MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

【 Lion Server 】Mac OSX LionでNetInstallしてみる。

今回はNetInstallイメージを作成してみます。前回と同じくInstallESD.dmgをマウントし、システムイメージユーティリティでNetInstallイメージを選択します。作成をクリックし保存します。(前回記事【 Lion Server 】Mac OSX LionでNetBootを開始してみる。を参照)

 

サーバー管理のNetbootの設定→イメージNetInstallイメージの使用可能にチェックを入れます。同じエリア内(有線イーサネット環境)でネットワーク接続されている他のLion対応のApple製コンピュータを起動し、システム環境設定の起動ディスクからNetInstallイメージを選択し再起動します。言語を選択したい場合はFile > Change Languageを選択することで日本語環境でのインストールが可能になります。

 

 

最新のハードウェア(Macmini 2011やMacBookAir 2011)などは最新のハードウエアプロファイルが必要で、この方法でインストールできない可能性があります。(持ってないので試せませんが…)この場合、Lionリカバリーをご使用ください。

Lion Recoveryについて(Apple公式)

 

企業などでご使用の場合、Lionインストールに際しソフトウェアボリュームライセンスが必要になる場合があります。管理者はNetInstallを利用することで効率よく最新OSを各端末に配備することができるようになります。

Appleソフトウェアボリュームライセンス(Apple公式)

 

1 Comment

  1. @mseidou

    【 Lion Server 】Mac OSX LionでNetInstallしてみる。 https://t.co/om6XAFfJ75

コメントを残す