MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

NAB 2013 : Adobe SpeedGrade CC の新機能

再デザインされたユーザーインターフェース

新しいSpeedGradeはスクリーンレイアウトが新しくなり高速化されました。Adobe Premiere Proユーザーになじみ深いメディアブラウザや再設計された自動調整のモニター、新しいルックマネージャ、およびグレーディングと統合されたマスクペインなどユーザーインタフェースがオーバーホールされました。

SpeedGrade Overview | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV

ショットマッチャー

異なるカメラや様々な照明条件下でのショットを選択し自動的にマッチングします。ショットマッチャーを使用することで、すぐに新しいクリップに対してグローバルなカラー補正を適用することが出来るようになります。

SpeedGrade: Shot Matcher | Adobe at NAB 2013 | Adobe TV

新しい輝度波形表示

新しい輝度波形表示で迅速にブラックおよびホワイトバランスの確認が出来るようになるほか、ショットの左から右への輝度の変化を参照することができます。

マーキュリートランスミット

マーキュリートランスミットではAJAやMatroxのようなサードパーティ製のビデオIOカードがMacとWindowsでサポートされ外部モニタリングが可能になる他、Windowsマシン上でNVIDIA SDI-Outカードがネイティブサポートされます。

フィルムストックエミュレーション

映画のルックのような質感を与えるためにのフィルムストックエミュレーションを適用できます。

スナップブラウザ

スナップショットのブラウザはカラーグレーディング作業の参照画像を格納し、簡単にアクセスする手段を提供します。プロジェクトでの作業中にスナップショットを作成するか、Photoshopのような他のアプリケーションから比較として使用するTGA画像をインポートします。

新しいルック·マネージャー

新しいルック·マネージャーはプロジェクトのLooksを簡単に保存し、探し出すことができます。ラップトップで作業する場合に便利で、画面の多くを占有しません。より多くの領域を表示するためにルック·マネージャーを非表示にしたり、グレーディング中に素早くアクセスするために細い帯のように表示することができます。

コンティニュイティー チェッカー

ワンクリックで現在のクリップと別の位置を再生することができます。すぐに色の違いが発見でき、シーンを通して視覚的な整合性を確保することができます。3アップビューを使用すると、現在のクリップとともに次のクリップや他のクリップと一緒にを表示することができます。

強化されたレイヤーベースのグレーディング

グレーディングレイヤーにカスタム名を追加することができます。マスクとプライマリ、セカンダリの補正を含む複数の色調整を組み合わせ、不透明度スライダーで各レイヤーの影響力を制御します。

Lumetriディープカラーエンジン

Lumetriディープカラーエンジンはスピードグレードのコアテクノロジーで、GPUアクセラレーション対応の32ビット浮動小数点画像処理技術です。 Lumetriディープカラーエンジンはハイダイナミックレンジを操作するための最大限の範囲を提供します。

強化されたAdobeワークフローの統合

Adobe Premiere ProにLumetriディープカラーエンジンが統合され、スピードグレードのLooksをロードしマスクを含めた色補正を適用することができます。その後「スピードグレードに送信」を使用し最終的なグレーディングとフィニッシングのためのDPXシーケンスを作成するか、Adobe Premiere Proでプロジェクトをレンダリングします。プロジェクト間での視覚の一貫性を確保するために、スピードグレードのLooksをAdobe After EffectsやPhotoshopに適用することもできます。

タンジェントエレメントコントロールサーフェスのサポート

タンジェントウェーブとCP200シリーズと同様にタンジェントエレメントを使用しスピードグレードをコントロールできます。

Adobe SpeedGrade Preview(PDF)

 

 

1 Comment

  1. 石河 慎一 (@ishicaw)

    【ブログ】 NAB 2013 : Adobe SpeedGradeの新機能 http://t.co/rzBnsXFyHC

コメントを残す