MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

【NAB 2017】DaVinci Resolve 14 パブリックベータの新機能

2017.04.24 ブラックマジックデザインはNAB Show 2017にてDaVinci Resolve 14を発表しました。現在パブリックベータ版がBlackmagic Designウェブサイトからダウンロード可能です。

注:バージョンナンバーの13は欠番になっており、実質DaVinci Resolve 12.5がそれに相当します。

DaVinci Resolve 14製品ページ

昨年買収を発表したFairlightのオーディオミキシング機能を投入し、編集、カラーグレーディングに加え同じアプリケーション内で新しいFairlightオーディオツールを使用できます。また、新しいマルチユーザー・コラボレーションツールを使い、同一のプロジェクトで複数のユーザーが同時に作業することができます。(コラボレーションツールは各台数分のStudio版が必要)

価格も新しくなり、無料で使えるDaVinci Resolveに加え、Mac Windows Linuxのプラットフォームで、ほとんどすべての機能が使用できるDaVinci Resolve Studio(ハードウェアドングル)が¥33,980(税別)で購入できるようになりました。Studio版は非常にコストパフォーマンスが高く、ドングルで動作しソフトウェアは無償でアップデートされるため、ソフトウェアのアップグレードに追加の費用が全く発生しません。

DaVinci Resolve Studioはブラックマジックデザイン ストアからオンラインで購入可能です。

すでに2種類の小型のコントロールパネルも発売済みで、3つのホイールを装備したパネルでは直感的にカラーグレーディング機能を操作できるようにになります。


DaVinci Resolve Mini Panel

注:パブリックベータ版は開発バージョンです。未実装の機能や予期せぬ不具合が発生する場合があります。インストール前にプロジェクトとデータベースのバックアップをお勧めします。

サポートはBlackmagic DaVinci Resolveフォーラム(英語)にてお尋ねください。また、Facebookグループ Davinci Resolve User Group Japanでユーザーによるアドバイスを受けることもできます。

 

DaVinci Resolve 14の新機能

コラボレーション

  • 複数のユーザーが同じプロジェクトで同時に作業できる、新しいコラボレーションワークフロー
  • 同じタイムライン上で同時にビデオ/オーディオエディタとカラーリストが共同編集する機能を追加
  • Resolve コラボレーションは共有ストレージテクノロジをサポートし、PostgreSQL共有データベースサーバと連携
  • 共同プロジェクトでの共同作業者のすべてのアクションを保存
  • 共同プロジェクトを表示するプロジェクトマネージャインジケータ
  • 共同作業者が共有プロジェクトでプロファイルを選択可能
  • 最初のユーザーに他の人のリードアクセス権を持つメディアプールビンの書き込みアクセス権が与えられる
  • ライブ・メディア・プールのサイド・バー・ビンの更新にユーザー・ロックとリフレッシュ可能なインジケータを含む
  • タイムラインインジケータにユーザのロックとリフレッシュを表示
  • ユーザのロックとリフレッシュを示すカラーページのサムネイルアイコンのライブアップデート
  • カラーページのスチルギャラリーのライブ共有
  • 新しいタイムライン比較ツールで、複数のコラボレーションユーザーのタイムラインを簡単に統合
  • 共同プロジェクトでのライブグループチャット機能

性能の改善、操作性およびユーザビリティ

  • シングルおよびマルチGPU使用率を最大化する新しい画像処理エンジン
  • Metal on Macを使用したGPU処理のサポート
  • 新たに最適化されたパフォーマンスモードで再生が向上
  • 最適化されたCPUメモリ使用量のための新しいダイナミックメモリマネージャ
  • 単一のGPUのラップトップとワークステーションのパフォーマンスの向上
  • 編集ページのタイムラインで編集と再生ヘッドの操作性の向上
  • JKL再生のレイテンシを大幅に改善
  • カラーページの再生開始/停止待ち時間の改善
  • マルチカムの再生パフォーマンスの向上
  • トラックパッドでAlt / Optionを使用したときのビュアーのパンとズームの改善
  • H.264と類似のコーデックをスクラビングするときのパフォーマンスの向上
  • CPU使用率の向上

PostgreSQLとDiskDBの管理とパフォーマンスが向上した最新のデータベースエンジン

  • 新しいライブ保存オプションで作業中に変更が保存される場所をサポート
  • 新しく改良されたDiskDBによる高速な増分保存をサポート
  • ユーザーUIレイアウトのプリセットを保存、ロード、更新、削除する機能

メディアアクセスとパフォーマンスの向上

  • H.264エンコードとデコードのパフォーマンスの改良
  • メディアストレージでのファイルリスト表示のパフォーマンスの向上
  • 多くのクリップを含むMedia StorageフォルダとMedia Poolビンのスクロールパフォーマンスの向上
  • AAFタイムラインの読み込み速度の向上
  • 最適化されたメディア生成、トランスコード、フュージョンレンダリングの速度を向上
  • 3Dステレオスコピッククリップにおける最適化メディアのサポート
  • 最大120フレーム/秒までの高フレームレートタイムラインのサポート – (Studioのみ)
  • 最大16Kx16Kソースイメージとタイムライン解像度のサポート
  • Finder / Explorerからメディアストレージにファイルまたはフォルダをドラッグして移動する機能

オーディオ

  • Resolveのすべてのオーディオ用の新しいFairlightオーディオ処理エンジン
  • 専用のオーディオ編集、ミキシング、フィニッシング、マスタリングコントロールを備えた新しいFairlightページ
  • 無制限のオーディオトラック、8つのメイン、サブ、AUX出力をサポート
  • FairlightオーディオアクセラレータおよびI / Oハードウェアのサポート
  • Fairlightフリースタンディングおよびデスクトップコンソールのサポート
  • FairlightページのシングルおよびデュアルモニタUI設定
  • フェアライトページには、メディアプール、タイムライン、メータリング、ミキサー、エフェクト、ビデオプレビュー、タイムラインインデックス、インスペクタを含む

主な機能

  • 各トラックの6バンドEQ
  • すべてのトラックのエクスパンダー/ゲート、コンプレッサー、リミッターダイナミクス
  • サウンドの配置のための2Dおよび3Dパンコントロール
  • タイムラインツールバーにポインタとマーキーツール、オートメーション状態、スナップ、フラグ、マーカーおよびタイムラインオプションを含む
  • オートメーションにはトリム状態、タッチ、ラッチまたはオフモード、イベント選択を含む
  • フェーダー、ミュート、パン、EQ、コンプレッサー、ゲート、AUX、リミッター、プラグインの独立したイネーブルのサポート

モニタリングと計測機能

  • マスター、サブ、AUX、グループ、 全チャンネルのレベルメーター
  • mono、stereo5.1、Atmos、Auro、DTS、IMAX、22.2までのマルチチャンネルで利用可能な主要出力のモニタリング
  • コンパウンド計測には、スピーカーグループ選択、フェーズとラウドネスの統合コントロールを含む
  • ビデオプレビューは、SDIビデオ出力を伴うドッキングまたはポップアップビューアとして利用可能

タイムライン機能

  • トラックサイドバーに、ゲイン、オートメーション、ロック、ソロ、ミュート、レコードのコントロールを表示
  • トラックサイドバーに、トラック番号、名前、色、リンクされたトラックとメーターのインジケーターを表示
  • タイムラインクリップに、クリップ名、ゲイン、FX、グループ、EQ、ソース、スピード、リンクステータス、ステム/チャンネルビット深度、サンプルレート、ソースチャンネルなどのユーザー選択可能なインジケータを表示
  • タイムラインクリップには、波形ボーダーのあるフルまたは整形されたオーディオ波形、ゲインレベル、フェードハンドル、オートメーションキーフレームコントロールを表示
  • 「サブフレームとサンプル」、「フィートとフレーム」、または「サンプルのみ」のユーザー選択可能なタイムコード表示
  • 5つのプリセットおよびユーザーが選択可能なカスタムなロック付きのトラックの高さ
  • 新しいタイムラインインデックスのトラックとマーカーの表示

セットアップと割り当てのためのUIダイアログ

  • 各ミキサートラックには、入力の選択、エフェクト、インサート、EQとダイナミクスグラフ、アウトプットの選択、AUX、パン、メインとサブミックスの選択を含む
  • ミキサーには、トラックの名前と色、グルーピング、録音、ミュート、ソロの選択、メーターによるゲインフェーダーを含む

一般的なオーディオの改善

  • 新しい192 KHzの24ビットオーディオのオーディオ処理エンジン
  • すべてのプラットフォームで速度変更を実行するときのピッチ補正のサポート
  • 編集ページのタイムラインでFFWおよびFRW再生中にピッチ補正をサポート

編集

主な新機能

  • タイムライン上でのトラックカラーのサポート
  • ソースビューアからビデオまたはオーディオだけをドラッグする機能
  • シングルビューアモードとデュアルビューアモードを切り替えるトグル
  • タイムラインのフィルタとしてのOFXプラグインのサポート
  • あるクリップから別のクリップへのトランジションをドラッグアンドドロップする機能
  • 再設計されたエフェクトライブラリで簡単なナビゲーションと検索
  • 選択に応じた内容で動作する改良された “Play Around”機能
  • ブラーディゾルブトランジションのサポート
  • マルチクリップ、複合クリップおよびタイムラインクリップでのオーディオ波形のサポート
  • Fusion Connectを使用するときのソースからのアルファレンダリングのサポート

クリップ調整の改善

  • 1つまたは複数のクリップから「属性を削除する」機能
  • 再生ヘッドの下の現在のフレームをフリーズする新しいメニューオプション
  • Ctrl / Command + Aを使用し、キーフレームおよびカーブエディタですべてのキーフレームを選択する機能
  • キーフレームとカーブエディタで複数の選択したキーフレームのカーブをリニア化/スムーズ化する機能

クリップトリムの改善

  • Alt / Option + Shiftでドラッグすると、クリップのInまたはOut点を隣のクリップに合わせてサイズを変更し、自動的にトランジションを作成
  • Alt / Option + Shiftを押しながらメディアプールからクリップをドラッグすると、タイムライン上のクリップと重なり合った部分でトランジションが追加
  • トリムメニューで2つの新しいトリムコマンドをサポート
    • 再生ヘッドをInにスリップ
    • 再生ヘッドをOutにスリップ
  • 拡張編集を実行するときのスリップ機能のサポート
  • Alt / Option + Shiftを押しながらトラックから選択したクリップを複製してスーパーインポーズする機能
  • タイムラインビューアのタイトルにテキストエレメントをドラッグして配置するときのスナップのサポート
  • リップル編集を実行するときのスナップの改善
  • クリップまたは編集ポイントが選択されていないときにダイナミックトリムモードでJKLを使用して再生を実行する機能

コンフォームの改善

  • 「ビンから再コンフォーム」を実行する際に、ユーザーが選択可能なコンフォーム基準をサポート
  • タイムラインの「メディアストレージフォルダから再コンフォーム」機能
  • タイムラインのディスクで行方不明のインジケータとメディアプールで行方不明のインジケータのサポート
  • Avid Media ComposerからAAFで3D Warp PitchとYawパラメータをインポートする機能
  • 次のインデックスフィルタリングオプションのサポート
    • クリップの色を表示
    • コンポジットエフェクトを持つクリップを表示する
    • トランスフォームエフェクトを持つクリップを表示
    • フィルタを持つクリップを表示
    • スピードエフェクトを持つクリップを表示
    • Fusion Connectクリップを表示
    • 複合クリップとネストされたタイムラインを表示
    • クリップのコンフリクトを表示
    • 特定の色のフラグを表示
    • 特定の色のマーカーを表示
    • スチルとフリーズフレームを表示
  • Index Match列のコンフリクトを表示する機能
  • トラックとタイムラインのリップルをロックするオンライン編集のためのツールバー上の新しいポジションロック
  • メディアプールにクリップを追加するときに自動コンフォームを有効/無効にするプロジェクト設定
  • プロジェクト設定>編集>新規タイムライン設定で、デフォルトのトラックとタイプを設定する機能

マーカーの改善

  • マーカー名とノートをビュワーにオーバーレイとして表示する機能
  • メディアプールリストビューでクリップマーカーを一覧表示する機能
  • イン点とアウト点の選択をデュレーションマーカーに変換する機能
  • ビュアーのオプションメニューからマーカー間を移動する機能
  • [マーカー名]および[マーカーノート]フィールドを使用して、索引で検索およびフィルタリングする機能
  • マーキーを使用して複数のタイムラインマーカーを選択する能力

メディアプールの改善

  • 複数のメディアプールウィンドウを2アップ/ 4アップドッキングビューまたは新しいポップアップウィンドウとして表示
  • メディアプールのサムネイルをホバーオーバーでマークイン/マークアウトする機能
  • メディアプールの「最適化されたメディアを再発見する」機能
  • メディアプールの「選択したクリップのリンクを解除する」機能
  • サムネイルとリストビューの両方でメディアプール内のディスクで行方不明のインジケータ
  • 表示名に基づいたスマートビンおよびスマートフィルタリングのサポート
  • 選択したクリップでビンを作成する機能
  • マーカー名とマーカーノートを使用してスマートビンフィルターを作成する機能
  • マーカー名とマーカーノートフィールドを使用してメディアプールを検索する機能
  • メディアプール検索、スマートビン、スマートフィルタでコンマ区切りのテキストマッチを実行する機能
  • キーボードモディファイア(Ctrl / Command、Shift、Alt / Option)を使用して現在の選択範囲から項目を追加/削除する機能
  • Alt / Optionを押しながらメディアプール内のクリップをドラッグして複製し、別のビンに入れる

一般的な改善

  • 前/次のクリップは、選択したクリップが表示されていないときの選択を無視するようになりました
  • タイムラインメニューの “ポストロール再生”オプションのサポート
  • ビデオのみまたはオーディオのみをタイムラインからメディアプールにドラッグする機能
  • タイムラインをスワップするときの再生ヘッドの位置とイン/アウトの位置の保持
  • 1つまたは複数の選択したクリップにOpenFX / ResolveFXフィルターをドラッグする機能
  • クリップごとのサイズ変更アルゴリズムをインスペクタで選択可能
  • レンズ補正を適用する際のプログレスバーのサポート
  • EBUカラーバージェネレータで100%レベルのサポート
  • インデックスに検索フィルタを適用するときに「すべてのフィールド」を検索する機能
  • [Show Reference Wipe]のトグルがEditページで利用可能
  • Alt / Optionでクリックするとリンクされたクリップ選択が無効になりオーディオまたはビデオのみになる

カラー

ResolveFXの改善

  • ResolveFXプラグインがエフェクトのロジカルグループでソートされるようになりました
  • OpenFXの星付きのお気に入りはカラーページで使用できません
  • FXトラッカーとPower Windowトラッカーの間にトラッキングデータを貼り付ける機能
  • 改善されたResolveFXレンズフレア
  • Resolveカラーマネジメントでタイムラインから出力カラースペースへのGamutマッピングのサポート
  • ResolveFX Color Space TransformプラグインでGamutマッピングのサポート

新しいResolveFXプラグイン

  • ResolveFXフェイスリファインメント – Studioのみ
  • ResolveFXワーパー – Studioのみ
  • ResolveFXマッチムーブ – Studioのみ
  • ResolveFXカラースタビライザ – Studioのみ
  • ResolveFX タイムラプスデフリッカー – Studioのみ
  • ResolveFXコントラストポップ – Studioのみ
  • ResolveFXカラーコンプレッサ
  • ResolveFXアブストラクション
  • ResolveFXウォーターカラー
  • ResolveFXレンズディストーション
  • ResolveFXのGamutマッピング
  • ResolveFXデッドピクセルフィクサー
  • ResolveFXアルファマットのシュリンクとグロー
  • ResolveFXカラーパレット
  • ResolveFXディヘイズ
  • ResolveFXシャープ
  • ResolveFXエッジシャープ
  • ResolveFXソフトシャープスキン
  • ResolveFXカメラシェイク
  • ResolveFX デバンド
  • ResolveFXグリッド

一般的な改善

  • トラッカーパレットで新しいアドバンスドスタビライザーをサポート
  • DaVinci Resolve Advanced Panelのモードでお気に入りのResolveFXとOpenFXプラグインを追加して制御する機能
  • DaVinci Resolve Advancedパネルでジョグ/シャトルコントロールの改善
  • Shift Down + CONFORMを使用して、DaVinci Resolve AdvancedパネルでLightBox SDI出力を切り替える機能
  • Shift Up + CONFORMを使用して、DaVinci Resolve Advanced PanelからフルスクリーンのLightBoxを切り替える機能
  • DaVinci Resolve MicroおよびMiniパネルでResetを押し続けてノードグラフをリセットする機能
  • DaVinci Resolve MicroおよびMiniパネルでPrevious / Next Frameを押し続けて、クリップの先頭/最後にジャンプする機能
  • DaVinci Resolve MicroおよびMiniパネルの再生/逆押しを繰り返して再生速度を上げる機能
  • コントロールパネルの設定でLCD輝度を使用してDaVinci Resolve MiniパネルのLCD輝度を設定する機能
  • コントロールパネルの設定でDaVinci Resolve MicroおよびMiniパネルのキーバックライトを設定する機能
  • コントロールパネルからプライマリに切り替えるときにバーとホイールを記憶しておく機能
  • DaVinci Resolve MicroおよびMiniパネルのさまざまなノブとパラメーターの感度を改善
  • Common LUT Format(CLF)のサポート – Studioのみ
  • Cinemaビューアでオーバーレイのスコープをサポート
  • 選択したキーフレームを移動するための新しいコマンドとショートカット
  • 複数のキーフレームを選択する際に、修飾キーが不要
  • カラーページのタイムラインでのトラックカラーのサポート
  • FXノードのプラグイン名のサポート
  • フルスクリーンモードでフルハイトのOpenFXインスペクタをサポート
  • [プロジェクト設定]> [カラー]で分割画面の隣接クリップのデフォルト数を設定する機能
  • カラーページのタイムラインでのクリップカラーインジケータのサポート
  • [カラー]ページの現在のクリップにメディアプールクリップをマットとして追加する機能のサポート
  • ACES v1.0.3のサポートの改善
  • ResolveカラーマネージメントにおけるACEScc、ACEScctおよびACEScgカラースペースのサポート
  • ResolveFX Color Space TransformプラグインでのACEScc、ACEScct、およびACEScgカラースペースのサポート
  • ACESを使用する場合、ACEScc、ACEScct、およびACEScg IDTおよびODTのサポート
  • プリ/ポストのグループノードグラフからレンダリングキャッシュのクリップ出力をサポート
  • [表示]メニューで使用可能な8ビットまたは10ビットのピッカーRGB値の表示
  • Shift + `を使用してビューアオーバーレイモードをオン/オフに切り替える機能
  • プリンタライトのホットキーでハーブまたは4分割をCtrl / CommandキーとCtrl / Command + Shiftキーで変更可能

