MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

Autodesk 3D CG ソフトウェア 2014バージョンを発表

Autodeskのコーポレートロゴが変更になりサイトデザインが一新されています。

オートデスク株式会社

3D CG アニメーション制作ソフトウェアの2014バージョンが発表され、これらをパッケージにした「Autodesk® Entertainment Creation Suite 2014」が、2013年4月12日より出荷開始されます。

Autodesk Entertainment Creation Suite 2014 は構成内容の違いによりStandard、Premium、Ultimateのバージョンが存在します。

StandardはMaya、3ds Max、Softimageのいずれか+MotionBuilder+Mudbox+SketchBook Designer
PremiumはMayaもしくは3ds Max+Softimage+MotionBuilder+Mudbox+SketchBook Designer
UltimateはMaya+3ds Max+Softimage+MotionBuilder+Mudbox+SketchBook Designerの全部入りです。

単体ソフトウェアでも購入可能ですが、Suiteパッケージで柔軟なワークフローが構築できます。

Autodesk Maya 2014の新機能

3Dシーンに直接アニメーションをペイントできるグリースペンシル
メッシュのシンメトリのジョイントを自動的にセンタリング
モデリングワークフローの強化
ビューポート2.0 DirectX 11によるシェーダーのサポート
ペイントエフェクト サーフェースとボリュームの属性によりストロークの反応を制御
強化されたノードエディタ
キャッシュの改善
シーンアセンブリを使用して大規模なシーンをセットアップ
壊れたファイルパスを迅速に修復できるファイルパスエディター
など。

Autodesk Maya 2014 Help(英語)

Autodesk 3ds Max 2014の新機能

ベクターマップのサポート
群衆アニメーション
拡張されたパーティクルフローシステム
ビューポートのパフォーマンスの改善
DirectX 11 によるビューポートレンダリング
パースペクティブマッチ
カメラポジションに影響しない2Dパンとズーム
など。

Autodesk 3ds Max 2014 Help(英語)

Autodesk Softimage 2014の新機能

カメラシーケンサ
CrowdFX (群衆シミュレーション)、ICE FXの強化
ハイクオリティービューポートの強化
FBXサポートの拡張
など。

Autodesk Softimage 2014 Help(英語)

Autodesk Motionbuilder 2014の新機能

ものさしツールを使用し距離を測定可能
プロパティとチャンネルのロックとミュート
フレキシブルなモーションキャプチャワークフロー
など。

Autodesk MotionBuilder 2014 Help(英語)

Autodesk Mudbox 2014の新機能

メッシュ リダクションやリメッシュツール
新しい曲線ツール
メッシュエラーオプションで問題のあるメッシュ上の領域を強調表示
様々なマルチタッチ入力デバイスでのマルチタッチのサポート
インターフェイスのハイライト表示
既存メッシュから選択したフェースを複製
ペイントレイヤーの改善
8Kテクスチャマップの作成
インクリメントセーブオプション
など。

Autodesk Mudbox 2014 Help(英語)

プレスリリース:オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョン2014を4月12日より出荷開始

1 Comment

  1. @pwrhld33

    Autodesk 3D CG ソフトウェア 2014バージョンを発表 http://t.co/ILjolNlZ0j @ishicawから
    おはようございます。
    こちら拝見させて頂きました。(*^^* )

コメントを残す