DaVinci Resolve 15 新機能 編集ページの改善

DaVinci Resolve 15 新機能

編集ページの改善

 

編集ページでは多岐に渡る機能の拡張と改善点があります。

主な項目では、新しいサブクリップの作成方法やクリップ表示名の変更などの編集ページの改善、注釈(アノテーション)の描画と、マーカーをデュレーションでイン点とアウト点に変えるマーカー機能の拡張や、複数のタイムラインをスタックする編集機能の拡張、新しいText+ジェネレータなどがあります。

Blackmagic Design DaVinci Resolve 15 の基本操作ガイドはこちら。

DaVinci Resolve 15 基本操作ガイド

アップデートの情報はこちら

DaVinci Resolve 15.2 アップデート

DaVinci Resolve 15.1.2 アップデート

DaVinci Resolve 15.1.1 アップデート

DaVinci Resolve 15.1 アップデート

DaVinci Resolve 15.0.1 アップデート

DaVinci Resolve 15 の新機能の情報です。

DaVinci Resolve 15 Studioの新機能

DaVinci Resolve 15 新機能【一般的な改善】

DaVinci Resolve 15 新機能 【 字幕とクローズドキャプション】

DaVinci Resolve 15 新機能 【 カラーページの改善】

 

Blackmagic Design DaVinci Resolve 15 の基本操作ガイド

DaVinci Resolve 15 の新機能まとめ

DaVinci Resolve 15 新機能

編集 ページの 使い方

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

Fairlight ページの 使い方

Fusionページの使い方

DaVinci Resolve 15 Fusion の 使い方

FusionのText+を使ったアニメーション

 

 

 

メディアプールとクリップ表示の機能拡張

 

デフォルトで表示名がクリップ名に

以前は「ディスプレイ表示名(Display Name)」と呼ばれていたクリップメタデータは「クリップ名(Clip Name)」となりました。クリップを識別するメタデータは2セット存在し、「クリップ名」「ファイル名」のどちらもメディアプールのリストビューで表示できます。

DaVinci Resolve 15以降は「クリップ名」がデフォルトになり、「ファイル名」は非表示になります。これで、メディアプールのリストまたはアイコンビューで表示される名前をモードを変えることなく自由に編集できるようになります。必要に応じ、「表示」> 「ファイル名を表示」を選択するだけで、ファイル名でクリップを表示できます。

「ファイル名を表示」

クリップ名は事前に入力したメタデータを%変数を使用して、シーン、テイク、および詳細(%Scene_%Take_%Description)などを自動的に入力し利用できます。

「クリップ属性」を使用し、複数の選択されたクリップのクリップ名を一度にメタデータ変数を使用して編集することもできます。(メディアプールで複数のクリップを選択し、ファイル属性の「名前」>「クリップ名」に%と入力すると、名前に使用できるメタデータの一覧が現れます。)

「クリップ属性」を使用したネーミングコンバージョン

 

メディアプールとメディアストレージにオーディオクリップの波形を表示

メディアプールのオプションメニューにオーディオ波形を表示するオプションがあり、メディアプール内のすべてのオーディオクリップがサムネイルでオーディオ波形として表示されます。

メディアプールとメディアストレージにオーディオクリップの波形を表示

 

ソースビューアでライブメディアプレビューがオンの場合、クリップをスクラブして内容を聞くことができます。オーディオ波形を表示しない場合は、このオプションをオフにします。

 

同期されたオーディオファイルを見つけるメディアプールコマンド

デュアルシステムオーディオでビデオクリップをDaVinci Resolveで同期させた場合、次の手順でビデオクリップと同期したオーディオクリップを見つけることができます。

ビデオクリップと同期しているオーディオクリップを見つけるには:

  • オーディオに同期されたビデオクリップを右クリックし、コンテキストメニューから「メディアプールで同期されたオーディオを表示」を選択します。同期されたオーディオクリップがあるビンが開き、クリップが選択されます。

 

メディアプールコラムのカスタマイズの改善

コラムヘッダーを右クリックするとメディアプールのコラムの一覧がアルファベット順に表示されます。表示/非表示を選択する場面で必要なコラムを簡単に見つけることができます。

