【FCP X】Final Cut Pro X 10.3.2 アップデート

2017.1.19 Final Cut Pro X 10.3.1のアップデートが行われ、いくつかの新機能が追加されました。

  • オーディオファイルのカスタムフォルダをサウンド・エフェクト・ブラウザに追加できます。
  • オーディオのみのクリップでリップル削除を行っても、選択範囲が無効にならなくなりました。
  • 再起動後もオーディオメーターのカスタム幅が維持されます。
  • 非常に長いプロジェクトの編集時の反応がよくなりました。
  • H.264 ファイルの書き出し時およびフレームレートの変更時のパフォーマンスが改善されました。
  • Compressor を使って ProRes 4444 ファイルを透明度付きで書き出した場合に、正しいアルファチャンネルが作成されます。
  • 複数行タイトルの行間を調整したときに、最初の行しか調整されないという問題が解決されました。
  • ロールが混在する第 2 のストーリーラインがタイムラインで重なってしまう問題が解決されました。
  • Apple USB SuperDrive を使って Final Cut Pro プロジェクトから DVD を作成できないという問題が解決されました。

Final Cut Pro X リリースノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です