MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

Autodesk Flame 2017 「ONE FRAME OF WHITE」 再び!

NAB 2016で発表されたFlame 2017

2017バージョンでは、GPUが2枚あるとバックグラウンド リアクター(GPUによるバックグラウンドレンダリング)も使えるようです。Burnとは別に動作し、作業を止めることなくレンダリングすることができます。(Linuxワークステーションのみ)

Linux システムではProResに加え、Avid DNxHRも中間メディアとして使えるのでAVIDやResolveとの相性もバッチリ。
Flame 2017ではSmoke デスクトップサブスクリプション版のプロジェクトの読み込みも可能です!

伝説の「ONE FRAME OF WHITE」が再び帰ってきた!

1999年、Discreet Logic(現在のAutodesk)は「ONE FRAME OF WHITE」と呼ばれるコンテストを実施しました。課題は「Flameのツールを使い、素材として1枚の白いフレームのみ使用し素晴らしい映像を作り上げてください」と。

このコンテストは一度しか開催されず、伝説となりました。

2014年、NY Flame User Groupが「ONE FRAME OF WHITE」を復活させ、新世代のFlameアーティストに自分達をプッシュする機会を与えています。

「ONE FRAME OF WHITE」は一枚の白いフレームを基に様々な画を、Flame、Flare、Flame Assist、Smoke MacなどでバッチやBFXを使い作り上げていきます。今年はルールが大きく変わり、プロジェクト内にLOGIKマッチボックスシェーダだけでなく、SAPPHIRE SPARKSのすべてを使用することができます!

さらに!

Flame, Flame Premium, Lustre, FlareやFlame AssistのカレントのユーザーにはFlameかFlareの3ヶ月のテンポラリーライセンス(OSX版)を発行!今まで仕事でしか使用できなかったFlameやFlareがOFoWの期間中どこでも使用できるようになり、エントリーしやすくなっています。

One Frame of Whiteのサイトでは以前のエントリーのビデオクリップとセットアップがダウンロードできるようになっています。

One Frame of White 2016 ルール

■ 作業は完全にFlame、Flare、Flame Assist、Smoke Mac内で行う必要があります。2015バージョンかそれ以上のバージョンのFlame、Flare、 Flame AssistもしくはSmoke Macを使用することができ、Smoke Macの場合は2016もしくはそれ以上のサブスクリプションか、永久ライセンス版のSmoke Mac 2015でなければなりません。

■ 3Dオブジェクトを持ち込むことができますが、Flame/Flare/Flame Assistに標準でストックされている3Dモデルに限ります。

■ Sapphire Sparksを使用しても構いません。 GenArtsはコンテストに登録する人のためにSapphire Sparksの一時ライセンスを提供しています。

https://logik-matchbook.org/にあるLOGIK Matchboxシェーダーのいずれかを使用することができますが、コンテストのために特別にシェーダを書くことは許可されていません。https://logik-matchbook.org/を通して誰でも利用可能である必要があります。

■ 音楽および効果音の使用はオプションです。プロジェクトに音楽や効果音を使用することは構いませんが、サウンドトラックの有無は審査に影響ありません。

■ 完成品は、1つのバッチのセットアップ、または複数のBFXのクリップから成る1つのタイムラインに含まれている必要があります。すなわち、バッチのセットアップかタイムラインを開いてレンダリングボタンを押すと、完成品が出来上がるという意味です。

■ チームやグループでの応募でも構いません。もし賞を獲得した場合は、その賞品をグループでシェアする必要があります。(1エントリーごとに1商品)

Facebook Logik Groupのメンバーである必要があります。

賞品:

■ 1ST PLACE :HP提供
HP ZBOOK STUDIO ラップトップ

■ 2ND PLACE : NVIDIA 提供
NVIDIA QUADRO M4000 GPU

■ 3RD PLACE : ALT SYSTEMS 提供
3軸ジンバル 3DR Solo クアドコプターとGoPro Hero 3+

■ 4TH PLACE : Cinesys/Oceana 提供
12.1 iPad Pro, 128GB スペースグレイ

■ 5TH PLACE : WACOM 提供
INTUOS PRO ラージタブレット

■ 6TH PLACE :GenArts 提供
Sapphire V9 1ライセンス

コンテストは始まっています!
コンテストの応募締め切りは、2016年7月10日 PM 11:59:59 (EST)まで。

詳しくは「ONE FRAME OF WHITE」のサイトを御覧ください。
5/13 賞品がアップデートされました!なんとHP ZBOOK STUDIOラップトップやQUADRO M4000、Wacom INTUOS Proも追加!
英語がちょっと…という方は日本語のユーザーグループAutodesk Flame Smoke User Group JAPANで質問してみてください。

 

 

 

 

コメントを残す