optionキーでビューア上のタイトルのスナップを一時的に有効/無効化
  • 2-アップと4-アップディスプレイで利用可能なすべてのビューア領域を自動的に使用
  • 選択したクリップをブレード操作すると、前のセクションが選択。
  • 編集とカラーページのビューアで、ビューアのオーバーレイのオン/オフを切り替えたり、特定のモードにショートカットを割り当てる機能
  • ワークスペースメニューからキーワードディクショナリの幅広い単語選択をサポート
  • フォルダを使用してスマートビンをグループ化や管理する機能
  • キーワード、ショット、シーン、人物のメタデータに基づきメディアプールクリップからスマートビンカテゴリを自動的に作成するユーザー設定
  • 既存のスマートビンを複製する機能
  • すべてのメディアプールのビンと現在のビンの検索を切り替える機能
  • プレビューマークが表示されていない場合でも、3点編集のためのGo to In / Go機能のサポート
  • ギャングモードでソースビューアとタイムラインビューアを切り替える際のビデオモニタリング出力の切り替えをサポート
  • 「メディアプールの使用状況」リストビューの自動更新
  • タイムラインの適合またはカラートレース時にリール名のマッチングを特定の文字数に制限するプロジェクト設定
  • タイムラインのコンフォームやカラートレース時にリール名の先頭から特定の文字数を無視するプロジェクト設定
  • 新しく貼り付けたクリップが自動的に選択
  • タイムラインをPro Toolsにエクスポートする際に、メタデータをサポートするブロードキャストウェーブファイルをレンダリングする機能
  • Pro Toolsにタイムラインをエクスポートする際のビデオコーデックのデフォルトとオーディオファイル名の扱いの改善
  • 編集ページからモニタリングのためにバスを切り替える機能
  • タイムラインオプションで、整流されたフル波形と波形の境界線の表示を切り替えるオプション
  • 3つ以上のレイヤーを持つ複合クリップのアルファチャンネル処理を改善

Fusion ページ

  • DaVinci Resolve 16と同時にFusion Studio 16をリリース
  • エフェクトライブラリにあるタイトルテンプレートの再生パフォーマンスの向上
  • Fusionの再生パフォーマンスの向上
  • Fusionエフェクトを使用したクリップの3Dエンジンのパフォーマンスの向上
  • 3Dレンダラでのマルチサンプリングをサポート
  • クリップの長さを変えてアニメーションを柔軟に拡大縮小する機能
  • キャッシュされたFusionクリップを再生するときのパフォーマンスの向上
  • Wacomタブレット使用時のFusionビューアインタラクションの応答性の向上
  • クリップのサムネイルのコンテキストメニューからFusionのコンポジション名を表示や編集する機能
  • 多数のフュージョンコンポジションで、レイヤ数が多い場合のメモリ管理を改善
  • 時間処理による合成でGPUメモリ処理が改善
  • 新しい誤差拡散(Error Diffusion)オプションによる深度変更(Change Depth)のパフォーマンスの向上
  • レンズ歪みをサポートし、Camera Trackerのパフォーマンスと精度を向上
  • Fusion Dissolveのパフォーマンスの向上とGPUアクセラレーションのサポート
  • FusionのGPU高速化をサポート
  • TimeSpeedとTimeStretchによるパフォーマンスの向上
  • Planar Trackerのパフォーマンス向上
  • GPU高速化によるB-Splineレンダリングのパフォーマンス向上
  • GPU高速化をサポートするツールでのVector Motion BlurとMotion Blurのパフォーマンスの向上
  • GPU高速化によるFusion SplitterとCombinerのパフォーマンスの向上
  • GPU高速化によるFusion BitmapMaskのパフォーマンスの向上
  • GPU高速化によるFusion CornerPinとPerspectivePinのパフォーマンスの向上
  • GPU高速化によるFusion Maskレンダリングのパフォーマンスの向上
  • GPU高速化によるFusion Colorオペレータのパフォーマンスの向上

