MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

NAB 2012: BlackMagic Design 新製品情報

Micro Videohub, Smart Videohub と Compact Videohubが新価格に

 
Micro VideohubはUS$1,495 (?\128,800), Smart VideohubはUS$1,995 (?\171,800)Compact Videohubは US$3,995. (?\344,800)に値下げされます。

Blackmagic Design: View Press Release
 

新しい低価格のヘビー デューティー モデルの Mini Converter

 
ブラックマジックデザインは全てのヘビーデューティーモデルのミニコンバーターを新しく低価格で発売すると発表しました。 Mini Converter Heavy Duty SDI to Analog, Mini Converter Heavy Duty Analog to SDI, Mini Converter Heavy Duty SDI to HDMI and Mini Converter Heavy Duty HDMI to SDI はそれぞれ US$345に値下げされます。
 
ヘビーデューティモデル?ミニコンバーターの詳細
 
SDI to Analog:SDIからS-ビデオまたはアナログコンポジット/コンポーネントへ変換やHDダウンコンバーターに加えて、アナログまたはAES / EBUオーディオディエンベディングにSD / HD自動切り替え、リダンダントSDI入力が含まれています。

Analog to SDI:S-ビデオまたはコンポジット/コンポーネントをSDIに変換します。 SD / HD自動切り替え、リダンダントSDI出力に加えて、アナログまたはAES / EBUオーディオ埋め込みが含まれています。

SDI to HDMI:SDIからHDMIに変換します。 SD / HD自動切り替え、リダンダントSDI入力に加えて、アナログまたはAES / EBUオーディオのディエンベディングが含まれています。

HDMI to SDI:HDMIをSDIに変換します。 SD / HD自動切り替え、リダンダントSDI出力、HDダウンコンバーターに加えて、アナログまたはAES / EBUオーディオ埋め込みが含まれています。
 

Blackmagic Design: View Press Release

ATEM 2 M/E プロダクション スイッチャー オーディオミキサー ソフトウェア

 
ATEM2 M/ Eプロダクションスイッチャーへの完全なオーディオミキシング機能を追加する新しいソフトウェアメジャーアップデートを発表しました。オーディオミキサーソフトウェアはSDIとHDMI入力からのエンベデッドされた音声に加えて、メディアプレーヤ、外部オーディオ入力からオーディオをミックスすることができます。この新しいソフトウェアのアップデートは4月末までに利用できるようになり、既存のATEM2 M/ Eのユーザーには無償で提供されます。

ATEMオーディオミキサーの主な特長
ATEM 2 M / Eプロダクションスイッチャーに内蔵されたオーディオミキサー’
各ビデオ入力、メディアプレーヤー、外部オーディオ入力からのオーディオのレベルとバランスを制御。
オーディオフォロービデオ(AFV)で入力が変更されたときにオーディオをクロスフェードすることができます。
オーディオ入力をダイレクトミックスで恒久的にプログラム出力に混入することができます。
オーディオのミキシングは、ATEMコントロールパネルソフトウェア内の “オーディオ”タブからアクセスできます。

ATEMオーディオミキサーソフトウェアは、Blackmagic Designのウェブサイトから今月末に無料でダウンロードできるようになります。

Blackmagic Design: View Press Release

Desktop Video 9.5 Adobe CS6 および Windows WDM ドライバー のサポート

 
Desktop Video 9.5ソフトウェアアップデートでは DeckLink、UltraStudio、Intensityといったキャプチャー、プレイバック製品で、間もなく登場するAdobe® Premiere® Pro CS6のサポートがMac OS X とWindows 7の両方で追加されます。 Desktop Video 9.5 for Windows 7 では新しいWDMドライバが含まれています。

さまざまなビデオフォーマットやコーデックにより多くのリアルタイムエフェクトを提供する、Adobe Premiere Pro CS6のためにデザインされたプラグインであるAdobe Mercury Transmitのサポートが含まれます。またデスクトップビデオ9.5はDVD、Blu-rayディスクオーサリング時にハードウェアビデオ出力としてAdobe Encore CS6をサポートしています。

