Adobe Premiere Pro CC 2018 年 4 月リリース の新機能

2018年4月3日 NAB 2018に先駆けてAdobe製品のアップデートがリリースされました。 Premiere Pro2018年4月バージョン(バージョン 12.1)では比較ビュー、Lumetri Colorパネルの改善、Adobe Senseiによるダッキングや顔検出などのプロセス、モーショングラフィックステンプレートの操作改善、VRの強化、TCの表示、新フォーマットの追加などの新機能が追加されています。   比較ビューを使ったショットの表示 プログラムモニターの下にある「比較表示アイコン」をクリックし、比較表示を有効にします。 比較ビューは垂直または水平に表示を分割したり、フレームの前後をオニオンスキンで表示し、2つのショット間の色の統一やエフェクトの強度などを調整できます。 比較表示を使用して、自動カラーマッチングを適用することもできるようになりました。   READ MORE

【NAB 2017】 Adobe Creative Cloud 2017 アップデート

2017.4.19 NABShow 2017の開催に先行し、Adobe CC 2017 ビデオ製品のアップデートがリリースされました。 Creative Cloudビデオツールの新機能は次のとおりです。 注:このアップデートは累積アップデートです。 After Effects CC (April 2017)の新機能 新機能の紹介ビデオ What’s New in After Effects CC (April 2017) | Adobe Creative Cloud エッセンシャル グラフィックス パネル エッセンシャル グラフィックス パネルは、コンポジションのコントロールパネルとして機能します。 頻繁に使用するプロパティーをパネルにドラッグアンドドロップすることで、プリコンポファイルを開くことなくレイヤーパラメーターを変更するなど、簡単にアクセスが可能になります。 コンポジ READ MORE

【NAB 2016】Adobe Creative Cloudビデオ製品の次期アップデート

NAB 2016開催前に発表されたAdobe Creative Cloudビデオ製品の次期アップデートの抜粋です。 2016.04.15 公開のAdobe Creative Cloud 道場 #123 NAB2016直前スペシャル!次期ビデオ製品最速レポートで詳しく解説されています。 Premiere Pro CCの新機能   プロキシワークフロー 新しいPremiere Pro CCでは最大8KサイズのRed Weponカメラファイルフォーマットに対応しています。ほとんどのファイルはネイティブで扱うことができますが、ノートパソコンなどで高解像度の映像を扱う場合は一度低解像度のプロキシファイルを生成した方が効率が良い場合があります。 プロキシの保存先をCreative Cloudライブラリに設定することで、どこからでもアクセスできるように設定することも可能です。 インジェスト中に READ MORE

【NAB 2015】Premiere Pro CC次期メジャーアップデート(2015)の新機能

NAB 2015での新機能のウェビナーがアップされています。 NAB 2015: What’s Coming Next to Adobe Pro Video Tools – Adobe Create Now クリエイティブクラウドライブラリでルックのサポート クリエイティブクラウドライブラリで新しくルックがサポートされ、Adobe Premiere Pro、After Effects、およびPremiere Clipで共有することができます。また、Premiere Proで作成されたルックはSpeedGradeで同じようにレンダリングすることができます。 Lumetriカラーパネルが搭載 Premiere ProにLightroomとSpeedGradeを組み合わせた新しいカラーツールが搭載されます。Lumetriカラーパネルは、新しいカラーワークスペースにあり、Lightro READ MORE

Adobe Premiere Pro CC (2014) アップデートの新機能

2014年6月19日 Adobe Premiere Pro CC (2014)(バージョン8.0)のアップデートが提供されました。各製品はこれまでのCCアプリケーションとは別の単体アプリケーションとしてインストールされます。(2014の表記が付きます。)CS6もインストールしている場合は、ドライブにそれぞれ3つの異なるバージョンが存在することになります。 Adobe Creative Cloud (2014)はアドビクリエイティブクラウドのメンバーに提供され、ダウンロードセンターにアクセスするかクリエイティブクラウドデスクトップアプリケーションからアップデートを適用する事ができます。 ライブテキストテンプレート After Effects CC 2014で作成されたコンポジションをテンプレートに指定する(コンポジション設定>「テンプレート」にチェックを入れる)ことで、Premiere Pr READ MORE

