NAB 2018 Blackmagic Design Fusionと完全融合したDaVinci Resolve 15 のベータ版をリリース

2018年4月9日 NAB 2018にてBlackmagic Design DaVinci Resolve 15 (Beta)が発表されました。

今回の大規模なアップデートではDaVinci ResolveにFusionが完全に統合され、一つのソフトウェアでオフラインおよびオンライン編集、カラーコレクション、オーディオポストプロダクションのすべての機能を備えています。

 

 

新しいFusionページには250種類以上のツールがあり、完全な3Dワークスペースでの合成、ペイント、パーティクル、タイトルアニメーションなどの作業が可能になります。

 

 

Fairlightページも大幅に更新され、過去バージョンのFairlightプロジェクトのサポートやクロスプラットフォームプラグインの対応、完全なADRツールセット、3Dパンナーなどの機能のほか、FairlightFXプラグインではMac、Windows、Linuxそれぞれにネイティブで対応し、プラットフォームを気にせず作業できるようになりました。

 

 

また、基本機能となる編集やグレーディングの機能も100種類以上の新機能が追加され、機能の改善が実施されています。ホバースクラブできる新しいLUTブラウザではLUTの確認や適用をすばやく実行できたり、SRTファイルの読み込みによるクローズドキャプション、オンスクリーン注釈などの機能が新たに搭載されています。

 

ホバースクラブできる新しいLUTブラウザ
マーカーとして画面に描画できるアノテーションツール

 

無償版のDaVinci ResolveでもFusionやFairlightを含むため十分な機能はありますが、DaVinci Resolve Studioではさらに複数ユーザーによるコラボレーションやVRツールセット、HDR、無制限のネットワークレンダリング、Studio版限定のフィルターエフェクトなど様々な機能を搭載し、わずか¥33,980(税別 Blackmagicストア価格)ですべての機能を使用できます。これは他のサブスクリプションタイプの制作ソフトウェアよりも低額で、バージョンアップの際にも追加費用がかかりません。

以前にFusion Studioを以前に購入していた場合でも、DaVinci Resolve Studio 15のライセンスとして動作します。(Fusion Studioの販売は継続されます)

Blackmagicストア:DaVinci Resolve Studio

Blackmagicストア:Fusion Studio

 

 

新しくFairlightのプロフェッショナル コンソールも発表されました。

12個の高精度モーターフェーダーを搭載したチャンネルフェーダー、タッチセンサー式のノブとボタンを持つチャンネルコントロール、直感的な操作が可能なオーディオエディター、ビデオ入力が可能なLCDモニターを自由に組み合わせ、5ベイまで拡張できるため、デスクトップからスタジオ規模の本格的なオーディオミキシングまで幅広く対応できます。

 

現在はベータ中で、最終的なリリースはQ2後半の予定です。

DaVinci Resolve 15パブリックベータ版のダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です