Windows 7のデスクトップビデオ9.5は、Windowsベースの様々なビデオアプリケーションでサポートしているWDMドライバが含まれています。 CyberLink PowerDirectorやCorel VideoStudio X5、Nero Video 11、Magix Movie Edit Pro、VLC、AMCap、ArcSoft ShowBizなど多くのアプリケーションで直接操作することが可能になります。
 

 
Desktop Video 9.5はBlackmagic Designのウェブサイトから無料でダウンロードできます。

Blackmagic Design: View Press Release

ユニバーサル ビデオハブ エディティング インターフェース Thunderbolt

 
3 Gb/s SDIおよびオプチカル ファイバー ルーター、ユニバーサル ビデオハブのためのキャプチャープレイバック可能なThunderboltインターフェースを発表しました。4つの高速なThunderboltポートと4つの同期信号入力を持ったインターフェースでユニバーサル ビデオハブにプラグインすることが出来ます。サンダーボルト対応のデバイスはユニバーサル ビデオハブ エディティング インターフェースを使用して、すべてのルータの入力と出力に接続することができ、キャプチャおよび再生ハードウェアの必要がなくなります。Blackmagic Media Expressソフトウェアが含まれています。

米国で$1,195ドルで2012年Q3に販売される予定です。

Blackmagic Design: View Press Release

新しい3Gb/s SDIのスーパータフバッテリーコンバータを発表

 
堅牢なアルミニウム デザインの再充電可能なバッテリーを搭載した スーパー タフ バッテリーコンバータを発表しました。放送品質の変換のための最新の3Gb / s SDIテクノロジーを搭載し、SDI to HDMI バッテリーコンバータと HDMI to SDI バッテリーコンバータ2つのモデルが用意されます。バッテリー駆動で2時間動作します。

バッテリーコンバータの主な特長
リチウムポリマー電池を内蔵
オペレーション2時間
使用中に12V電源から再充電可能。
LEDインジケータで残りのバッテリ寿命を表示
アルミシャーシ
凹みにより接続端子を保護
レーザーエッチングされたラベルとノンスリップゴム足
3 Gb/s SDI のSD、HDオートスイッチング
1080psF含む1080p60までのすべての一般的なビデオフォーマットをサポート
8エンベデッドSDIのチャネ ルおよびHDMIのデジタルオーディオ。
SDIループスルーとデュアルSDI出力
WindowsまたはMac OS XコンピュータからUSB 2.0経由でソフトウェアのアップデート
国際的な12V電源アダプタが付属しています。

Blackmagic Design: View Press Release

UltraStudio Express Thunderboltを発表

 
高速なサンダーボルトとの3Gb/s SDI、HDMI、アナログ接続を備えた新しいキャプチャおよび再生ソリューションUltraStudio Expressを発表しました。コンパクトなデザインのUltraStudio ExpressはThunderbolt接続から電源供給されコンピュータのバッテリーまたは電源から動作させることができます。
UltraStudio Expressは最大1080p60の一般的なSD/HDフォーマットをサポートしています。

UltraStudio Expressの主な特長

Thunderboltpoポートでのキャプチャーと再生
内蔵された3 Gb/s SDI と HDMI接続およびブレークアウトケーブルによるアナログ接続
プロフェッショナルブレークアウトケーブル:アナログコンポーネント、S-ビデオ、コンポジット、AES / EBUデジタルオーディオ、XLRアナログオーディオ、ブラックバースト/ 3値シンクのリファレンス入力、RS-422デッキコントロール。
コンシュマーブレークアウトケーブル:アナログコンポーネント、AES / EBU出力とRCAコネクタを備えたアナログオーディオ。 1080p60までのすべての一般的なSD / HDビデオ?フォーマットをサポートしています。
10-bit 4:2:2 YUVクオリティーの非圧縮と圧縮フォーマット: Final Cut Pro X, Adobe Premiere Pro CS6, Avid Media Composer 6, Adobe After Effects CS6, Adobe Photoshop CS6などがサポートされます。.
Blackmagic Media Express 3を同梱
開発者 SDKはフリーでダウンロード可能。

米国で$495ドルで2012年Q2前半に販売される予定です。

Blackmagic Design: View Press Release

4K再生可能な新しいHyperDeck Studio Proを発表

4チャンネルの 3 Gb/s SDI 入出力と高速なThunderbolt I/Oを持った新しいモデルのSSDレコーダー、HyperDeck Studio Proを発表しました。 フルHDMIとアナログ入出力やオーディオとタイムコードのためのスタンダードなXLRコネクターも装備します。通常のHD 1080の4倍の解像度でApple ProRes圧縮を使用し単一のSSDディスクからのフル4Kを再生することが可能です。ファンクションボタンを備えた美しいユーザーフレンドリーなVTRスタイルのデザイン、ジョグとシャトルのジョグホイールに加えて、外部RS-422制御を備えています。非圧縮10ビットの非圧縮QuickTimeファイルやDNxHD、ProRes圧縮を選択することが出来ます。新しいサンダーボルトポートは、キャプチャと再生に使用でき、同梱のBlackmagic DesignのUltraScopeソフトウェアで直接波形モニタとスコープをサンダーボルト接続により使用することができます!

HyperDeck Studio Proの主な特徴

非圧縮10ビット、DNxHD、ProResクオリティーのSSDキャプチャと再生。
非圧縮、DNxHD、ProResQuickTimeフォーマットおよびDNxHD MXFファイル用のをサポート
デュアルスロットで片方のディスクが一杯になったときに次のディスクに記録されます。
4チャンネルの3 Gb / s SDI入力と出力。 HDの4倍の解像度で4K再生ができます。
HDMI入出力。
アナログコンポーネント、コンポジット入出力。
XLR接続のアナログオーディオ、およびハイファイRCAオーディオ入力を装備しています。
標準XLRコネクタのタイムコードの入出力。
高速なサンダーボルトI / Oが内蔵されているコンピュータでのキャプチャと再生。
USB接続でのソフトウェアのアップデートや設定。
RS-422デッキコントロール。
トランスポート?コントロールや設定変更のためのイーサネット。
1ラックユニットサイズで110/240Vの電源が組み込まれています。
SSDに記録されたファイルとサンダーボルトI / Oによる接続は、Final Cut Pro XやPremiere Pro、After Effects、DaVinci Resolveなどで完全な互換性があります。
サンダーボルトポートを使用して表示するリアルタイムのUltraScopeソフトウェアが含まれています。

米国で$1,995で2012年7月に販売される予定です。

Blackmagic Design: View Press Release

HyperDeck StudioでProRes 422 (HQ) が記録再生可能

Apple ProRes 422(HQ)のサポートが追加されたHyperDeckソフトウェアアップデート3.0を発表しました。ProRes 422(HQ)の実装で10ビット4:2:2品質のフルフレームを維持しながら非圧縮HDの6倍以上記録することができ大幅にファイルのサイズを減らすことができます。

HyperDeck Studioの主な特徴
Apple ProRes 422(HQ)Avid DNxHDのMXFまたは10ビット非圧縮のQuickTimeフォーマットでの記録再生。
一般に入手できるソリッドステートディスク(SSD)で’低コストに運用可能
デュアルSSDスロットを装備し交換することで無制限の記録時間
SDIループスルーとモニタリング出力を含む3 Gb / sのSDIとHDMI入力と出力。
ジョグ/シャトルホイールとRS-422コントロールなど、使い慣れた放送用デッキVTRのデザインや機能。
高解像度の液晶画面にタイムコードとトランスポート情報に加え、記録再生時に現在のクリップのフルカラープレビューを表示します。
1ラックユニットの設計で貴重なラックスペースを節約。