メディア

  • クローンツールのオプションメニューでユーザーが選択可能なチェックサムメソッドをサポート
  • MacおよびWindows上のメディアストレージからドライブをアンマウントする機能
  • カスタムアトリビュートフレームレートをクリップアトリビュートで1〜120 fpsに設定する機能
  • プロジェクト設定> CameraRAW> ARRIのOpen Gate解像度でARRIRAWクリップをインポートするオプション
  • ARRI Quicktimeクリップを自動的にトリミングし、センサーのアクティブ領域のみを表示する機能
  • 最新のEasyDCPライブラリのサポート
  • Nikon RAWファイルのデコードのサポート
  • MultiPart OpenEXRのサポート
  • Quicktime ProResおよびDNxHRコーデックのコンスタントおよび可変ビットレートのサポート
  • MacでのH.264マルチパスエンコーディングのサポート
  • H.264 Intra 422 10bitのデコードのサポート – Studioのみ
  • MP4形式へのエンコードのサポート
  • DaVinci Resolve StudioでHigh 10プロファイルH.264ファイルのデコードをサポート
  • ビット深度の高いVP9プロファイルのエンコーディングをサポート
  • Quicktimeレンダリングでのネットワーク最適化オプションのサポート
  • DNxHR HQXおよびDNxHR 444の10bおよび12bエンコードオプションのサポート

一般

  • 統合されたデータベースマネージャを備えた改良されたプロジェクトマネージャ
  • データベース間で1つまたは複数のプロジェクトをコピー&ペーストする機能
  • データベースマネージャのデータベースリストをソートする機能
  • 新しいバイキュービックサイズ変更フィルターオプションのサポート
  • レイアウト設定などのユーザー設定がマシンのローカルに保存される
  • メディアプールの右側のサイドビューで別のビンにビンをドラッグする機能
  • 小さなスクリーンで小さなページスイッチャーをサポート
  • プロジェクトマネージャとブラウズダイアログで入力すると自動的に検索して一致をハイライトする機能
  • [プロジェクト設定]> [キーボードマッピング]でコマンド名またはショートカットでショートカットを検索する機能
  • [プロジェクト設定]>[キーボードマッピング]でショートカットを割り当てる際のコンフリクトの表示
  • タグで、タイムコード、日付、数値、解像度などの非テキストパラメータがサポート
  • 編集メニューで使用できるアンドゥ/リドゥ履歴
  • SDI出力でフレームがドロップしたときに再生を停止するオプション
  • 複数のセッションで最後に開いたページを記憶する機能

インストール前の注意

  • CUDAは、コンピューティング機能3.0以上(Keplerアーキテクチャ以降)のNVIDIA GPUでのみサポートされます。
  • クリップオーディオエフェクトのオートメーションはサポートされません
  • オーディオクリップミキサーはサポートされません
  • AUプラグインは現在利用できません
  • オーディオ再生のサポート、ネストされた複合クリップおよびタイムラインのレンダリングは現在利用できません
  • 出力オーディオチャネルの割り当ては現在利用できません
  • DaVinci ACESのサポートが削除されました
  • 古いバージョンのACESのサポートが削除されました
  • レンダリングキャッシュは現在コラボレーションでは利用できません
  • ログインページとResolveユーザーのサポートは廃止されました
  • Linuxでのデュアルマシンサーバはサポートされません

その他の詳しい情報はBlackmagic Designサポートセンターをご覧ください。
Blackmagic Design サポートセンター

コメントを残す