 

メディアプールのサムネイルが拡大

メディアプールのサムネイルの最大サイズが増加ました。

サムネイルの最大サイズが増加

 

最近のクリップのポップアップメニュー

現在開いているソースビューアの上部にある新しいポップアップを使用し、ソースビューアで開いた最後の10個のクリップのリストを開くことができます。このリストは最後に開いたクリップが一番上に表示されます。

最近のクリップのポップアップメニュー

ソースビューアからドラッグアンドドロップでサブクリップを作成

インポイントとアウトポイントを設定したクリップをソースビューアからメディアプールにドラッグすることでサブクリップを作成できます。メディアプールに追加される新しいクリップは、マークしたデュレーションで制限されるサブクリップになります。

 

サブクリップの制限を削除する機能

メディアプール内のサブクリップを右クリックして表示される「サブクリップの編集」を選択し、サブクリップの制限を解除できます。クリップの全尺を使用するチェックボックスをオンにするか、タイムコードフィールドで開始または終了タイムコードを変更できます。

サブクリップの制限を削除する

階層化された空のディレクトリのインポート

ディレクトリが空の場合でも、ファイルシステムからプロジェクトのメディアプールのビンにドラッグすることで、一連のディレクトリとサブディレクトリの構造を維持したままネストされた状態でプロジェクトにインポートできます。一連のビンはインポートしたディレクトリの構造と同じになります。

 

Final Cut Pro 7のXMLを使用したメタデータによるクリップのインポート

メディア資産管理(MAM)システムでのワークフローをサポートするため、Final Cut Pro 7 XMLを使用し、メタデータでクリップをインポートするワークフローを追加しています。

Final Cut Pro 7のXMLファイルを使用してメタデータを含むクリップをインポートするには、次のいずれかの操作を行います。

  • メディアプールの任意の場所を右クリックし、「XMLからメディアをインポート」を選択し、インポートするXMLファイルを選択します。
  • Final Cut Pro 7 XMLファイルをmacOS Finderからメディアプールにドラッグアンドドロップします。

XMLファイルで参照される各クリップは、ファイルパスを基に検出され、クリップに入力されたメタデータと共にメディアプールにインポートされます。ファイルパスが無効な場合は、対応するメディアをディレクトリに移動するように求められます。

 

マーカーとフラグの強化

 

ビューアに注釈(アノテーション)を描く

タイムラインビューアの注釈モードを使用し、修正が必要な項目を指示したり見つけやすくするため、矢印やストロークをビデオフレームに直接描画することができます。これらの注釈はマーカー名やメモと同様にマーカー内に格納されます。タイムラインビューアモードのポップアップメニューから注釈モードを選択できます。

 

注釈モードではビューア上にツールバーが表示され、次のオプションが表示されます。

  • ポップアップで線の太さを変更する描画ツール:
    「描画」ツールをクリックし、ビューア上に自由に描画することができます。 [線の太さ]ポップアップをクリックし、3つの太さの線のいずれかで描画できます。
  • 矢印ツール:
    矢印ツールで直線の矢印を描画できます。矢印は、線ツールで選択されたウェイトに関係なく、常に同じウェイトです。
  • カラーポップアップ:
    描画または線の色を選択します。

ビューアに注釈(アノテーション)を描く

 

注釈(アノテーション)の作成と編集の方法:

  • 注釈を作成する:
    タイムラインの任意のフレームに再生ヘッドを置き、注釈モードを有効にし描画を開始します。

    マーカーがタイムラインのフレームに自動的に追加され、マーカーには注釈データが含まれます。再生ヘッドが既存のタイムラインマーカー上にある場合、そのマーカーに注釈が追加されます。

  • 既に作成したストロークまたは矢印を編集する:
    ストロークまたは矢印の上にポインタを移動し、クリックしてポップアップメニューから新しい線の太さまたは色を選択するか、ドラッグして他の場所に移動できます。
  • ストロークまたは矢印を削除する:
    ストロークまたは矢印の上にポインタを移動してクリックし、DeleteキーまたはBackspaceキーを押します。

 

マーカーとフラグを特定の色で作成する

「マーカー」> 「マーカーの追加」および「フラグの追加」サブメニューに、クリップやタイムラインに特定の色のマーカーやフラグを直接追加するコマンドがあります。キー操作で特定のマーカーカラーまたはフラグカラーを配置するためのキーボードショートカットを割り当てることができます。

マーカーとフラグを特定の色で作成する

 

マーカーダイアログのタイムコードエントリ

マーカーダイアログの時間とデュレーションのタイムコードフィールドは、手動で編集したり、数値でマーカーを移動したり、特定のデュレーションのマーカーを作成することができます。さらに、これらのフィールドのタイムコードをコピーして貼り付けできます。

 

クリップマーカーをタイムラインビューアでオーバーレイ表示

「タイムラインビューア」オプションメニューの「マーカーオーバーレイを表示」を有効にすると、クリップマーカーとタイムラインマーカーの両方がタイムラインビューアにオーバーレイして表示されます。Shift + 上矢印または下矢印で、現在開いているタイムラインのタイムラインマーカーとクリップマーカー間で再生ヘッドが前後に移動します。

クリップマーカーをタイムラインビューアでオーバーレイ表示

 

イン/アウト点をデュレーション付きマーカーに変えるコマンド

ソースビューアのジョグバーからアクセスできるコンテキストメニューに2つのコマンドあり、イン点とアウト点をデュレーション付きマーカーに変えたり戻したりすることができます。

 

イン/アウトをデュレーション付きマーカーに変換:

イン点とアウト点のペアをデュレーション付きマーカーに変換します。デフォルトでは、このコマンドにキーショートカットはマップされていませんが、必要に応じマップできます。

 

デュレーション付きマーカーをイン/アウトに変換:

マーカーを保持したまま、デュレーション付きマーカーをイン点とアウト点のペアに変換します。デフォルトでは、このコマンドにキーショートカットはマップされていませんが、必要に応じマップできます。

イン/アウト点をデュレーション付きマーカーに変えるコマンド

 

 

編集機能の強化

 

タイムラインのタブブラウズとスタック

タイムラインで複数のタイムラインをすばやくブラウズできるようにするタブが追加されました。タブ付きタイムラインを有効にすると、2つ目のオプションが選択でき、2つ以上のタイムラインを同時に開きスタックされたタイムラインを表示できます。

 

タブ付きタイムライン

ツールバーの「タイムライン表示オプション」メニューに、タブブラウズとタイムラインのスタックを有効にするボタンがあります。

タブブラウズとタイムラインのスタックを有効にするボタン

 

これをオンにすると、タイムラインの上にタイムラインタブバーが表示され、現在開いているタイムラインのタブに「閉じる」ボタンと「タイムライン」ポップアップメニューが表示されます。タブモードを有効にしてメディアプールから別のタイムラインを開くと、新しいタブが開きます。

現在のタブの右側にある「タブの追加」ボタンを使用すると、デフォルトで「タイムラインの選択」タブが追加されます。タブのポップアップメニューをクリックして、そのタブに表示するタイムラインを選択します。

タブ付きタイムライン

 

タブ付きタイムラインで作業する方法:

  • タイムラインを切り替えるにはタブをクリックします。
     
  • タブのポップアップメニューを使用しメディアプールの別のタイムラインを切り替えて表示できます。各タブにあるポップアップメニューはプロジェクト内のすべてのタイムラインをアルファベット順に表示しますが、同じタイムラインを別のタブまたはスタックで開くことはできません。
     
  • 任意のタブを左右にドラッグすると、タイムラインタブの順序を並べ替えることができます。
     
  • タブの「閉じる」ボタンをクリックしてタイムラインを閉じ、タブを削除します。

 

スタックされたタイムライン

タブブラウジングがオンになっているときに、右側に「タイムラインを追加」ボタンが表示されます。2つ(またはそれ以上)のタイムラインを同時に開き上下に積み重ね、タイムラインから他のタイムラインへクリップを簡単に編集できます。

