MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

アーカイブ 月: 1月 2013

撮影済みメディアのドライブケース

撮影済みのメディアをどう運ぶのかは課題があります。SDカードやCFカード、SxSなど小型のメディアの場合、付属や汎用のケースで運ぶ場合も多いと思いますが、ファイルベースになりSSDなど外部収録でドライブ自体がマスターになるケースが増えてきました。   これは一見HDCAMのケースに見えますが、なんとKiStor用のドライブケース!     KiStorはKiPro、K…
Read more

【Smoke 2013】Autodesk Smoke 2013のプラグイン

Autodesk システム製品のプラグインはSparksという名前で呼ばれています。現状では提供されているプラグインの数はそれほど多くなく、Linux版のSmoke及びFlame用のプラグインはOSXにインストールはできません。また、OFX(Open FX)にも対応していません。   Autodesk Smoke 2013 for MacOSXのプラグイン GenArts Sapphir…
Read more

Autodesk Smoke 2013 ラウンチセミナー レポート3

Khaki 水野 正毅 事例: JPRS「黒猫の不思議な旅」 この作品はWeb広告のムービーですが、Smoke2013で編集、合成を行っています。 YouTubeでも本編再生前の広告ムービーとして流れていました。本編は4分程度あり、約100カットをほぼ全編合成しています。     http://黒猫の不思議な旅.jp   水野:「このムービーは、JPRSという.JPを…
Read more

Autodesk Smoke 2013 ラウンチセミナー レポート2

  レポート1はこちら DEFENSE 格内俊輔 事例:ゆず「REASON」 1月9日にリリースされた、 ゆずの37枚目の Single「REASON」のミュージックビデオです。タイムライン上でCFXを使用し合成されたカットを格内氏にデモンストレーションして頂きました。   格内:「この作品はSmoke2013のプレリリース6で仕上げました。プレリリースで仕上げるのは結構リスク…
Read more

Autodesk Smoke 2013 ラウンチセミナー レポート1

  2013年1月18日、富士ソフト アキバプラザ、アキバホールにてAutodesk Smoke2013 ラウンチセミナーが開催されました。   「小規模プロダクションにおける、新しい Smoke によるフィニッシング環境」のユーザー事例の進行を務めさせて頂きました。小規模プロダクションでいかに効果的にSmokeを使っていくかという提案です。   Khaki 水野 正…
Read more

Adobe After Effects 20周年

  初めてAfter Effectsに触れたのはもう何年前のことでしょうか…。   初めて所有したMacはQuadra 800というマシンでした。Quadra 900と並ぶ、今で言うMacProの原型となるタワー型のモデルです。CPUは68040というPowerPC以前の化石のようなものでした。それでも拡張性は高く、Nubusという拡張スロットを3基搭載していました。そんなマシ…
Read more

2.5インチで多段レイドを組んでみる。

Thunderboltが大人気ですが、SAS(シリアル アタッチド スカジー)接続もまだまだ現役です。   MacProの場合Thunderbolt端子が装備されていないので、高速なレイドを組む場合、SASかFiberChannelが必要になります。   据え置き型なら、タワー型やラックマウント型の多段レイドケースは多くありますが、持ち運べるサイズのケースはそれほど多くありませ…
Read more

【Smoke 2013】 Backburner マネージャー

新年明けましておめでとうございます。 2013年になり1/1でAutodesk Smoke 2013のプレリリース版の試用期間が終了しました。     体験版をインストールしさらに一ヶ月試用することができます。オンラインでも販売されており期間限定で20%割引のキャンペーンも行われています。   さて、今回はバックバーナーのお話です。   Autodesk S…
Read more