DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトのアーカイブと復元

DaVinci Resolve 15 システム設定

DaVinci Resolve プロジェクトのアーカイブと復元

プロジェクトで使用されているすべてのメディアファイルをプロジェクトファイルとともに一か所にまとめてアーカイブする機能があります。別のユーザーにプロジェクトを渡したり、短期/長期のアーカイブ用としてプロジェクトとメディアを一緒に保存する場合に使用します。プロジェクトのアーカイブは「プロジェクトマネージャ」で操作します。

プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。

DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー

 

プロジェクトをアーカイブする

プロジェクトマネージャを開き、アーカイブするプロジェクトを右クリックして「プロジェクトアーカイブを書き出し」を選択します。

 

プロジェクトアーカイブをエクスポート

 

「プロジェクトのアーカイブ」ウィンドウで保存する場所を選択します。プロジェクトが収まる容量のメディアを選択し「保存」をクリックします。オプションで「最適化メディア」「レンダーキャッシュ」を含むかどうかを選択出来ます。

 

「プロジェクトのアーカイブ」ウィンドウ

 

「最適化メディア」「レンダーキャッシュ」について詳しくはこちらをご覧ください。

DaVinci Resolve 最適化メディア

DaVinci Resolve レンダーキャッシュの操作

進行状況を示すダイアログが表示され、完了までの時間が表示されます。エラーが発生した場合はプロセスの最後に表示されます。

アーカイブは.dra拡張子の付くディレクトリとして書き出されます。フォルダの中にはプロジェクトで使用されるすべてのメディアを含むサブディレクトリがあり、元のパスと同じパスを維持して保存されます。

 

プロジェクトアーカイブを復元する

復元する.draアーカイブを作業に使用するボリュームにコピーします。アーカイブの復元ではメディアは移動しないため、高速なストレージに配置する必要があります。

プロジェクトマネージャを右クリックし「プロジェクトアーカイブを復元」を選択して.draアーカイブディレクトリを選択し「開く」をクリックします。

新しいプロジェクト名を入力して「OK」をクリックするとプロジェクトマネージャに復元され、メディアは.draアーカイブ内のメディアにリンクします。

復元後にメディアを移動する場合は「メディア管理」を使用します。

「メディア管理」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

DaVinci Resolve メディア管理

コメントを残す