Adobe Premiere Pro CC 2018 年 4 月リリース の新機能

2018年4月3日 NAB 2018に先駆けてAdobe製品のアップデートがリリースされました。 Premiere Pro2018年4月バージョン(バージョン 12.1)では比較ビュー、Lumetri Colorパネルの改善、Adobe Senseiによるダッキングや顔検出などのプロセス、モーショングラフィックステンプレートの操作改善、VRの強化、TCの表示、新フォーマットの追加などの新機能が追加されています。   比較ビューを使ったショットの表示 プログラムモニターの下にある「比較表示アイコン」をクリックし、比較表示を有効にします。 比較ビューは垂直または水平に表示を分割したり、フレームの前後をオニオンスキンで表示し、2つのショット間の色の統一やエフェクトの強度などを調整できます。 比較表示を使用して、自動カラーマッチングを適用することもできるようになりました。   READ MORE

【NAB 2017】 Avid Artist | DNxIQ を発表

2017.04.22 AVIDは4KモニタリングとユニバーサルマスタリングのためのDNxIOの後継製品であるAvid Artist | DNxIQ を発表しました。NAB 2017(ブース#SU902)のAvidブースで展示されています。 Avid Artist | DNxIQは12G SDI、光、HDMI、XLR、コンポーネント、コンポジットなど、さまざまな高品質なアナログおよびデジタル接続を提供し、SDから4Kまでの広範なフォーマットをサポートする新しいハードウェアインターフェイスです。MacやWindows PCとThunderbolt 3もしくはPCIeで接続されます。(変換は別売)   Media ComposerでAvid Artist | DNxIQを使用する場合には、フロントパネルのマイク入力を使用してオーディオパンチインを実行したり、ビルトインされたハードウェア READ MORE

【NAB 2017】 Adobe Creative Cloud 2017 アップデート

2017.4.19 NABShow 2017の開催に先行し、Adobe CC 2017 ビデオ製品のアップデートがリリースされました。 Creative Cloudビデオツールの新機能は次のとおりです。 注:このアップデートは累積アップデートです。 After Effects CC (April 2017)の新機能 新機能の紹介ビデオ What’s New in After Effects CC (April 2017) | Adobe Creative Cloud エッセンシャル グラフィックス パネル エッセンシャル グラフィックス パネルは、コンポジションのコントロールパネルとして機能します。 頻繁に使用するプロパティーをパネルにドラッグアンドドロップすることで、プリコンポファイルを開くことなくレイヤーパラメーターを変更するなど、簡単にアクセスが可能になります。 コンポジ READ MORE

【NAB 2015】Premiere Pro CC次期メジャーアップデート(2015)の新機能

NAB 2015での新機能のウェビナーがアップされています。 NAB 2015: What’s Coming Next to Adobe Pro Video Tools – Adobe Create Now クリエイティブクラウドライブラリでルックのサポート クリエイティブクラウドライブラリで新しくルックがサポートされ、Adobe Premiere Pro、After Effects、およびPremiere Clipで共有することができます。また、Premiere Proで作成されたルックはSpeedGradeで同じようにレンダリングすることができます。 Lumetriカラーパネルが搭載 Premiere ProにLightroomとSpeedGradeを組み合わせた新しいカラーツールが搭載されます。Lumetriカラーパネルは、新しいカラーワークスペースにあり、Lightro READ MORE

【NAB 2015】After Effects CC次期メジャーアップデート(2015)の新機能

2015/4/8 AfterEffects CCの次期メジャーアップデートにおける新機能が発表されました。After Effects CCの更新だけではなく、ビデオおよびオーディオアプリケーションの次期バージョンのアップデート内容が明らかになっています。 Coming Next to Adobe Pro Video Tools After Effects CC次期メジャーアップデート(2015)の新機能 パフォーマンスとインタラクティブ性の向上のためにアーキテクチャを再構築 継続したプレビュー 簡素化され、統一されたカスタマイズ可能なプレビュー クリエイティブクラウドライブラリ フェイストラッカー アドビキャラクターアニメーター(プレビュー) エクスプレッションのエラー処理表現の改善とレンダリングの問題となるデバッグ情報の追加 パネルタブの再設計とカスタマイズを含むユーザインターフェイスの READ MORE

Adobe After Effects CC (2014) アップデートの新機能

2014年6月19日 Adobe Creative CloudのAfter Effects CC (2014)(バージョン13.0)のアップデートが提供されました。各製品はこれまでのCCアプリケーションとは別の単体アプリケーションとしてインストールされます。(2014の表記が付きます。)CS6もインストールしている場合は、ドライブにそれぞれ3つの異なるバージョンが存在することになります。 Adobe Creative Cloud (2014)はアドビクリエイティブクラウドのメンバーに提供され、ダウンロードセンターにアクセスするかクリエイティブクラウドデスクトップアプリケーションからアップデートを適用する事ができます。 Adobe After Effects CC (2014)の新機能 キークリーナー エフェクトと高度なスピルサプレッション エフェクト Premiere Proで編集可能なA READ MORE

ブラックマジックデザインNAB2013新製品説明会 リポート

2013年5月16日(木)・17 日(金)秋葉原、5月23日(木)・24日(金)に大阪にてブラックマジックデザインNAB2013新製品説明会が開催されました。 東京会場ではNAB2013で発表された「Ultra HD」と「6G-SDI」製品や新製品および、Blackmagic Production Camera 4KやBlackmagic Pocket Cinema Cameraなどの展示説明に加え、カラリストのGiles Livesey氏のResolve 10のデモンストレーション、株式会社ライトメディアの松井幸一氏によるUltra HD 4Kワークフローについての解説、レスパスビジョン株式会社の久保江陽介氏および株式会社スパイスの由利幸一氏によるユーザー・プレゼンテーションが行われました。 会場後方には動作可能なBlackmagic Pocket Cinema CameraやBlack READ MORE

CINEMA 4Dのシーンが直接利用できる!Adobe AfterEffects CC レビュー

Adobe AfterEffects CCにはCINEMA 4D Liteがバンドルされるほか、CINEMA 4Dのシーンファイルを直接読み込み設定するためのCINEWAREエフェクトが追加されます。 After Effects CCではC4Dファイル(CINEMA 4Dのシーンファイル)を新規に作成したり、インポートして直接レンダリングができるようになります。コンポジションにシーンファイルを追加すると自動的にCINEWAREエフェクトが適用されます。 CINEWARE CINEWARE Help ShowをクリックするとCINEMA 4D Liteが起動し、ヘルプが参照されます。日本語のランゲージパックで日本語表示でき、日本語ドキュメントをダウンロードする事でヘルプも日本語化されます。 レンダー設定 レンダラー レンダリングの設定をSoftware、Standard(Draft)、 S READ MORE

NAB 2013 : AVID 新製品情報

『Avid Everywhere』が提唱され、Interplay Sphereを中心としたオーディオ、ビデオ編集、コンテンツ配信、OAグラフィックス、アセット管理などの最新ソリューションを発表し、分散型のチームで、いかなる場所でも作業可能な制作環境の構築を提案しています。 Avid Media Composer 7発表 2013年4月7日、NAB 2013にてAvid Media Composer 7が発表されました。2013年6月27日よりAvid販売代理店およびオンラインAvid Storeにて$999 USDで発売予定です。(Interplayエディションは$1499 USDで販売。) Media Composer 7の新機能 メディア管理とダイナミック メディア フォルダー Avid Media Access (AMA)でリンクされたメディアに対しても、メディア管理が使用可能になり READ MORE

NAB 2013 : Blackmagic 新製品情報

Blackmagic Pocket Cinema Camera を発表 13ストップのダイナミックレンジを持つスーパー16mmサイズの1080HDセンサーを搭載したポケットサイズのデジタルシネマカメラを発表しました。US $995 (¥101,800)で7月に発売予定です。 マイクロフォーサーズレンズマウントに対応し HFS+かexFATでフォーマットされたSDカードでApple ProResや高速なSDXCを使用し、ロスレス圧縮の12 bit Cinema DNG RAWを記録します。 3.5” のLCDにはプレビューとカメラステータスが表示され、メタデータの入力も行えます。バッテリーはリムーバブルです。 ミニジャックのマイク/ライン オーディオ入力、カメラ情報がオーバーレイされたモニタリングのためのマイクロHDMI出力、ヘッドフォンミニジャック、LANC端子が標準搭載されます。(DC READ MORE