PR

DaVinci Resolve 16 新機能 ResolveFX 既存のResolveFXの改善

DaVinci Resolve 16 新機能 DaVinci Resolve 16
ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」

DaVinci Resolve 16 新機能 ResolveFX 既存のResolveFXの改善

既存のResolveFXにも多数の改良があります。

DaVinci Reaolve 16の情報をマガジンで公開中!

 

走査線(Scanlines)

高速に動作するように最適化されました。

 

ビューティ(Beauty)

自動モードが追加され、詳細を維持してスムーズな結果を素早く得ることができます「量」(Amount)スライダでスムージングの量を設定し「スケール」(Scale)スライダで大きさを設定します。

詳細モードでは、エッジの詳細を保存/取得する動作が改善されました。

 

フェイスリファインメント(Face Refinement)

テクスチャコントロールの3つのモードで肌の質感を制御できます。「自動」(Beauty Automatic)「詳細」(Beauty Advanced)はビューティプラグインと同じで、「スムージング」(Smoothing)は以前のコントロールと同じです。

さらに、より論理的に再構成され「テクスチャ」グループにすべてのスムージング/シャープコントロールを含み、「カラーグレーディング」グループにコントラスト、カラー、光沢のコントロールを含みます。

 

ブランキングフィル(Blanking Fill)

オンスクリーンコントロールが簡素化。左右のペアと上下のペアのリンクを解除して調整可能で、ソースコントロールグループに数値パラメータがあります。

新しいズームモードの「ワープトップレイヤー」(Warp Top Layer)では、オンスクリーンコントロールで、画像の端を選択し、より柔軟に自然にフレームの空白を埋めることができます。

外側ハンドルで空白の部分を埋めるための距離を選択します。デフォルトはプロジェクトの「フレームサイズ」です。

内部ハンドルで引き伸ばす部分を選択できます。デフォルトは「タイトルセーフ」境界です。

 

ワーパーとデッドピクセルフィクサーのキーフレームサポート

ワーパー(Warper)は、「ワープ スケール」(Warp Scale)パラメータと「ワープ ポイント位置」(Warp Point Positions)のキーフレームをサポート。

デッドピクセルフィクサー(Dead Pixel Fixer)はポイントのキーフレームをサポートし、識別するポイントの位置をアニメートできます。

 

カラースペース変換(Color Space Transform)

SMPTE-Cのカラースペースと2.5ガンマ設定をサポートしました。

 

エディットページとフュージョンページのResolveFXサポート

ResolveFXプラグインはすべてのページで同じプラグインが使用できるわけではありません。以前は使用できなかったページで使用できる機能がいくつかあります。

  • エディットページ
    「Patch Replacer」が使用可能。
     
  • Fusionページ
    「Blanking Fill」「Lens Blur」「Tilt Shift Blur」が使用可能
     

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました