MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

オートデスク,フィニッシング ソフトウェアの 最新版を発表

オートデスクにてフィニッシング ソフトウェア ラインナップの 最新版が発表されました。

Autodesk® Flame® 2011(オートデスク フレーム 2011 )、Autodesk® Inferno® 2011(オートデスク インフェルノ 2011 ) 、Autodesk® Flare® 2011(オートデスク フレア 2011 )、Autodesk® Flint® 2011(オートデスク フリント 2011 )、Autodesk® Smoke® 2011(オートデスク スモーク 2011 )、Autodesk® Smoke® 2011 For Mac OS X(オートデスク スモーク 2011 フォー マック オーエス テン)、Autodesk® Lustre® 2011(オートデスク ラスター 2011 )の2011バージョンで、

今回はそれぞれ3D映像制作(ステレオスコピック)のワークフローが強化されています。

製品特徴

  • Action内での3D カメラリグとオブジェクトサポート
  • Batch内での合成作業をLRのステレオ画面を同時に進行可能な 3D カメラリグとオブジェクトサポート
  • 3D映像制作用の複数のモニタープレビューモード

 

エフェクト製品 (Inferno、Flame、Flint、Flare)

  • GPUベースの新しいピクセルシェーダー レンダリング パイプラインによりレンダリング結果の質が向上し、最新のテクスチャ マッピングとライティングエフェクトへの対応をしています。
  • 100 以上のリアルなテクスチャを搭載したサブスタンス プロシージャル テクスチャ ライブラリが、3D オブジェクト、テキスト、サーフェスに対応
  • RED RAW メディアとH.264 QuickTime® をネイティブサポート

 

エディット製品 (Smoke、Smoke for MacosX)

  • 新しいステレオスコピック用のエディティング、ビューイング、コンポジティングツール
  • Final Cut Pro® や Avid®の出力する XM L や AAF 形式のファイルをドラッグ・アンド・ドロップでコンフォーム可能
  • RED RAW メディアとH.264 QuickTime® をネイティブサポート

 

カラーグレーディング製品 (Luster)

  • OpenEXR メディアファイルのグレーディングに対応
  • RED ワークフローの改良: Mac Wiretap Gateway を通じて RED Rocket™ をサポート
  • メタデータグレーディングのオープンマネジメント

 

コメントを残す