PR

DaVinci Resolve 16 メディアページ ビューア

DaVinci Resolve 16 メディアページ メディアページの使い方
icon icon

メディアページ ビューア

メディアページのビューアは他のページのビューアと比べてそれほど多くの機能はありません。基本的な操作は編集ページと同じです。

メディアページ ビューア

「メディアストレージ」もしくは「メディアプール」にあるクリップをクリックするとビューアに表示されます。

ビューアコントロール

ビューアの上部にいくつかのコントロールがあります。

  • ズームメニュー
    「適応」はフレームがビューアのサイズに収まります。%を選択するとそのサイズに拡大します。スクロールホイールでズームイン/アウトできます。
    ズームメニュー
  • GPUステータス表示
    ビューアに再生時のパフォーマンスを示すGPUステータスインジケータがあり、秒当たりのフレーム数(FPS)を表示します。
     
  • クリップ名
    ビューアのタイトルバーに「クリップ名」が表示されます。名前の横のポップアップで最近開いた10個のクリップ名が表示され選択できます。 
  • タイムコードフィールド
    右上のタイムコードは再生ヘッドの位置が表示されます。右クリックでソースタイムコード、ソースフレーム、キーコードを切り替えできます。このメニューを使いタイムコードをコピーペーストすることも可能です。

    ビューアを選択した状態でタイムコードや±で数値を入力すると、タイムコードフィールドに表示され、Enterキーを押すと確定してそのタイムコードに移動します。

オプションメニュー

右上にオプションメニューがあります。

  • ライブメディアプレビュー:
    ライブメディアプレビューはサムネイルをスキミングするとビューアに表示されます。これはデフォルトで有効です。 
  • すべてのビデオフレームを表示:
    再生時に全てのビデオフレームを表示します。処理に時間がかかる場合はリアルタイムで再生されず、音の品質が損なわれます。オフの場合はオーディオを優先し、再生できないビデオのフレームはスキップします。 
  • イン点アウト点のタイムコードを表示:
    上部にイン/アウト点のタイムコードが表示され、右側にクリップの長さが表示されます。
    イン点アウト点のタイムコードを表示:
  • オーディオ波形を拡大して表示:
    ビューアの下部にオーディオ波形オーバーレイを表示し、再生ヘッドのオーディオを拡大表示します。クリップを再生するとスクロールします。 
  • クリップ全体のオーディオ波形を表示:
    ビューアの下部にオーディオ波形オーバーレイを表示し、クリップの全体のオーディオが表示されます。イン/アウト点の間が強調表示されます。 
  • マーカーオーバーレイを表示:
    再生を停止したときに再生ヘッドの場所にマーカーがあると、ビューア上にマーカーが表示されます。 
  • マーカーサブメニュー:
    クリップにマーカーや注釈が追加されると、マーカー名とノートが時間順にリスト表示されます。メニューのマーカーを選択すると、ビューアのマーカーに再生ヘッドがジャンプします。

ビューアモード

ビューアの左下にモードを切り替えるポップアップメニューがあります。作業に必要な項目を切り替えて使用します。

ビューアモード
  • ソース
    ビューアで現在開いているクリップを表示します。 
  • オーディオトラック
    ソースビューアのクリップのすべてのチャンネルのオーディオ波形を表示します。上部にクリップ全体の波形が表示され、メインの領域に拡大されたオーディオ波形が表示されます。表示のズームレベルは、左上のズームポップアップで制御します。 
  • 注釈
    クリップに付けたマーカーの注釈をオンスクリーンで描画します。描画のツールがビューア上部に表示されます。

ビューアに注釈(アノテーション)を描く

トランスポートコントロール

  • ジョグコントロール
  • ジョグコントロールをクリックして左右にドラッグすると、ジョグ/シャトル操作で移動できます。
  • オーディオコントロール
  • オーディオの再生をオン/オフします。
  • トランスポートコントロール
    「最初のフレームに移動」「逆再生」「停止」「再生」「最後のフレームに移動」の操作です。
  • ループ再生
    ループ再生をオン/オフします。ループは「再生」> 「ループ」>「ループ/ループの解除」(Ctrl/Command + /)で制御できます。
  • イン/アウトボタン
    イン点とアウト点を設定するボタンです。

ジョグバー

ジョグバーをドラッグしてクリップをスクラブできます。右クリックでイン/アウト点のマーキングとサブクリップの作成ができます。

「メディアプール」のクリップでは、オーディオとビデオのスプリットやイン/アウト点の範囲マーカーへの変換、マーカーの追加や削除、マーカーへの移動などができます。

ジョグバー
注:メディアストレージにあるクリップはマーカーと注釈は設定できません。
また、イン点とアウト点を設定してサブクリップを作成できますが、イン/アウト点は一時的なもので、メディアプールのクリップのようには記憶されません。

 「シネマビューア」(Ctrl/Command + F)でフル画面で表示できます。

再生コマンドなどは編集ページとほとんど同じです。

編集ページ ソースとタイムライン ビューア

ビューアの再生とマーキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました