DaVinci Resolve 15 編集 タイムラインクリップの継続時間の変更

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

タイムラインクリップの継続時間の変更

タイムラインのクリップの継続時間(デュレーション)の変更です。速度変更ではなく単純に継続時間を変更する場合の操作です。

 

タイムコードによるクリップの継続時間の変更

クリップの継続時間を数値で変更するには、クリップを右クリックして「クリップの長さを変更」を選択するか、メニューの「クリップ」>「クリップの長さを変更」(Ctrl/Command + D)を選択します。

 

クリップの長さを変更

 

隣り合うクリップを上書きする場合は「選択ツール」、リップルする場合は「トリムツール」を選択します。

「継続時間の編集」ダイアログで「タイムコード」フィールドに継続時間を入力し「変更」をクリックします。

 

継続時間の編集

 

ソースビューアで継続時間を変更する

タイムラインでクリップをダブルクリックすると、ソースビューアでクリップが開きます。

「選択ツール」でビューアのイン/アウト点をドラッグするか、IキーやOキーで再設定すると、上書き動作でクリップの継続時間を変更します。

「トリムツール」でビューアのイン/アウト点をドラッグするか、IキーやOキーでポイントを再設定すると、リップル動作でクリップの継続時間を変更します。

Shiftキーを押しながらイン点とアウト点をドラッグすると、クリップをスリップできます。

 

ソースビューアで継続時間を変更
タイムラインでリアルタイムに反映されます。

 

 

 

注:マッチフレームとタイムラインのダブルクリックでは動作が異なります。
 
マッチフレームはメディアプールのソースを見つけるのに対し、タイムラインのクリップをダブルクリックした場合は、タイムラインのクリップをそのままソースビューアで開き、ビューアの名前の後に「タイムライン名」が追加されます。
 
Alt/Optionキーを押しながらタイムラインのクリップをダブルクリックすると、マッチフレームと同じ動作になります。

 

コメントを残す