HyperDeckソフトウェア?アップデート3.0は、サイトから無料でダウンロードできます。

Blackmagic Design: View Press Release

新しい Teranex 2D と Teranex 3D プロセッサ

高性能のサンダーボルトI / Oでのキャプチャおよび再生機能を備えたハイエンドの放送規格変換プロセッサの新ファミリーTeranex 2D と Teranex 3D プロセッサを発表しました。

Teranex 2D プロセッサモデルはシングルプロセッサーモデルで 4:2:2品質の単一チャンネルですべて変換し、Teranex 3Dプロセッサモデルはデュアルプロセッサーでフル解像度の3D処理を4:4:4品質を扱うことができます。それぞれのモデルは3 Gb/s SDI, HDMIとアナログビデオの入出力と独立した8チャンネルのAES / EBU、4チャンネルのアナログオーディオを持ち電源を内蔵した1ラックユニットです。Teranex 3Dモデルは、デュアルリンク3Gb / s SDIの入出力のための特別なSDI端子と冗長化電源装置が内蔵されています。

これらの新しいモデルは同一に、ダウンコンバージョン、コンバージョンを含めて、SD / HDクロスコンバージョン、HD / SDスタンダードコンバージョン、ケイデンス検出と削除、ノイズリダクション、スケーリング調節、 アスペクト比変換、 スマートアスペクト、 タイムコードの変換 、字幕変換、16チャンネルのオーディオ、テスト信号等、非常に高品質の処理を備えています。3Dプロセッサモデルは、これらのほか、3Dカメラの位置を合わせ、3Dデュアルストリームの規格変換、3Dフォーマットの変換と信じられないほどリアルな3Dシミュレーションが含まれています。

最新のサンダーボルトの技術で完全なキャプチャと再生がサポートされます。両モデルともに先進的なキャプチャおよび再生ソリューションとして動作することで、同社のMultibridge製品から置き換えられることを意味します。変換とキャプチャ、再生を単一の製品を得ることができます。それに加え波形モニタリングおよびエラー?ロギングのためのUltraScopeソフトウェアが含まれます。UltraStudioシリーズ製品と同じようにキャプチャと再生にTeranexプロセッサを使用することができ、高速なサンダーボルト接続の利点を活かすことができます。Teranex 3Dプロセッサでは、サンダーボルトを介してデュアルストリームのキャプチャと再生をサポートしています。Blackmagic DesignのMedia Expressキャプチャ/再生ソフトウェアが含まれます。

Teranex 3Dプロセッサは米国小売希望価格で$3,995で2012年7月から
Teranex 2Dプロセッサは米国小売希望価格で$1,995 で2012年6月から 販売される予定です。

Blackmagic Design: View Press Release

DaVinci Resolve 9 発表

Blackmagic Designはユーザーインターフェイスを完全にオーバーホールした新しいDaVinci Resolve 9のメジャーソフトウェアアップデートを発表しました。 DaVinci Resolveは9はBlackmagic DesignのDaVinciユーザーに無償アップデートされ、7月に利用できるようになります。

新しいユーザー?インターフェースは、高速に作業を行えるように不要なクリックや設定を排除するようにデザインされています。ジョブは3回のクリックで実行することができます。1つめはログイン、次にメディアをプロジェクトにドロップし、グレードするだけです。

新しいユーザーインターフェイスの改良には、新しく合理化されたプロジェクトのインポート、エクスポート、および選択のワークフロー、ショットの選択をスピードアップするスクラブ可能なメディアのサムネイル、ショットノートを入力するためのメタデータフィールド、大きなカラーコントロールパレットなどグレーディングツールへの高速アクセスを提供するものが含まれています。パワーウィンドウ、キー、サイジング、トラッキングとスタビライゼーション、カメラRAWおよびデータバーンインの新しいグラフィカルパレットがあり、ギャラリーには、ユーザの名前が表示されたリサイズ可能な静止画のアルバムと、高速なグレードのための48の “プリビルト?ルックス”が含まれます。

