PR

DaVinci Resolve 19 の新機能 まとめ一覧

DaVinci Resolve 19
icon icon

DaVinci Resolve 19 パブリックベータ版リリース

2024年4月12日 NAB2024にてDaVinci Resolve 19のリリースが発表され、パブリックベータ版のDaVinci Resolve 19.0 beta1が公開されました。

このリリースには新しいパワフルなDaVinci Neural Engine AIツールや100種類を超える新機能に加え、大規模なユーザー向けのBlackmagic Cloudの機能も追加されています。

DaVinci Resolve 19 エディットページ

ベータ版アップデートの詳細

アップデートで追加、改善された機能の詳細は以下をご覧ください。

DaVinci Resolve19の新機能 まとめ

DaVinci Resolve 19 パブリックベータ1の新機能

印は作業中です。

カット

リプレイワークフロー

ダヴィンチ・ニューラル・エンジン

編集

メディア

カラー

Fusion

ResolveFX

フェアライト

コーデック

  • Windowsの非Studioで、H.264とH.265のデコードを最大3倍高速化
  • WindowsでのH.264およびH.265ネイティブエンコードが最大2倍高速化
  • JPEG HTコンテンツを含むIMFパッケージのエンコードをサポート
  • ZIP1で圧縮されたOpenEXRシーケンスのデコードを最大2倍高速化
  • アルファベースのHEICフォーマットをサポート
  • FLACオーディオのエンコードをサポート
  • Linux で 44.1 KHz およびその他のオーディオサンプルレートをサポート
  • mov および avi 形式で奇数解像度のレンダーをサポートしました
  • Mac OS SonomaでiPhone Cinematicビデオを初期サポート
  • DaVinci IO Encode Plugin SDKがオーディオのみのフォーマットをサポート
  • Sony XAVC H rawコントロールのサポート
  • Sony MXF と MP4 クリップの埋め込み LUT をサポート
  • CUDA 上での ARRI Codex HDE の GPU アクセラレーションデコード

スクリプトAPI

  • クリップカラーグループの管理をサポート
  • タイムライン、クリップ、グループノードグラフのクエリ機能
  • 特定のノードで使用されているツールの列挙をサポート
  • カラーキーフレームモードの設定と取得のサポート
  • クリップLUTの書き出し
  • タイムラインのALEとCDLをエクスポートする機能
  • カスタムインポートオプションでOpenTimelineIOタイムラインをインポートする機能

一般的な機能

インストール前の注意事項

DaVinci Resolve 19.0では、プロジェクトライブラリをDaVinci Resolve 18.6.6と互換性を保つよう努力しました。これにより、18.6.6でもプロジェクト・ライブラリにアクセスできるようになりましたが、19.0で作成したり開いたりした個々のプロジェクトは、18.6.6ではアクセスできなくなります。

19.0でプロジェクトを開く前に、プロジェクトライブラリのフルバックアップと個々のプロジェクトのバックアップを行うことをお勧めします。

システム要件

Mac OSの最小システム要件

  • Mac OS 13 Ventura
  • 8 GBのシステムメモリ Fusion使用時は16 GB
  • Blackmagic Design Desktop Video 12.9以降
  • MetalをサポートするGPU

Windowsの最小システム要件

  • Windows 10 Creators Update
  • 16 GBのシステムメモリ Fusion使用時は32 GB
  • Blackmagic Design Desktop Video 12.9以降
  • 2 GB以上のVRAMを搭載した統合GPUまたはディスクリートGPU
  • OpenCL 1.2またはCUDA 12をサポートするGPU
  • NVIDIA/AMD/Intelドライバのバージョン – GPUによって異なります

Linuxの最小システム要件

  • Rocky Linux 8.6またはCentOS 7.3
  • 32 GBのシステムメモリ
  • Blackmagic Design Desktop Video 12.9以降
  • 最低2 GBのVRAMを搭載したディスクリートGPU
  • OpenCL 1.2またはCUDA 12をサポートするGPU
  • NVIDIA/AMDドライバのバージョン – GPUによって異なります

MacにDaVinci Resolveソフトウェアをインストールするには

  • DaVinci Resolve Installerアイコンをダブルクリックし、画面の指示に従います。システムからDaVinci Resolveを削除するには、Uninstall Resolveアイコンをダブルクリックします。

WindowsにDaVinci Resolveをインストールするには

  • DaVinci Resolve Installerアイコンをダブルクリックし、画面の指示に従います。システムからDaVinci Resolveを削除するには、コントロールパネルの「プログラムと機能」でDaVinci Resolveを選択し「アンインストール」をクリックして、画面の指示に従います。

LinuxにDaVinci Resolveソフトウェアをインストールするには

  • DaVinci Resolveインストーラをダブルクリックし、画面の指示に従います。システムからDaVinci Resolveを削除するには、インストーラを実行した後、アンインストールオプションを選択します。

追加情報

Blackmagic Designビデオハードウェアでモニタリングするための最新のBlackmagic Design Desktop Videoソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要があります。Desktop Video は、www.blackmagicdesign.com/support から入手できます。

Blackmagic Design、Blackmagic、DeckLink、Multibridge、Intensity、H.264 Pro Recorder、および「Leading the creative video revolution」は、Blackmagic Design Pty. Ltd.の商標であり、米国およびその他の国で登録されています。Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Adobe PhotoshopはAdobe Systemsの登録商標です。Avid Media Composer、Avid Pro ToolsはAvidの登録商標です。Apple Final Cut Pro、Apple Motion、Apple Soundtrack ProはApple Computerの登録商標です。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

タイトルとURLをコピーしました