例えば、2つのタイムラインエディタで、上のタイムラインから使用するクリップを見つけ出し、下のタイムラインにドラッグアンドドロップで簡単に編集できます。

スタックされたタイムライン

 

スタックされたタイムラインを有効または無効にする:

  • タイムラインタブバーの右側にある「タイムラインを追加」ボタンをクリックします。

    スタックされたタイムラインを有効にすると、タイムラインのタブバーが表示され、選択しているタイムラインにオレンジ色の下線が表示されます。

    タイムラインを閉じるには「タイムラインを追加」ボタンの横に表示される「タイムラインを閉じる」ボタンでスタックから削除できます。

 

改良されたダイナミックトリム動作

ダイナミックトリムモードはJKLの再生動作を使用し、1つ以上の選択された編集に対しリサイズやリップルトリミングを行うことでき、さらにいくつかの重要な点が改善されています。

 

ダイナミックトリミングを有効にするためにWを押すと、自動的に一番近い編集点に移動

タイムラインで編集点が選択されていない場合、Wを押してダイナミックトリムを有効にすると、自動的に最も近い編集点が選択されます。すでに編集点を選択している場合、または複数の編集ポイントを選択している場合は、何も変化せず選択した編集ポイントがダイナミックトリミングに使用されます。

デフォルトでは、編集全体が選択され、ダイナミックロール編集が実行されます。ただし、Uキー(編集点のタイプ)を押すと、3つの編集点の選択を切り替えることができます。これにより、選択した編集ポイントをトリミングすることができます。

デフォルトでリンク選択が有効な場合はビデオとオーディオの両方が選択されます。 Option + U(V + A / V / Aのトグル)を押すと、ビデオ+オーディオ、ビデオのみ、またはオーディオのみの選択を切り替えることができます。

トリミングが終了すると、最後に使用した編集点タイプとA / Vトグルが記憶され、次にダイナミックトリミングを有効にしたときに選択されます。

 

ダイナミックトリムモード中に次と前の編集コマンドを使用可能

以前は、上下の矢印キーを使用して、選択した編集点から別の編集点に移動することができませんでした。これは修正され、ダイナミックトリムを使用中でも選択した編集点をタイムラインで前後に移動できるようになりました。

 

タイムコードによるクリップのデュレーションを変更する機能

クリップのデュレーションを数値的に変更するには、次の2つの方法があります。

 

選択したクリップの再生時間を変更するには:

クリップの再生時間を変更するときにタイムラインをリップルするか、隣接するクリップを上書きするかを決定します。タイムラインをリップルする場合は、トリムツールを選択します。隣接するクリップを上書きするか、ギャップを残したい場合は、選択ツールを選択します。

次のいずれかを実行します。

  • クリップを選択し、「クリップ」>「クリップの長さを変更(Change Clip Duration)」を選択します。
     
  • タイムラインで任意のクリップを右クリックし、コンテキストメニューから「クリップの長さを変更」を選択します
     
  • 「継続時間の編集」ダイアログが表示されたら、「タイムコード」フィールドに新しいデュレーションを入力し、「変更」をクリックします。
     

タイムコードによるクリップのデュレーションを変更

一度に複数のタイムラインギャップを削除する機能

「編集」> 「ギャップを削除」コマンドを使用し、タイムラインのビデオとオーディオのギャップを一度にリップル削除できます。すべての自動選択が有効なトラックの連続するクリップ間のギャップが除去されます。ギャップのあるタイムラインの各セグメントはリップルされ、ギャップを閉じてギャップの右側にあるクリップを移動します。ギャップとは、タイムライン上のすべてのトラックにまたがるクリップ間の空きスペースです。

タイムラインの全体的なA / V同期を維持するため、厳格なルールを適用することでより安全になりました。

  • ビデオクリップやオーディオクリップが重なる部分のギャップは除去されません
     
  • ギャップを遮るスーパーインポーズされたビデオクリップの下のギャップは削除されません
     
  • 1つまたは複数の連続したオーディオクリップがギャップを埋める場合ギャップは削除されません
     
  • リンクされたビデオとオーディオのセットにLまたはJスプリットの編集を含むギャップがある場合、オーディオまたはビデオの最も遠くに伸びるものが最も近いクリップに当たる点まで閉じられます
     