【IBC 2013】Adobe Premiere Pro CC 10月アップデートの主な新機能

Adobe CCの出荷リリースからわずか4ヶ月、超絶メジャー級のアップデートです。大幅にビデオ製品のワークフローが改善し、約150の新機能が追加されます。 Adobe Creative Cloud pro video tools | IBC 2013 ダイレクトリンクとネイティブメディアサポートの追加、編集機能の充実が目玉です。 ダイレクトリンク: SpeedGradeとPremiere Proのやり取りがよりスムーズになり、Premiere Proでプロジェクト保存した後、ダイレクトリンクを使用し転送することでPremiere Proのシーケンスの状態を維持したままSpeedGradeで開く事ができます。 トラックの状態やレイヤー、トランジションなどそのままの状態でSpeedGradeで再現され、Premiere Proに戻した場合もグレーディングの結果はフィルターとして非破壊で再現され READ MORE

Adobe Premiere Pro CC 2013/7 アップデート

Adobe Premiere Pro CCのアップデート(7.0.1)が行われました。編集機能の拡張とバグフィックスが含まれています。これらの機能はクリエイティブクラウドメンバーのみ使用可能です。 シーケンス上でのタイトルの複製 タイムラインのシーケンス上でキーボードショートカットを使用しタイトルを素早く複製することができます。タイムライン上で、Alt(Win)またはOptionキー(Mac OS)を押しながらタイトルをドラッグします。 新しく作成されたタイトルは複製になります。オリジナルのクリップは参照しておらず、新しいタイトルに加えられた修正は元のタイトルには反映されません。プロジェクトウインドウを使用した複製では元のデュレーションが維持されますが、ショートカットを使用した複製ではプロジェクトで使用している尺になります。 重要なポイント: シーケンス上のタイムラインでコピー/ペーストを READ MORE

新しいAdobe Creative Cloudまとめ![後編] 注目のビデオ製品!

ストリーミングでは紹介されなかったビデオ製品の詳細をご紹介します。NAB 2013でプレビューされたビデオ製品もCCの名前が付きCreative Cloud専用のアプリケーションに進化しています。(Encoreを除く) Creative Cloudの登場まであと1ヶ月程度!待ち遠しいですね。事前に新機能をチェックしておきましょう。 新しいAdobe Creative Cloudまとめ![前編]はこちら。 Adobe Premiere Pro CCの新機能 CreativeCloudに同期 CreativeCloudに同期してキーボードショートカットや環境設定、レイアウトを保存し別のマシンで使用する事が出来ます。 各アプリケーションでどの項目が同期できるかはこちらでチェックできます。 Creative Cloud 道場:環境設定を同期して、すぐに作業開始! XAVCに対応 XAVCにネイティ READ MORE

NAB 2013 : Adobe Premiere Pro CC の新機能

NAB 2013に先駆けてAdobeデスクトップビデオ製品のプレビューサイトが公開されています。   Adobe Creative Cloud pro video tools   Adobe Premiere Pro Overview | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV スムーズな編集環境 幾つかの新しいショートカットや直感的なトラックターゲッティング、再設計されたタイムラインで効率的な編集が可能になり、デュープ検出マーカー、スルー編集インジケーター、メディアのスタート/エンドを示すラベルで一目で重要な情報が分かるようになります。 ソースシーケンスではネストせずに他のシーケンスで編集可能で、トラックとクリップの状態を保持する事ができます。他のクリップからエフェクトをコピーしたり、属性をペーストするための新しいツールがワークフローのスピードアップ READ MORE