DaVinci Resolve 15 – プロジェクトの 自動バックアップ と 復元

プロジェクトの自動バックアップと復元

立ち上がらなくなったプロジェクトはありませんか?

DaVinci Resolve 15は現在ベータ版のため、プロジェクトが起動不能になる場合もあります。そのため、ライブ保存とプロジェクトの自動バックアップを有効にすることで、正常に動作していた状態までロールバックすることができます。

オートセーブを使用することで予期せぬ問題が発生した場合の作業の損失を防ぐことができるため、自動保存を使用することを強くお勧めします。

DaVinci Resolve 15 では自動保存とバックアップの選択肢が増えました。

環境設定>ユーザー>プロジェクトの保存と読み込み(Project Save and Load)で設定できます。

 

プロジェクトの保存と読み込み(Project Save and Load)

 

ライブ保存:

以前のバージョンでは、ライブ保存にチェックを入れているとセーブに時間がかかるため外していた方も多いと思います。DaVinci Resolve 15ではデータベースが改善され、短時間で自動保存のプロセスが終了します。

ライブ保存にチェックを入れると、ほとんど「保存」を気にする必要がなくなり、Ctrl(Command)+Sの呪縛から解放されます。

また、何か変更を行いプロジェクトがセーブされていない場合には、画面センター上のプロジェクト名のところに「変更が保存されていません」というメッセージが表示されます。

 

「変更が保存されていません」というメッセージ

 

 

プロジェクトバックアップ:

「プロジェクトバックアップ(Project Backups)」のチェックボックスをオンにすると、プロジェクトファイルを一定の間隔で自動的に保存できます。

 

「プロジェクトバックアップ(Project Backups)」

 

「Perform backups every X minutes」は何分間ごとにバックアップするかの設定です。
デフォルトでは10分ごとに新しいバックアップを保存します。この場合1時間で6回バックアップされ、順次古いものから破棄されていきます。

「Hourly backups for the past X hours」は過去何時間分バックアップを保持するかの設定です。
1時間ごとのバックアップが(X時間)分保持されます。 分ごとのバックアップ同じように古い順から破棄されます。

「Dayly Backups for the past X day」は過去何日分バックアップを保持するかの設定です。
(X日)分のバックアップが保持されます。これも古い順から破棄されます。

「Project backup location」はバックアップが保存される場所です。
デフォルトでは、スクラッチディスクの “ProjectBackup”ディレクトリに保存されます。

 

プロジェクトの復元:

プロジェクトが起動しなくても、プロジェクトを削除しないでください。もしかしたらバックアップから復元できるかもしれません。(アーカイブと異なり、プロジェクトのバックアップからの復元は元のプロジェクトが必要です)

プロジェクトブラウザで、バックアップから復元したい(起動しない)プロジェクトを右クリックし、Project Backupsを選択します。

 

Project Backupsを選択

 

自動バックアップから復元したいプロジェクトを選択し。「ロード」をクリックします。

 

「ロード」をクリックします。

 

撮影助手→ポストプロダクションスタジオを経て、2000年からフリーランス。CM、PV、TVグラフィックなどAutodesk Flame Smokeによる映像合成編集。合成作業、特殊効果など撮影技術に関してのサポート、システム構築に関するアドバイスなども行っています。以前の作品はこちら

ご依頼、ご質問などございましたらお問い合わせフォームまで。

コメントを残す