  • トラックの自動選択コントロールを無効にすると、上記のルールから除外されます。これにより、オートセレクトが無効なトラックに重なる他のトラックのギャップが閉じられます。

重要:1つまたは複数のトラックの自動選択を無効にしてギャップを削除すると、ビデオ/オーディオの同期が大幅に失われる可能性があります。

 

ビデオトラックとオーディオトラックの分離の改善

タイムラインのビデオトラックとオーディオトラックのセパレータが太くなりドラッグしやすくなりました。

 

リップルカットとリップル削除動作の改善

複数のトラックをインポイントとアウトポイントを使用してリップルカットまたはリップル削除を実行すると、すべての自動選択が有効なトラックがリップルします。

 

自動オーディオトラック作成の改善

新しいトラックを作成するために、オーディオクリップをオーディオトラックの下にあるタイムラインの未定義の灰色の領域にドラッグすると、ドラッグしたオーディオクリップのチャンネル数を反映したチャンネルマッピングに設定されます。

 

新しいプレイアゲインコマンド

プレイアゲインコマンド(Option-L)を使用すると、再生ヘッドを停止せずに開始した場所から再生を再開することができます。

 

停止時に最初の位置に移動するオプション

新しいオプション、「再生」> 「停止時に最初の位置に移動(Stop and Go To Last Position)」を選択すると、再生ヘッドを停止した時に再生を開始した場所に戻すかどうかを選択できます。このオプションは、いつでも利用可能で音声を編集するときに最も便利です。
 

停止時に最初の位置に移動するオプション

このオプションは、ビューアのトランスポートコントロールの「停止」ボタンを右クリックしたコンテキストメニューでも表示されます。

 

デュアルスクリーンレイアウトでシングルビューアモードを利用可能

編集ページのレイアウトをデュアルスクリーンで使用している場合は、シングルビューアモードを使用できるようになりました。

 

ビューアのタイムコードフィールドにタイムコードをコピー&ペースト

メディア、編集、およびカラーページでビューアのタイムコードフィールドを右クリックして、タイムコード値をコンテキストメニューからコマンドをコピーペーストできます。貼り付けるタイムコード値は有効なタイムコードでなければなりません。たとえば、0hのタイムコードを1hのタイムラインに貼り付けることはできません。

 

タイムコードエントリの改善

編集ページで、クリップの再生ヘッドを移動するかトリムするときに数字とピリオドの組み合わせでタイムコード値を入力する場合、入力した数字はReturnキーまたはEnterキーを押すまで実際のタイムコードに変換されず何を入力しているか見ることができます。

 

タイムラインに既にあるクリップを使って編集を置き換え

積み重ねられたストックフッテージやVFXクリップなどの異なるテイクやバージョン違いを、タイムライン上に既にあるクリップを使って以前のクリップのグレードやエフェクトを維持したままドラッグアンドドロップで簡単に手動で置き換えることができます。新しいバージョンのエフェクトやグレードは以前のバージョンを継承し置き換えられます。

これは、タイムライン内の他のクリップに重ねて表示されているクリップに対してのみ機能します。また、複数の選択されたクリップをタイムライン上で同時に使用して、一度に複数の置換を行うこともできます。

 

タイムライン上に積み重ねられた1つのクリップを別のクリップに置き換えるには:

  • タイムライン上に重ねたバージョン違いやテイク違いのクリップを1つ以上選択します。
     
  • 重ねて表示されたクリップを別のクリップの上にコマンドキーを押しながらドラッグしてクリップを上書きすると、上書きしているクリップに対しグレードやエフェクトがコピーされます。

 

「属性の貼り付け」でタイムラインをリップルするオプション

「属性の貼り付け」を使用し、あるクリップから別のクリップへの速度エフェクトをコピーする場合、貼り付けられたスピードエフェクトでタイムラインをリップルするかどうかを選択できます。