カラー ページ

  • すべての新しいスコープエンジン
    • リアルタイム性能でGPUを加速
    • よりきれいな景色にローパスフィルターを適用するオプション
    • ガマット分布を表示するCIEスコープ
    • スコープの品質を設定するオプション
    • パレードの追加 YRGBとYCbCrモード
    • パレードと波形で範囲を表示するオプション
    • パレードと波形に色付けするオプション
    • ウェーブフォームに輝度モードと彩度モードを追加
    • ベクトルスコープで範囲を設定し、シャドウ、ミッドトーン、ハイライトを個別に表示する機能
    • ベクトルスコープでシャドウ、ミッドトーン、ハイライトの個々の範囲や組み合わせた範囲を表示する機能
    • ヒストグラムの追加のYRGBモード
  • カスタムカーブの背景に入力や出力ヒストグラムを表示するオプション
  • HSL曲線の背景に入力や出力ヒストグラムを表示するオプション
  • DaVinci ニューラル エンジンを搭載した新しい自動カラーとカラーマッチング処理のサポート
  • カラーページビューアのズームとビデオ出力を連動する機能
  • ビューアで個々の赤、緑、青のチャンネルを見る機能
  • ResolveFXとOpenFX用のキーフレームの表示と調整の機能
  • タイムラインとライトボックスのサムネイルサイズを調整して、より広い範囲のクリップを表示する機能
  • ノード間で属性をコピーして貼り付け
  • 1秒前後に進む機能
  • ループ再生のためにタイムライン内のインアウト範囲をマーク、現在のクリップのマーク、範囲のクリア、など特定の部分を素早くエクスポート
  • 編集サイズのクリップ用の新しいスマートフィルタ
  • 特定のResolveFXやOpenFXが適用されたクリップ用の新しいスマートフィルタ
  • ステレオスコピックフローティングウィンドウのピクセル単位での表示や設定の機能
  • 高度なビデオスタビライズの強度コントロールの追加
  • アプリケーションメニューとショートカットでトラックの有効/無効化
  • 最初のラインが偶数で、ラインごとにステレオスコピックコンテンツをモニタリングするオプション
  • ギャラリースチルとパワーグレードのリスト表示モード
  • ギャラリーのタイムラインセクションを使い現在のタイムラインワイプを更新、ナビゲートする機能
  • ギャラリーでライブプレビューを実行するときにスクラブを有効にする機能
  • 新しい選択スチル分割画面モード
  • サムネイルのコンテキストメニューから「クリップ属性」にアクセス
  • サムネイルのコンテキストメニューからメディアプールのメディアを表示
  • ノードのコンテキストメニューからLUTブラウザに適用されたLUTを表示
  • ACESワークフローでのCanon C700 IDTのサポート
  • カラーページタイムラインのトラック名を含むツールチップのサポート
  • ResolveカラーマネジメントワークフローのにおけるAstroDesign ALog OETFのサポート
  • SDRからHDRへのカラースペース変換を実行する際のカラーマネージメント設定で203 nitガンママッピングをサポート
  • 入力、ノード、出力のサイズ設定でプロジェクトの解像度を超えて画像をパンおよびチルトする機能
  • DaVinci Resolve MiniおよびAdvancedパネルからCanonやPanasonic Camera Rawコントロールを変更
  • DaVinci Resolveパネルから基本パラメータを調整するときにタブを自動的に切り替え

