MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

NAB 2013 : Adobe Premiere Pro CC の新機能

NAB 2013に先駆けてAdobeデスクトップビデオ製品のプレビューサイトが公開されています。
 
Adobe Creative Cloud pro video tools
 

Adobe Premiere Pro Overview | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV

スムーズな編集環境

幾つかの新しいショートカットや直感的なトラックターゲッティング、再設計されたタイムラインで効率的な編集が可能になり、デュープ検出マーカー、スルー編集インジケーター、メディアのスタート/エンドを示すラベルで一目で重要な情報が分かるようになります。

ソースシーケンスではネストせずに他のシーケンスで編集可能で、トラックとクリップの状態を保持する事ができます。他のクリップからエフェクトをコピーしたり、属性をペーストするための新しいツールがワークフローのスピードアップを手助けします。

Adobe Premiere Pro: Editing Finesse | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV

リンクとロケート

リンクが失われたメディアの発見と再リンクが容易になります。

Adobe Premiere Pro: Link & Locate | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV

Lumetriディープカラーエンジンの統合

新しいLumetriディープカラーエンジンの統合でエフェクトパネルのフォルダを検索し、ディゾルブ追加するのと同じくらい簡単にスタイルのプリセットを適用できます。また、他のシステムからのエクスポートされたLUTやスピードグレードの.Lookファイルを使用できます。

Adobe Premiere Pro: Lumetri Deep Color Engine | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV

正確なオーディオコントロール

オーディオクリップミキサーを使って各クリップ独立して調整し完璧なミックスをコントロールできます。詳細な制御にはオーディオコントロール·サーフェスを使う事ができます。

サードパーティのVST3プラグインの使用や、Macの場合Audio Units (AU) プラグインを使用する事もできます。

また、TCエレクトロニックから統合されたITUラウドネス·レーダーは、簡単に放送規格に準拠していることを確認することができます。

Adobe Premiere Pro: Audio Enhancements | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV

Adobe Anywhereの統合

Adobe Premiere ProとAdobe Anywhereの統合では共有サーバーのソースをダウンロードせずにチームメンバーが操作する事が出来るようになります。

注意;Adobe Anywhere for videoは別途購入し実装する必要があります。

メザニンコーデック、ネイティブフォーマット

業界標準のメザニン·コーデックは、Adobe Premiere Proで標準でサポートされ、Apple ProResを使用しプラットフォームにまたがって編集できます。(エンコードはMac OS Xのみ10.8のみ)また、MXFラッパーのAvid DNxHDファイルをサポートはエンコードとデコードがサポートされ、MacとWindowsの両方で利用可能です。新しくSony XAVC,とPanasonic AVC-Intra 200などがネイティブで編集可能になります。

クローズドキャプション

編集者のために設計したクローズドキャプションをサポートしています。インポート、編集、表示、レイアウトの調整を直感的にできます。設定が完了後クローズドキャプションを字幕付きのメディアとして埋め込むか別のファイルとしてエクスポートします。

マーキュリープレイバックエンジンの改良

GPUのサポートが拡張され、OpenCLとCUDAがクロスプラットフォームでサポートされます。

自動的に複数のカメラアングルを同期

マルチカム映像での作業が簡単になり、ワークフローの合理化でプロジェクトの設定が高速化します。オーディオ波形を含むフッテージのビン全体を同期します。同じシーケンス内で異なるフレームレートとコーデックを混在させることもできます。

高精度のデータ交換

AVIDまたはFinal Cut Proのプロジェクトのインポート、エクスポートがスムーズで高精度になります。AVIDシステムからAAFのインポートが大幅に改善され、DNxHDを含む多くのビデオフォーマットがサポートされ忠実度がアップしています。

アドビストーリーパネル

クリエイティブクラウドメンバーシップに含まれているアドビストーリープラスは脚本とプリプロダクションのためのアプリケーションです(英語版)。アドビストーリーパネルでは関連付けられたメタデータと一緒にアドビストーリーで作成したスクリプトをインポートすることができます。

プロジェクトブラウジング

改良されたメディア·ブラウザでコンテンツの検索とインジェストを素早く行う事ができます。必要なメディアとシーケンスを見つけるためにすでにあるプロジェクトをブラウズし選択したコンテンツをインポートできます。

マルチGPUのエクスポートサポート

複数のGPUカードを搭載したコンピュータをフルに活用しエクスポートを加速します。

Adobe Exchange パネル

Adobe Exchange パネルから最新の無料および有料のプラグインと拡張機能を見つけ、簡単にインストールできるようになります。

モニタリングの強化

ソースとプログラムモニタパネルの右側に詳細があり、ワンクリックでビデオとオーディオの波形を切り替えることができます。 タイトル、アクションセーフガイドも改良されています。加えて、MacBook Pro Retina ディスプレイのHiDPIがサポートされています。

Adobe Premiere Pro Preview(PDF)

プレスリリース:
アドビ システムズ社、NAB 2013にて新しい映像ワークフローのイノベーションを推進
 

 

2 Comments

  1. @tcg009

    おお!やっぱりTC Electronicのラウドネスメータが付くんだ!“@ishicaw: 【ブログ】 NAB 2013 : Adobe Premiere Proの新機能 http://t.co/y6fDqSLzNA”

  2. Pingback: Premiere Proとの連携が強化!Adobe SpeedGrade CC レビュー | MotionWorks.JP

コメントを残す