 

エフェクトライブラリのトランジションカテゴリ

トランジションはカテゴリにまとめられ、必要なものを簡単に見つけることができます。カテゴリには、ディゾルブ、アイリス、モーション、シェイプ、ワイプがあります。

 

トラック間でリンクして移動

「タイムライン」>「トラック間でリンクして移動」 (Linked Move Across Tracks)では、タイムライン上でリンクされたビデオおよびオーディオアイテムを上下にドラッグした時、トラック間でクリップを移動する方法を変更できます。

作業により、どちらか一方の動作が便利になりますが、このモードをどのように設定しても、クリップを左右に動かす場合のビデオ/オーディオの同期は常に維持されます。
 

トラック間でリンクされた移動

「トラック間でリンクして移動」 が有効になっている場合:(デフォルトではオン)

リンクされたビデオおよびオーディオアイテムのペアの1つをタイムラインで上下にドラッグすると、リンクされたアイテムが上下に移動します。ビデオクリップをトラックV1からV2に移動すると、リンクされたオーディオクリップがトラックA1からA2に移動します。

注:メディアプールまたはソースビューアからタイムラインに編集しているクリップでは機能しません。

 

「トラック間でリンクして移動」が無効になっている場合:

リンクされたビデオおよびオーディオアイテムのペアの1つをタイムラインの別のトラックにドラッグすると、そのアイテムだけが移動し、他のリンクされたアイテムは同じトラックに残ります。例えば、ビデオクリップをトラックV1からV2に移動すると、オーディオクリップは元々のトラックA1に残ります。

これにより、ビデオクリップを別のトラックに再編成したり、オーディオクリップを整理することが容易になります。このモードでは、リンクされたペアの1つの項目を自由に上下に移動できますが、その項目を左右に動かしてもリンクされたすべての項目が同じ量だけ移動するため、同期は維持されます。

 

トラックデスティネーションキーボードショートカットでトラックを無効にする

トラックデスティネーションの選択キーボードショートカット(ビデオの場合はOption-1-8、オーディオの場合はOption-Control-1-8)を繰り返し押すと、そのトラックのデスティネーションコントロールのオンとオフが繰り返し切り替わります。

 

シネマモードでイン点とアウト点をマークする機能

編集ページでシネマモードをフルスクリーンで再生しているときに、IキーとOキーを使いタイムラインのイン点とアウト点をマークできます。ポインタを動かすと、画面上のコントロールのジョグバーでタイムラインのイン点とアウト点がマークされ、再度消える前に表示されます。

 

ツールバーのタイムライン表示オプションメニューの更新

「タイムライン表示オプション」メニューの上部に新しいオプションが追加され、タブ付きスタックタイムライン、「サブタイトル」および「キャプショントラック」、オーディオ波形の表示/非表示を切り替えることができます。

 

編集ページエフェクトの機能強化

 

編集ページのText+タイトルジェネレータ

新しい種類のタイトルジェネレータ「Text+」がエフェクトライブラリのタイトルカテゴリにあります。これはFusionによる完全な2Dテキストジェネレータで、編集ページでカスタマイズと編集が可能です。

「Text+」ジェネレーターは、編集ページの他のジェネレーターと同じように使用できます。タイムラインのビデオトラックで編集し、インスペクタを開きプロパティを編集してキーフレーミングを行い、タイトルを作成します。

Text+タイトルジェネレータ

元々合成ツールの一つであるText+ジェネレータは、高度なアニメーションコントロールが組み込まれ、キーフレーム可能なパラメータを提供します。これには、キーフレーム可能な書き込み/オンオフのコントロール、シェイプ(ポイント、フレーム、円、パスを含む)を使ったレイアウトとアニメーション、文字、単語、ラインごとの変形とアニメーション、シェーディング、インターレースなどのサポートを含みます。

さらに、再生ヘッドを新しい「Text+」「Fusion Title」に置きFusionページを開くと、そのパラメータにアクセスでき、1つのジェネレータに基にマルチレイヤーのモーショングラフィックスを作成することができます。

