Blog

DaVinci Resolve 15 新機能 【 字幕とクローズドキャプション】

字幕とクローズドキャプション   字幕とクローズドキャプションをサポートする機能が追加されました。字幕ファイルのインポートとエクスポート、トラックとクリップレベルでの字幕編集とスタイリング、エクスポートオプションなどの機能で、簡単にプロジェクトに字幕とクローズドキャプションを追加できます。     字幕とクローズドキャプションのサポート   字幕トラックと字幕ジェネレータを使い、プログラムに字幕を追加編集できます。各字幕トラックは1つの言語もしくは用途で使用し、トラックの内容を反映する字幕トラックの名前を変更できます。 字幕トラックはロック可能で、他のトラックと同様に自動選択のコントロールがあるためトラックを有効または無効にできます。さらに、字幕限定の特別なデスティネーションコントロールで、編集する字幕トラックを選択できます。また、他のクリップと同様 READ MORE

DaVinci Resolve 15 新機能 【編集ページの改善】

編集ページの改善 編集ページでは多岐に渡る機能の拡張と改善点があります。 主な項目では、新しいサブクリップの作成方法やクリップ表示名の変更などの編集ページの改善、注釈(アノテーション)の描画と、マーカーをデュレーションでイン点とアウト点に変えるマーカー機能の拡張や、複数のタイムラインをスタックする編集機能の拡張、新しいText+ジェネレータなどがあります DaVinci Resolve 15 Studioパブリックベータの新機能 DaVinci Resolve 15 新機能 【一般的な改善】   メディアプールとクリップ表示の機能拡張   デフォルトで表示名がクリップ名に 以前は「ディスプレイ表示名(Display Name)」と呼ばれていたクリップメタデータは「クリップ名(Clip Name)」となりました。クリップを識別するメタデータは2セット存在し、「クリップ名」 READ MORE

DaVinci Resolve 15 新機能 【一般的な改善】

DaVinci Resolve 15の新機能で、アプリケーション全体に影響がある一般的な機能拡張についてです。 DaVinci Resolve 15 Studioパブリックベータの新機能 DaVinci Resolve 15 新機能 【編集ページの改善】 一般的な改善 DaVinci Resolve 15では、ユーザーインターフェイスやプロジェクトの設定と環境設定、エクスポートなどが全体を通して大きく改善され、作業を高速化するためのパフォーマンスの向上や、低解像度のアーカイブ映像を扱う際に高品質の拡大を行うための「スーパースケール」による画像拡大、IMFエンコーディングとデコード、追加メディアフォーマットのサポート、スクリプティングサポートなどの機能が数多く実装されています。   全体的なユーザーインターフェイスの強化 すべてのページでコマンドアクセスとキーボードショートカットが READ MORE

DaVinci Resolve 15 Studioパブリックベータの新機能

DaVinci Resolve 15 Studio Public BetaはBlackmagicのサポートWebサイトからダウンロードできます。(無償版も同様) 既存のすべてのDaVinci Resolve Studioユーザーは無償アップグレードとして利用可能で、今までのFusion StudioドングルはResolve Studio用のFusionスタジオドングルとして利用できます。 このバージョンはMac、Windows、Linux OSで利用できますが、App Storeのバージョンは最終的なリリース後にのみ利用可能です。 このリリースではデータベースの更新が必要で、バージョン14の場合は、データベースをバックアップしてから、そのバックアップをインポートしてステータスを確認してください。元のデータベースのコピーとして保存することができるので、v14.3を再インストールしたい場合は、 READ MORE

NAB 2018 Blackmagic Design Fusionと完全融合したDaVinci Resolve 15 のベータ版をリリース

2018年4月9日 NAB 2018にてBlackmagic Design DaVinci Resolve 15 (Beta)が発表されました。 今回の大規模なアップデートではDaVinci ResolveにFusionが完全に統合され、一つのソフトウェアでオフラインおよびオンライン編集、カラーコレクション、オーディオポストプロダクションのすべての機能を備えています。     新しいFusionページには250種類以上のツールがあり、完全な3Dワークスペースでの合成、ペイント、パーティクル、タイトルアニメーションなどの作業が可能になります。     Fairlightページも大幅に更新され、過去バージョンのFairlightプロジェクトのサポートやクロスプラットフォームプラグインの対応、完全なADRツールセット、3Dパンナーなどの機能のほか、Fair READ MORE

