PR

ASSIMILATE SCRATCH Play Proリリース

SCRATCHPlayPro 映像制作
icon icon

ASSIMILATE SCRATCH Play Proリリース

SCRATCH Playを元に新しく再設計され大幅にアップデートされました。

ASSIMILATE社 SCRATCH Play Proは16種類のカメラ専用フォーマットに対応した、低いハードウェア要件でも動作するプレーヤー/トランスコーダです。

WindowsやMacで動作し、Oculus Rift、HTC ViveなどのHMDのサポートを含むとともに、ルックメタデータマネージメントやデュアルスクリーン/ SDI出力、ProRes(OS XとWindowsの両方)と最大8KのH264、12ビットH.265のレンダリングをサポートしています。

ASSIMILATE社 SCRATCH Play Pro

サポートされる機能と形式は以下の通りです。

ソースメディアフォーマット

  • 非圧縮メディア:DPX、TIFF、TGA、SGI(テープ、またはスキャンされたデジタルソース)
  •  OpenEXR非圧縮16/32ビットフォーマット
  • その他の画像シーケンスフォーマット:JPEG、JPEG2000、BMP、PNG

カメラフォーマット

  • Sony F65RAW / F55RAW / F5RAW、XAVC 4K、X-OCN、SONY SRFile(SStP)MXF
  • Canon C200 / C500 / C700 RAW(RMF&CRM)、C100 / C300 / C500 MPEG2、XF-AVC MXF、EOS 1D / 5D / 7D
  • Panasonic AVC-Intra MXF、Varicam V-RAW
  • RED REDCODE RAW(R3D)Weapon、Helium、Monstro、Gemini 8K を含む
  • ARRIRAW(ARIおよびMXF)
  • DNxHD / HRおよびProRes
  • Phantom Flex 4K .cine RAW
  • Cineform RAW
  • CODEX RAW
  • AVCHD(MTS&M2TS)
  • Kinefinity Raw(DNG&KRW)
  • Cinema DNG(Blackmagic、AJA、AATON、Bolex、Kinefinity、Ikonoskop、Panasonic、Pentax、DJIを含む)
  • DSLR Rawフォトフォーマット
  • H.264(MP4、MOV&MXF、最大10ビット4:2:2)
  • H.265 / HEVC(最大12ビット)

 エンコード形式

  • Apple ProRes(ProRes 4444XQ、ProRes 4444、ProRes 422 HQ、Proxy、LT)
  • H.264(MP4、MOVおよび8ビットおよび10ビットのrawエッセンスストリーム)
  • H.265 / HEVC(MP4、MOVおよびrawエッセンスストリームを12ビットまで)

グレードとルックス

  • 基本的なCDLグレーディング
  • 1Dおよび3D LUTのインポート(.lut、.xml、.txt、.3dl、.cube)
  • CDL(.cdl、.cc)、CTL(.ctl)
  • 1Dおよび3D LUTの書き出し
  • CDLを別ファイルとしてエクスポートするか、ALEに含む
  • クリップのバージョン管理

レビューと品質管理 QC

  • ベクタースコープ
  • ヒストグラム
  • カーブ
  • ウェーブフォーム
  • 注釈:ショットごとに複数のカラーノート
  • メタデータ管理:追加/更新を含む
  • HDR    HLG、PQ、HDR10をサポート
  • HDR  – マスタリングレポートを生成 Max FALL / CLL

プレイヤー

  • シングルビュー、デュアルビュー、スプリットビュー、A-Bビュー
  • SDI出力(Blackmagic、AJA、Bluefish444)
  • レンジビュー、チャンネルセレクタ
  • 360/180度 エクイレクタングラーの再生
  • VRヘッドセットのサポート
  • オーディオモニタリングとルーティング

出力

  • レンダリング:Apple ProRes、h.264(最大8K)、h.265
  • パブリッシュ:SCRATCH Web / YouTube / Facebook
  • レポートジェネレータ、ALEメタデータエクスポート
  • SCRATHにグレードを含むタイムラインをエクスポート

VR

  • 3D180 / 360度サポート
  • HMDのサポート(Oculus Rift、HTC Vive、すべてのSteam VRベースのヘッドセット)
  • アンビソニックオーディオのサポート
  • FB / YouTube 180/360への公開

 

月額のサブスクリプションで$19.00、1年間のレンタルで$199.00になります。現在、フリートライアルがリクエストできます。

 

レビュー:

プレビューと基本的なCDLグレーディングの機能しかありませんが、さすがSCRATCH。低いハードウェア要件でもプレイしながらCDLパラメータを操作できます。(注:バージョニングの機能はありますが、エフェクトや編集機能はありません)

SDIなどの外部入力はありませんが、LUTのインポートやエクスポート、SDI出力には対応しているのでファイルベースのファーストルックの作成や、フルのSCRATHと絡めて簡単なデイリーレポートの作成などには1つの選択肢になるかもしれません。

また、WindowsでもApple ProResが書き出せることからトランスコーダとしての機能は十分にあります。

 

Document Moved

コメント

タイトルとURLをコピーしました