DaVinci Resolveは9は以前のバージョンのすべての強力な機能を維持しながら、真の現代的なマルチプラットフォームツールになっています。

DaVinci Resolve 9の新機能には、それぞれのコレクタノードでの”ログ?グレーディング”、ソースクリップとQuicktimeとMXFでレンダーされた16トラックまでのオーディオをサポート、オートマチック “オーディオシンク ”、デイリーのためのクリップデータの焼き付けとバッチレンダリングに加え、高速で自動的なステレオ3Dイメージのアライメントツールと新しいステレオスコピック3Dフローティングウインドウ、3Dモニタリングオプションが追加されています。

DaVinci Resolve 9は米国小売希望価格で$995で2012年7月から販売され、
DaVinci Resolve ユーザーは無償でダウンロードしアップデートすることが出来ます。
DaVinci ResolveはLiteは無償で使用することが出来ます。

Blackmagic Design: View Press Release

Blackmagic Cinema Camera発表

2.5kセンサーで13ストップのダイナミックレンジを持つ内蔵のリムーバブルSSDで収録可能なデジタルシネマカメラを発表しました。 CinemaDNG RAW、ProRes、DNxHD等のオープンファイルフォーマットをサポートし、フルバージョンのDaVinci Resolve(USBドングル)が付属します。また、ビルトインされた静電容量式タッチスクリーンのLCDでメタデータの直接入力が可能です。 Thunderbolt接続でメディア エクスプレス ソフトウェアを介して直接カメラのキャプチャが可能で、同梱のBlackmagic UltraScopeはソフトウェアでThunderboltでのライブ波形モニタをサポートします。

Blackmagic Designのシネマカメラの主な特長

2.5Kセンサー(センサーレゾリューション2592 x 2192)
ダイナミックレンジ13ストップ
記録方式(RAW):12ビットRAW CinemaDNG (2432 x 1366)
記録方式(圧縮): Apple ProResおよびAvid DNxHD(1920 x 1080)
フレームレート:23.98p, 24p, 25p, 29.97p, 30p
レンズマウント:キヤノンEFとツァイスZEレンズ
映像出力:10-bit HD-SDI 4:2:2 SDI出力
音声入力:2 x 1/4”バランスアナログオーディオ(マイク、ラインレベル切替可能)
音声出力:1 x 3.5mm ステレオヘッドホン
音声出力:HD-SDI 4チャンネル(48kHz 24bit)
マイクロフォン:(モノラル)
スピーカー:(モノラル)
リモートコントロール: 1 x 2.5mm LANC Rec Start/Stop, アイリス,フォーカスコントロール
外部端子:サンダーボルトI / O、USB 2.0(mini B)
5インチ(800 x 480)LCDタッチパネルモニター
LANCリモコン
リチウムイオンバッテリー(90分)
DC 12-30V電源(12V ACアダプター)
重量:1.7kg

ストレージフォーマット:Mac OS拡張フォーマットされている必要があります。
(Windows PCの場合 MacDrive等でフォーマットする必要があります。)

ストレージレート:RAW 2.5Kの場合、5 MB/frame が必要で256 GBのSSDの場合24pビデオで約30分記録できます。(圧縮フォーマットの場合 RAWビデオの約5倍の記録が可能です。)

Blackmagic Cinema Cameraは米国小売希望価格で$2,995で2012年7月から販売される予定です。

Blackmagic Design: View Press Release

 

 

 

2 Comments

  1. masaru

    HyperDeckソフトウェア?アップデート3.0は良かったですね〜。
    どんどんと成長してく。(笑)

    すばらしい時代です。

    個人的には、Teranexが一番注目してますね。
    地味だけど便利そう。

  2. ishicaw (Post author)

    これから登場するいくつかのThunderbolt製品にソフトウェアUltraScopeが付くみたいなので、
    もしかしたら…みたいなことも考えます♪

コメントを残す