 

FusionタイトルとFusionテンプレート

エフェクトライブラリーのフュージョンタイトルは、インスペクタで操作するテキストコンポジションです。

これらのテキストジェネレータはFusion側で一部のコントロールが公開されたアニメーション組み込み済みののテンプレートです。マクロに変換されたFusionのコンポジションはプリインストールされ、他のジェネレータと同様に編集ページ内で使用できます。
 

FusionタイトルとFusionテンプレート

FusionページでFusionタイトルコンポジションを作成し、マクロとして保存すると、編集ページで使用することができます。

Text+ジェネレータには他にも利点があり、複合クリップを最初に作成する必要はなく、そのまま他のクリップと同じようにグレーディングで使用できます。

 

タイトルとジェネレータのキャッシュのサポート

プロセッサに負荷のかかるエフェクトを使用している場合に備え、タイトルとジェネレータのクリップキャッシュを有効にできるようになりました。

 

タイムラインカーブエディタの位置カーブ

位置Xと位置Yのカーブを編集ページのクリップのカーブエディタで公開することができます。これにより、1つまたは複数のコントロールポイントを選択してベジェコントロールポイントにすることで、XおよびY位置のキーフレームを個別に編集したり、タイムラインビューアからモーションパスのジオメトリ曲線の弧を調整することができます。

 

キーフレーム可能な OpenFXとResolveFX

OpenFXおよびResolveFXのパラメータは、編集およびカラーページのインスペクタで各パラメータの数値フィールドの右側にあるキーフレームコントロールで、クリップやグレードに追加するエフェクトをアニメートできます。

注:現時点では、編集ページまたはカラーページのキーフレームエディタにキーフレームトラックがないため、OpenFXまたはResolveFXに追加されたキーフレームはインスペクタでのみ編集できます。

 

複合クリップでアルファ透明度をサポート

複合クリップを作成すると、アルファチャンネルのクリップの透明度が保持されます。たとえば、一連のタイトルジェネレータをタイムラインで編集して複合クリップにすると、元のジェネレータと同じ透過性を持ちます。

 

スムースカットの改善

スムーズカットトランジションを使用すると、インタビュークリップの小さなジャンプカットをシームレスに削除できます。このトランジションには「Faster」「Better」の2つのオプションがあり、「Faster」オプションは以前のスムーズカットの方法です。この方法は前と後のフレームのスチル間をモーフィングします。

「Better」オプションは新しいデフォルトで、改善された品質と被写体の動きを保つ機能があり、多くの場合優れた結果が得られますが、特定のカットやエフェクトでは「Faster」オプションがうまく機能する場合があります。

 

スピードエフェクトのオプティカルフローの改善

「プロジェクト設定」「マスタ設定」パネルの「動作推定モード」ポップアップで、追加の「Enhanced」オプティカルフロー設定を使用できます。この新しい設定で、スローモーションやフレームレートのリタイミング効果の品質を向上させることができます。

「Standard Faster」「Standard Better」の設定は、以前のバージョンのオプションと同じです。標準オプションでアーティファクトがある場合は、スピードを犠牲にして「Enhanced Faster」「Enhanced Better」が良い結果をもたらします。

 

DaVinci Resolve 15 Studioの新機能

DaVinci Resolve 15 新機能【一般的な改善】

DaVinci Resolve 15 新機能 【編集ページの改善】

DaVinci Resolve 15 新機能 【 字幕とクローズドキャプション】

DaVinci Resolve 15 新機能 【 カラーページの改善】

 

Blackmagic Design | DaVinci Resolve 15

撮影助手→ポストプロダクションスタジオを経て、2000年からフリーランス。CM、PV、TVグラフィックなどAutodesk Flame Smokeによる映像合成編集。合成作業、特殊効果など撮影技術に関してのサポート、システム構築に関するアドバイスなども行っています。
ご依頼、ご質問などございましたらお問い合わせフォームまで。

2 thoughts on “DaVinci Resolve 15 新機能 編集ページの改善

コメントを残す