DaVinci Resolve 15 編集 シャッフルとスワップ編集

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

シャッフルとスワップ編集

シャッフル編集(スワップ編集)を使用すると、選択したクリップをタイムライン上で左右に移動し、自動的に前後のクリップの場所を入れ替えて並べ替えできます。

クリップを並べ替える非常にシンプルで速い方法です。

 

タイムラインで隣接するクリップを入れ替えるには

入れ替えたいクリップを選択し、Ctrl/Command + Shiftを押したまま左右にドラッグします。クリップをドロップするまで周辺のクリップが左右に移動し、自動的にクリップが切り替わります。

 

隣接するクリップを入れ替える
選択ツールで、「C」のクリップを選択してCtrl/Command + Shiftを押したまま左右にドラッグします。

 

隣接するクリップを入れ替える
CとDが入れ替わります。

 

タイムラインで隣接するクリップを入れ替える
クリップの間に配置することもできます。入れ替えても全体はリップルしません。

 

複数の連続したクリップを選択すると、1つのブロックとして移動します。

オーディオとビデオの開始/終了点が異なるクリップも選択できますが、他のクリップの動作はドラッグの開始時にオーディオとビデオのどちらを選択しているかにより異なります。

ビデオ部分をドラッグすると、ビデオの長さに基づきすべてのクリップが再配置されます。リンクしたオーディオアイテムが重複する場合、上書きするかギャップを残します。

オーディオ部分をドラッグすると、オーディオの長さに基づきすべてのクリップが再配置されます。リンクしたビデオアイテムが重複する場合、上書きするかギャップを残します。

 

 

 

コメントを残す