AVID Media Composer 2019 発表!

AVID MediaComposer 2019

AVID Media Composer 2019 発表

毎年恒例のAvid Customer Association(ACA)主催の AVID Connectで新しいMedia Composer 2019が発表。

これは単なるアップグレードではなく、ノンリニアビデオ編集の再スタートです。モダンなUIに変更され、初心者から経験豊富な編集者まで使いやすく再デザインされています。

 

新しいUIに再設計

現代的なアプリケーションのようにUIがパネル化。パネルの枠をドラッグしてリサイズし、パネルを好きな場所に移動できます。

 

AVID MediaComposer 2019

 

従来のようにフローティングウインドウとしても動作可能で、アプリケーションを終了しても位置を記憶。

編集、オーディオ、エフェクトなどをワークスペースで作業に必要なウインドウを1クリックで呼び出し、必要な機能だけを表示することができます。

 

新しいビンマップ

ビンのサムネイル表示にマップ機能が追加。マップをナビゲートして、どの部分を見ているかが分かります。

その他新しい明暗スキン、高DPIモニタのサポート、32色のパレットを使いクリップにラベル付けできる機能が追加されます。

 

次世代のAvid Media Engine

Media Composer 2019ではOP-1aラップメディアをネイティブでサポート。再ラッピングせずに、直接OP-1aを直接ビンやタイムラインに取り込みできます。OP-1aメディアを作成してトランスコードやミックスダウン、デリバーまで行うことが可能。

 

フィニッシングと配信のワークフロー

Media Composerは16Kまでの作業に対応。Media Composerを離れることなく高品質のコンテンツを作成や配信ができます。

外部アプリケーションとの連携のためにOpenEXRフォーマットのサポートを追加。

新しい32ビットフルフロートカラーパイプラインで高解像度のHDRフォーマットの作業に対応。

業界で初めて編集フィニッシング製品としてACESロゴ プログラムに正式に参加。ACES互換のカラーワークフローでプロジェクト全体で一貫した色精度を維持します。

Symphonyオプションを使いIMFパッケージを作成し、選択したOTTプロバイダーに直接配信できます。

Netflix ポストテクノロジーアライアンスにも新しく参加。

 

Media Composer | 分散処理

分散処理は新しくアドオンとして追加されます。

バックグラウンドレンダリングやトランスコードだけでなく、GPUやCPUを使うジョブをネットワーク上の他のマシンに投げる事が可能。

作業を中断せずプロジェクトに集中できます。ジョブが終わるとユーザーは通知を受け、すぐに新しい素材にリンク。

複数のマシンにタスクを分割し、効率を上げるために拡張可能。使用していないコンピュータやサーバーをレンダリングやトランスコーディングファームとして使用できます。

 

Media Composer | エンタープライズ

エンタープライズ版は企業向けの製品で大規模な制作チームのためのソリューションです。

様々なロール(役割)に応じてインターフェースやワークスペースをカスタマイズ可能。ユーザーは必要な機能のみにアクセスでき、チームの集中力を高めミスを少なくできます。

機能を限定する事でアプリケーションの習得コストを抑えることもできます。

さらに一段上のセキュリティ保護も装備。取り込みや書き出しの設定の変更などの誤操作を防ぎ、特定のメンバーのみしかアクセスできないように設定し、漏洩リスクを減らすことができます。

共同作業のためにEditing Management 2019と統合。クリエイティブチームとの同期が行えます。

AVID Media Composer 2019は5月末にリリース予定です。

 

現在購入できるMediaComposer

現在AVID Media ComposerはFreeで使用できるMedia Composer | First。

¥2,400/月のサブスクリプションか¥154,000の永久ライセンス版(1年のサポートプラン付き)で利用できるMedia Composer。

¥5,400/月のサブスクリプションで利用できるMediaComposer | Ultimate (PhraseFind、ScriptSync、Symphony Option、NewsCutterオプション付き)があります。

コアのMediaComposerアプリケーションは全て同じでFirst版はライセンスで機能がロックされています。

公式のBlogはこちら。(日本語)

Rock oNさんの現地リポートも見どころ満載!

こちらのマガジンで情報更新中!よかったらご購読ください。

 

 

コメントを残す