ResolveFX

  • DaVinciニューラルエンジンを搭載したResolveFX Stylize – Studio版
  • ResolveFXオブジェクトの削除– Studio版
  • ResolveFXアナログダメージ– Studio版
  • ResolveFXペンシルスケッチ– Studio版
  • ResolveFX色収差– Studio版
  • ResolveFX色順応
  • ResolveFXビネット
  • ResolveFX反転カラー
  • ResolveFXドロップシャドウ
  • FusionページのResolveFXブランキングフィル、レンズブラー、チルトシフトブラーのサポート
  • 編集ページでのResolveFX Patch Replacerのサポート
  • ResolveFX Face Refinementに統合されたビューティ機能強化のサポート
  • 新しい自動モード、より良いエッジビヘイビア、個々のコントロール、より広いパラメータ範囲で、ResolveFX Beautyを改善
  • 改良されたResolveFXスキャンライン
  • 複数のResolveFXプラグインでグローソースを処理する動作の改善
  • 編集タイムラインのアルファチャンネルの処理をサポートしたResolveFXプラグインの動作を改善
  • ResolveFXブランキングフィルの改善、より良いデフォルト、よりきめ細かいトリミングのサポート、より簡単なコントロール
  • キーフレームのサポートを含む改良されたResolveFX Warper
  • キーフレームをサポートしたResolveFXデッドピクセルの改善
  • SMPTE-CとGamma 2.5をサポートしたResolveFXカラースペース変換の改善

Fairlight

  • Dolby Atmosオーディオの初期サポート– Studio版
  • Auro-3Dオーディオの初期サポート– Studio版
  • MPEG-Hオーディオの初期サポート– Studio版*
  • SMPTE ST 2098 3Dオーディオの初期サポート– Studio版
  • FairlightページでのBチェーンモニタリングのサポート– Studio版
  • 特定のスピーカーをラベル付けし、Bチェーンポート設定からの不要な信号のパッチ適用から保護するサポート
  • 3Dオーディオフォーマットのサポートを含む、さまざまなトラックフォーマットのサポート
  • FairlightFX周波数アナライザ
  • FairlightFXリミッター
  • FairlightFX位相計
  • FairlightFXダイアログプロセッサ*
  • FairlightFXフォーリーサンプラー
  • 弾性波適応オーディオタイミング
  • 複数のトラックオートメーションミックスを保存して呼び出す機能
  • Fairlightメニューからトラックオートメーションデータのユーザーが選択した部分をコピー、貼り付け、編集、消去する機能
  • Fairlightパンツールの3Dパンの表示と制御が改善
  • MacOS用Thunderboltエキスパンダーを介したFairlight Audio Acceleratorのサポート
  • 埋め込みオーディオコンテンツのデコードをサポートするAAFタイムラインのインポートをサポート
  • タイムラインビューでのバスのオートメーションパラメータの表示と編集
  • ATSC、1770、およびR128規格を含む、新しい音量モニタリング規格
  • ラウドネス標準を設定するオプションで改善されたクリップ正規化
  • タイムラインにメインバスの統合ラウドネスカーブを表示する機能
  • Altキーを押しながら音量スライダをクリックすると再生音量をリセットする機能
  • サウンドライブラリのメディアパスマッピング
  • フルコンソールライブラリプリセットを保存して呼び出す機能

