【FCP X】日本語環境でUSキーボードを使う

FCPXのコマンドセットをデフォルトで使用していると、立ち上げた時の言語設定を読み込み自動的にキーリマップをします。日本語環境で日本語キーボードを使用している場合には気になりませんが、USキーボードを使用している場合、割り当てられないキーが発生します。(Command+=でズームなど)

入力ソースにUSを追加

ことえりメニューから「”言語とテキスト”環境設定を開く」を選択します。
 
”言語とテキスト”環境設定を開く
 
入力ソースからU.S.を選択し追加します。
 
U.S.を選択し追加
 
入力ソースがU.S.の状態になっているのを確認し、FCPXを起動します。

コマンドセットの複製

メニューのFinalCutPro>コマンド>カスタマイズを選択します。
(注意:FCPX起動後に入力ソースを変更してしまうと、日本語キーボードにキーリマップされてしまう場合があります。)
左上のプルダウンメニューからデフォルトを複製し、名前を付けて保存します。(US Keyなど)
 
プルダウンメニューからデフォルトを複製し、名前を付けて保存
 
このコマンドセットを使用することで、日本語環境にかえてもキーリマップが変化しなくなります。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です