AVID Media Composer 2018.4の新機能

2018年4月7日 NAB 2018 AVID Connectにて新しいMedia Composerファミリが発表されました。 Media Composerファミリーは新しく3ラインとなり、限定機能で無償のMedia Composer | First 、月々わずか¥2,400(AVIDストアで年契約の場合)から開始できるMedia Composer、そして共有プロジェクト、フローティングライセンス、ScriptSync、PhraseFind、Symphonyなどのポストプロダクション機能を含む Media Composer | Ultimateで構成されます。(Firstを除き、Media Composerの基本機能は同じ) ストアでの購入は、月間および年間のサブスクリプション契約ですが、販売代理店経由では以前と同じ永久ライセンスも継続して販売されます。 Audio製品のPro Tools READ MORE

Adobe After Effects CC 2018 年 4 月リリース の新機能

After Effectsの4月2018(15.1)リリースでは、ビジュアルエフェクトアーティスト、グラフィックエディター、アニメーターのためのエキサイティングな新機能がリリースされました。   マスタープロパティ マスタープロパティを使用すると、コンポジションに含まれるレイヤーのプロパティにアクセスし、その情報を編集できます。 レイヤーのプロパティを表示、変更するためにネストされたコンポジションを開く必要がなくなりました。 マスタープロパティを作成するには、ネスト化されたコンポジション内のプロパティをエッセンシャルグラフィックスパネルに追加する、もしくはコンポジション内のプロパティをエッセンシャルグラフィックスパネルに追加した後にプリコンポーズします。 エッセンシャルグラフィックスパネルにプロパティを追加するには エッセンシャルグラフィックスパネルを開き、「マスター」のプルダウ READ MORE

Adobe Premiere Pro CC 2018 年 4 月リリース の新機能

2018年4月3日 NAB 2018に先駆けてAdobe製品のアップデートがリリースされました。 Premiere Pro2018年4月バージョン(バージョン 12.1)では比較ビュー、Lumetri Colorパネルの改善、Adobe Senseiによるダッキングや顔検出などのプロセス、モーショングラフィックステンプレートの操作改善、VRの強化、TCの表示、新フォーマットの追加などの新機能が追加されています。   比較ビューを使ったショットの表示 プログラムモニターの下にある「比較表示アイコン」をクリックし、比較表示を有効にします。 比較ビューは垂直または水平に表示を分割したり、フレームの前後をオニオンスキンで表示し、2つのショット間の色の統一やエフェクトの強度などを調整できます。 比較表示を使用して、自動カラーマッチングを適用することもできるようになりました。   READ MORE

DaVinci Resolve 15 – アプリケーションの起動とプロジェクトマネージャー

DaVinci Resolve 15 トレーニング 1 DaVinci Resolveの使い方、アプリケーションの起動とプロジェクトマネージャーなどを解説します。   ダウンロードとインストール Blackmagicdesign サポートセンターで無償版のDaVinci Resolveと有償版のDaVinci Resolve Studioがダウンロードできます。DaVinci Resolve Studioの起動にはドングルかシリアル番号が必要です。     有償版と無償版を同じマシンにインストールすることは推奨されません。(両方ともDaVinci Resolveフォルダーにアプリケーションが展開されます) アンインストールはMacではUninstall Resolve.appを使用し、Windowsはコントロールパネルのプログラムと機能>プログラムからアンイン READ MORE

映像技術フォーラムリニューアル

フォーラムをリニューアルいたしました。 コメントやトピックの作成などフォーラムの書き込みはサイトの登録が必要です。登録はフォーラムページ左側の登録もしくはサイトのトップメニューのRegisterから行えます。 サービスのご利用に関して詳しくはフォーラム一般: お知らせをご覧ください。データを再構築したため、以前のフォーラムのユーザーデータはご利用いただけません。ご利用の際には再登録をお願いいたします。