コーデックとデリバー

  • さまざまなページからすばやくレンダリングを実行する「クイックエクスポート」
  • シングルクリップモードですべてのタイムラインオーディオトラックを個別にレンダリング
  • ロスレス形式を含むiOSボイスメモのデコード
  • IMF補足パッケージのデコードとリンクのサポートの向上– Studio版
  • 20世紀フォックスIMFプリセットのサポート – Studio版
  • Kakadu JPEG2000コーデックでレンダリングする際のDCP量子化レベルのオプション
  • レンダリングの解像度がタイムラインの解像度より大きい場合にユーザーに警告
  • レンダリングとデリバーでアップスケーリングを実行するためにタイムライン出力スケーリングでスーパースケールを使用する機能
  • Panasonic SHV 8Kへのエンコードのサポート – Studio版
  • メディア管理で一時コーデックを使用したMXFクリップのトリミングのサポート
  • レンダリング中にビューアの更新を最小化または無効にする機能
  • WindowsでAMDハードウェアによるH.264とH.265のデコードを高速化 – Studio版
  • WindowsでAMDハードウェアによるH.264とH.265のエンコードを高速化 – Studio版
  • WindowsとLinuxのデリバーページでのNVIDIA H.264とH.265レンダリングパラメータのサポートの向上– Studio版
  • WindowsのデリバーページにあるインテルQuick Sync H.264とH.265パラメーターのサポートの改善 – Studio版
  • WindowsとLinuxでH.264とH.265をデコードするハードウェアアクセラレーション方式を選択するオプション – Studio版
  • macOSでH.264とH.265クリップのデコードのパフォーマンスが向上
  • macOSでH.264とH.265クリップのエンコードのパフォーマンスが向上
  • macOSでH.264のハードウェアやソフトウェアのエンコードを選択するオプション
  • macOSでH.264のエンコード時にエントロピーモードを設定する機能
  • macOSのデリバーページでの暗黙の(implicit)ビット深度選択によるH.265プロファイルのオプション表示の改善
  • H.265レンダリング時のHDRメタデータエンコーディングの改善
  • AVI形式にエンコードする際のパフォーマンスが向上
  • DJI RAWクリップ用のD-GamutとD-Logのサポート
  • Canon SDKを使用したCanon RAWクリップのGPU高速デコードのサポート
  • Canon C700フルフレームクリップのデコードをサポート
  • Canon RAWクリップのハーフ解像度およびクォーター解像度モードでのデコードをサポート
  • Avid DNxUncompressedフォーマットのデコードとエンコードのサポート
  • ARRI HDEクリップのデコードをサポート
  • グラスバレーフォーマットのエンコード時にQuantScaleとMaxFrameSizeInPercentパラメータを制御する機能
  • ネイティブアセットの名前変更機能を備えた、IMF構成設定オプションの改善
  • ネイティブDCPとIMFレンダリングの命名サポートが改善
  • IMF / DCPレンダリングからフォルダ拡張子を削除

全般

  • DaVinci Resolveエディタキーボードのサポート
  • YouTubeに直接ビデオをエクスポート
  • Vimeoに直接ビデオをエクスポート
  • OS毎のログイン設定でローカルUIレイアウト、データベース管理、システムとユーザー設定をサポート
  • DaVinci Resolveメニューからソフトウェアアップデートをチェックする機能
  • Resolveビューアの再生速度インジケータ
  • 個々のページを有効/無効にする機能
  • ワークスペースメニューからページナビゲーションバーを隠す機能
  • DaVinci Resolveでフォーカスされたパネルインジケーターを有効/無効にする機能
  • ワークスペースメニューからメディアプールウィンドウを一覧表示して開く機能
  • インターネットに接続時にソフトウェアアップデートを自動的に確認する機能
  • ロシア語のUIのサポート
  • Fusionページとカラーページのライブ保存動作が改善
  • プロジェクトマネージャとアプリメニューでプロジェクトノート(メモ)を追加編集する機能
  • タイムライン名とプロジェクト名をバーンインとレンダリングタグで使用する機能
  • メディアページのタイムラインの説明とコメント列の編集をサポート
  • Autoに設定したときにGPU処理モードを表示する機能
  • DaVinci Resolve StudioドングルでFusion Studioを有効にする機能
  • 一般的な安定性とパフォーマンスの向上

ディベロッパー

  • OpenFXプラグインが現在のクリップから任意のフレームにアクセスする機能
  • python 3.7のスクリプトサポート
  • pythonとpython 3の発見可能なスクリプトAPI
  • Davinci CTLプラグインのコンボボックス
  • DaVinci CTLの有効期限を暗号化して指定する機能
  • スクリプトAPIを使用して現在のタイムコードと現在のクリップをクエリする機能
  • プロジェクトやアーカイブのインポート、エクスポート、復元のためのスクリプトサポートの向上
  • Fusionコンポジションとカラーバージョンの一覧表示、読み込み、名前変更、削除のためのスクリプトサポートの向上