DaVinci Resolve 15 編集 キーフレームの操作

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

編集ページ キーフレームの操作

編集ページのインスペクタのほとんどのパラメータは、キーフレームアニメーションが可能です。

キーフレームの操作はインスペクタで行う事ができます。細かな調整はタイムラインのキーフレームトラックを開きカーブエディタで操作します。

 

 

インスペクタでのキーフレーム処理

インスペクタでキーフレーム可能なパラメータは、スライダの右側にキーフレームボタンが表示されます。キーフレームのある位置ではボタンがオレンジ色に変わり、小さな矢印が左右に表示されます。キーフレームが無い場合は灰色です。

 

インスペクタでのキーフレーム

 

キーフレームの追加

キーフレームを追加するには、再生ヘッドをキーフレームを設定する位置に移動し、クリップを選択しインスペクタの「キーフレーム」ボタンをクリックします。

一度キーフレームを設定すると、他の位置でパラメータを操作するだけでキーフレームが自動的に追加されます。

再生ヘッドを前/次のキーフレームに移動するには、以下のキーを使います。

  • 前のキーフレーム
    右ブラケット( [ )
     
  • 次のキーフレーム
    左ブラケット( ] )

キーフレームの両側にある小さい矢印でも移動できます。

 

キーフレームの編集

キーフレームを編集するには、インスペクタやオンスクリーンコントロールでパラメータを変更します。キーフレームトラックやカーブエディタでも変更が可能です。

 

キーフレームトラックの表示

キーフレームがあるタイムラインクリップには、「カーブ」ボタンと「キーフレーム」ボタンが名前の右端に表示されます。

キーフレームトラックを表示するには「キーフレーム」ボタンをクリックするか「クリップ」>「キーフレームエディタを表示」(Ctrl/Command + Shift + C)を選択します。

 

「キーフレーム」ボタン

 

インスペクタのパラメータグループが一つのキーフレームトラックとして表示されます。

キーフレームトラックの右側の開閉コントロールで個々のトラックを開き、パラメータを個別に編集できます。

 

パラメータグループが一つのキーフレームトラックとして表示

 

カーブエディタの表示

カーブエディタを表示するには、「カーブ」ボタンをクリックするか「クリップ」>「カーブエディタを表示」(Shift + C)を選択します。

 

「カーブ」ボタン

 

カーブエディタでは、複数のパラメータを同時に開くことができます。カーブを選択するには、カーブをクリックするか、キーフレームトラックでパラメータのキーフレームをクリックします。

 

カーブエディタ

 

コントロールポイントを移動して、カーブエディタの上部の4つのボタンでベジェ補間を変更できます。

 

インスペクタでのキーフレームの削除/リセット

インスペクタでキーフレームの削除するには、オレンジ色のキーフレームボタンをクリックします。

パラメータにあるすべてのキーフレームを削除するには、「リセット」ボタンをクリックします。

グループにあるすべてのキーフレームを削除するには、パラメータグループの「リセット」ボタンをクリックします。

 

インスペクタでのキーフレームの削除/リセット

 

パラメータの有効/無効化

キーフレームのあるパラメータグループを削除やリセットせずに有効/無効を切り替える事ができます。

キーフレームトラックでキーフレームグループを無効/有効にするには、キーフレームトラックの左側のトグルをクリックします。グレーは無効です。

 

 

インスペクタでグループを無効/有効にするには、インスペクタのパラメータグループのトグルをクリックします。オレンジが有効でグレーは無効です。

 

コメントを残す