DaVinci Resolve 15 編集 属性の貼り付け

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

編集ページ 属性の貼り付け

「属性をペースト」(Paste Attributes)コマンドを使用して、クリップの属性をコピーして複数のクリップに貼り付けします。クリップからタイムラインの他のクリップにビデオとオーディオの調整とエフェクトを素早く適用できる方法です。

 

 

属性をコピーする

属性を持つクリップを選択し、通常のコピーと同じCtrl/Command + Cを押します。

 

属性を貼り付ける

貼り付けるクリップを1つ以上選択します。

「編集」> 「属性をペースト」(Alt/Option + V)か、クリップを右クリックし、 「属性をペースト」を選択します。

 

属性をペースト

 

「属性をペースト」ウィンドウが表示されたら、貼り付ける属性のチェックボックスをクリックし、「適用」をクリックします。

 

「属性をペースト」ウィンドウ

「属性をペースト」ウィンドウには、属性を選択するチェックボックスが表示されます。OpenFXやResolveFXなどのエフェクトをペーストする場合は「プラグイン」を選択します。

 

「属性をペースト」ウィンドウ

 

個別のクリップに貼り付ける

複数のクリップを選択している場合すべてのクリップに適用するか、「属性をペースト」ウィンドウの「To」にあるポップアップで適用するクリップを選択できます。

 

キーフレームのある属性を貼り付ける

「属性をペースト」ウインドウの下にあるポップアップメニューで、貼り付ける属性のキーフレームをどう適用するかを選択できます。オプションは「タイミングを維持」「伸縮して適合」です。

 

タイムラインをリップル

「属性をペースト」でスピードエフェクトをコピーする場合、「シーケンスをリップル」チェックボックスを使用すると、ペーストされたスピードエフェクトがタイムラインをリップルするかを選択できます。

 

属性を削除する

「属性を削除」ウィンドウで特定の属性を削除します。

属性を削除するには、削除するエフェクトのあるクリップを選択します。

「編集」>「属性を削除」を選択するか、選択したクリップを右クリックし「属性を削除」を選択します。

「属性を削除」ウィンドウで削除する属性にチェックして、「適用」をクリックします。

削除する属性がリタイムエフェクトの場合は、「シーケンスをリップル」でタイムラインをリップルするかどうかを選択します。

 

Tips:OpenFXのエフェクトや他のパラメータを個別に削除する場合は、インスペクタでリセットするか削除できます。

コメントを残す