DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ インスペクタのスタビライザー

DaVinci Resolve 16 新機能

DaVinci Resolve 16 新機能 エディットページ インスペクタのスタビライザー

スタビライザーは画像にあるカメラの動きを制止したり、なめらかにする手ブレ補正の効果です。

DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!

 

 

インスペクタのスタビライザー

DaVinci Resolve 16ではエディットページやカットページからスタビライザーを適用できるようになりました。カラーページに移動せずに画像の安定化ができます。

 

インスペクタ スタビライザー

 

このスタビライザーはカラーページのスタビライザーと同じです。

エディットページではトラッカーのグラフはありませんが処理が終わったクリップはカラーページで見るとグラフが表示されます。

 

カラーページ スタビライザー

 

オプションはスタビライズボタンを押す前に設定します。別のオプションを選ぶと再分析が必要です。

 

モード

モードを選択します。「Perspective」(遠近)がデフォルトです。

  • Perspective (遠近)
    パースペクティブ、パン、チルト、ズーム、回転で分析して結果を適用します。
     
  • Similarity(遠近なし)
    パースを含まずパン、チルト、ズーム、回転で分析して結果を適用します。
     
  • Translation(縦横のみ)
    パン、チルトの縦横の動きのみで分析して結果を適用します。
     

カメラロック

カメラの動きを完全に固定する場合にオンにします。動きが大きいと切り取られる範囲も大きくなります。

 

ズーム

デフォルトは「オン」で、処理済みのデータを拡大して黒枠が出ないようにします。

 

クロップ率

デフォルトは「0.5」です。「1.0」は全くスタビライズは適用されません。下げるほど安定化しますが黒枠の出る範囲が大きくなります。

 

スムーズ

デフォルトは「0.25」です。不均等な揺れをスムーズにします。大きくするほどスムーズさが上がります。

 

強度

デフォルトは「1.0」で完全に動きの無い状態にします。動きを残すには強度とスムーズで調整します。マイナス値も指定でき、より激しいカメラシェイクを与えることもできます。

コメントを残す