DaVinci Resolve 15.2 ダイナミックプロジェクトスイッチング

DaVinci Resolve 15 システム設定

DaVinci Resolve ダイナミックプロジェクトスイッチング

「プロジェクトマネージャー」では、通常1つのプロジェクトを開き作業しますが「ダイナミックプロジェクトスイッチング」を使用すると、RAMに複数のプロジェクトを読み込むことができます。RAMの容量に依存しするため大きなプロジェクトを開く場合はパフォーマンスが低下する場合があります。「ダイナミックプロジェクトスイッチング」を使用すると、他のプロジェクトのメディアプールからクリップとタイムラインをコピーしたり、ノード設定を別のプロジェクトのノードにペーストすることができます。

「プロジェクトマネージャー」について詳しくはこちらをご覧ください。

DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー

 

 

ダイナミックプロジェクトスイッチングを有効にする

プロジェクトマネージャーを右クリックして、「ダイナミックプロジェクトスイッチング」を選択します。オン/オフはトグル動作です。

 

「ダイナミックプロジェクトスイッチング」
「ダイナミックプロジェクトスイッチング」のトグルがオンの状態

 

プロジェクトマネージャから他のプロジェクトを開くと、開かれたすべてのプロジェクトはRAMに保持されます。

 

プロジェクトを切り替える

「ファイル」>「プロジェクトを切り替え」メニューでプロジェクトを切り替えることができます。

 

ファイル>「プロジェクトを切り替え」

 

また、UIの上部中央にあるプロジェクト名のポップアップメニューからRAMに展開されている他のプロジェクトを選択することができます。

 

プロジェクト名のポップアップメニュー

 

プロジェクトを閉じる

「ファイル」>「プロジェクトを閉じる」で閉じるプロジェクトを選択します。プロジェクトを閉じる際に保存を求められる場合があります。

 

他のすべての開いているプロジェクトを閉じる

プロジェクトマネージャ内の任意の場所を右クリックし「メモリーのプロジェクトを閉じる」を選択すると、現在開かれているプロジェクト以外のメモリー上に展開されている他のプロジェクトを一度に閉じることができます。開かれているプロジェクトは左上隅にチェックマークが表示され、現在開かれているプロジェクトはオレンジ色のコーナーマークが付いています。

 

「プロジェクトマネージャー」について詳しくはこちらをご覧ください。

DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー

One thought on “DaVinci Resolve 15.2 ダイナミックプロジェクトスイッチング

コメントを残す