ファイルベースのインサート編集ツール CineXtools

cinextools

cineXtoolsCinedeck社の開発したファイルベースのインサート編集ツールです。

一昔前のテープベースの編集では、完成したフォーマットに修正が生じた場合、全てを書き換えるのではなく修正部分のみを書き戻すインサート編集が主流でした。

概ねPCベースのファイルシステムでは一部分だけを差し替える事が難しく、最初からムービーファイルをエクスポートし直す必要があり、時間と労力がかかります。

AVID Media Composerの最新バージョン(2018.7)ではアプリケーションで作成されたMXF OP1a メディア (DNxHD、DNxHR、XDCAM、AVC-I、XAVC-Iなど)の特定のプロジェクトフォーマットに対し、Avid Media Processorプラグインを使ってインサート編集ができますが、cineXtoolsではアプリケーションを問わず、書き出したメディアに対してインサート編集ができます。

 

AVID Media Composer 2018.7の新機能

 

cineXtoolsの機能

cineXtoolsは使い慣れたプレーヤーレコーダーインターフェースを持つスタンドアローンアプリケーションで、簡単にイン点、アウト点を打ちインサート編集を実行できます。(ソフトウェアはPC用とMac用があります。)

最新のソフトウェアバージョンでは、短期間の料金プランが利用できるようになりました。

 

1日、1週間または1ヶ月間単位の価格オプション

 

1日、1週間または1ヶ月間単位の価格オプションが提供され、パッケージには、クローズドキャプションエディタ、ProRes + CC AMAエクスポータ、AS11-DPPエディタなど最新のcineXtools機能のすべて装備されています。

cineXtoolsには以下の機能が含まれます

  • ProRes、DNxHD、DNxHR、XDCAM、AVC-I、XAVC、IMXのインサート編集
  • クローズドキャプションモジュール
  • AS11-DPPメタデータエディタ
  • ProRes + CC AMA エクスポート プラグイン
  • オーディオバージョン管理ツール
  • トリム&延長ツール
  • タイムコードリストライプツール
  • 4K / UHD対応

注:ライセンスにはiLock(USB)を使用します。

ProRes Padワークフロープラグイン

ProResは可変ビットレート (VBR) のコーデックテクノロジーです。

これをインサート編集を可能にするために、挿入可能な(Padded)固定ビットレート(CBR)にリラッピングするためのツールが無償で提供されています。(PCまたはMACバージョン)

ProRes Padワークフローリラップユーティリティ

 

ProRes Padワークフローリラップユーティリティ
ウォッチフォルダー形式でファイルが登録されます。

 

また、アプリケーションから挿入可能なProRes形式で書き出すAdobeとAvid用のプラグインも無償で提供されています。(MACバージョン)

ProRes Padワークフロープラグイン

注:WindowsでProResの書き出しは各アプリケーションのライセンスの関係上できません。

以下のソフトウエアでも挿入可能なProResをエクスポートできます。

  • Autodesk Flame and Smoke – 2018 以降
  • Davinci Resolve – v.14 以降
  • FilmLight Baselight v.5 以降

 

cineXtools BASIC

機能限定ながら、上記のプラグインを使いAvid Media ComposerAdobe Premiereから書き出したファイルや、共同開発されたDavinci Resolve、Autodesk Flame、Lustre、Flare、Flame Assist、FilmLight Baselightアプリケーションのエクスポートプロファイルを使用し、書き出したファイルのインサート編集を行うことができます。

このツールも無償で提供されています。

 

cineXtools BASIC

 

サポートされている機能は以下の通りです。

  • コーデック:
    – Apple ProRes(プロキシ、LT、SQ、HQ)
    – Avid DNxHD(すべてのYUV8とYUV10の品質)
  • ラッパー:MOV、MXF
  • プラットフォーム:Mac OS XおよびPC
  • 解像度:SD、HD、2K
  • フレームレート:60Pまでの標準フレームレート
  • 色空間:最大YUV10
  • オーディオ:最大2チャンネル
  • その他の機能:タイムコード リストライプ

音声が2チャンネル、解像度や品質の制限が問題なければ十分な機能があります。ただし、カラースペースがYUVのみなので注意が必要です。

タイムコード リストライプは既存のファイルのタイムコードを変更することができます。タイムコードエディタを使用すると、ロードされたファイルのタイムコードを変更するだけでなく、ドロップフレームとノンドロップフレーム間でファイルのタイムコードを切り替えることもできます。

 

タイムコード リストライプ

 

cineXtoolsは非破壊ではなく、元のフラットビデオとオーディオエッセンスの一部が実際に置き換えられます。

 

cineXtools.com

コメントを残す