fcpxmlを解析しメディアを収集 ファイルパスをCSV化する Reference X

fcpxml を解析してメディアを収集しファイルパスをCSV化する Reference X 「Reference X」はMac専用のアプリケーションでMac App Storeから購入可能です。fcpxmlを解析してファイルパスをCSVで書き出すだけでなく、メディアファイルの収集もできます。 Final Cut Pro X だけではなくAutodesk FlameやDaVinci Resolveか 続きを読む

【NAB 2017】 Tangent Autodesk用のパネルを開発中?

ElementやWave、Rippleなどのグレーディング用のサーフェースコントロールパネルを製造しているTangentですが、どうやら新しいパネルを開発中らしいです。サイトによると…   NAB 2017 – ブースSL5507 私たちは、NAB 2017でご覧いただくためのエキサイティングな新製品の開発をしています….「Project Tsunami」は機能的 続きを読む

Autodesk Flame 2018が学生教員および教育機関で無償で利用可能に

Autodeskのビジュアルエフェクトソフトウェア Flame 2018バージョンがリリースされました。 Flame ファミリー 2018バージョンはAutodesk オンラインストアから直接購入できるだけでなく、新たにAutodesk Flameの30日間の無償体験版をダウンロードすることができます。 Autodesk Flame フリートライアル Autodesk Flame フリートライアル 続きを読む

Autodesk FlameとSmokeの違い(2)

Autodesk Smoke 2017がリリースされました。30日間の体験版が利用できるほか、学生・教員向けのソフトウェア無償提供プログラムとして、Autodesk Education Communityからダウンロードし、個人で使用することができます。(学生・教員向けのソフトウェアはエデュケーションとして登録が必要です。) Autodesk Education 学生・教員向け 無償提供プログラム 続きを読む

Autodesk Smoke 2017 デスクトップサブスクリプション リリース

2016年6月15日 Autodesk Smoke 2017 デスクトップサブスクリプション(DS)がリリースされました。デスクトップサブスクリプションのカスタマーはオートデスクアカウントでログインし、Smoke 2017をダウンロードすることができます。 Smoke 2017 30日間フリートライアル 以前のバージョンとの互換性 プロジェクトとメディアライブラリ ー 読み込みのみ 起動画面でプロ 続きを読む

Flame Family 2017 Service Pack 1 リリース

2016/6/1 Flame ファミリー製品の2017サービスパック1がリリースされました。このリリースには重要なバグの修正と新機能が含まれます。 ソフトウェアのシステム要件については、以下のページを参照してください。 Flame: http://www.autodesk.com/flame-sysreqs Flare: http://www.autodesk.com/flare-sysreqs 続きを読む

Autodesk FlameとShotgunの連携

最近よく聞くShotgunですが…Flameなどのフィニッシング製品とのインテグレーションも行われており、Shotgunデスクトップから直接Flame Premium、Flame、Flare、Flame Assistなどが起動できます。 Shotgunって何? Shotgunはプロジェクトのトラッキング、レビュー、アセットマネージメント、VFXのためのツールセットなどセットにしたウェブサイトがベー 続きを読む

Autodesk Flame 2017 「ONE FRAME OF WHITE」 再び!

NAB 2016で発表されたFlame 2017 2017バージョンでは、GPUが2枚あるとバックグラウンド リアクター(GPUによるバックグラウンドレンダリング)も使えるようです。Burnとは別に動作し、作業を止めることなくレンダリングすることができます。(Linuxワークステーションのみ) Linux システムではProResに加え、Avid DNxHRも中間メディアとして使えるのでAVIDや 続きを読む

Autodesk Flame 2017リリース【NAB 2016】

NAB 2016にてAutodesk Flame ファミリー(Flame Premium、Flame、Lustre、Flare、Flame Assist)の2017のリリースが発表されました。 Flame Unleashed 2015年IBCで発表されたサブスクリプションベースの新しいAutodesk Flame ファミリーでターンキーシステムからソフトウェアベースの販売に変わり、Flame、Lu 続きを読む

Autodesk FlameとSmokeの違い(1)

簡単にAutodesk FlameとSmokeの違いを解説します。 以前はFlameが特殊効果、Smokeが編集に特化したマシンという区分がありました。現在ではFlameでもSmokeと同様に横軸の編集が行え、Smokeでもタイムラインからアクセスできるノードベースエフェクトのコンポジットツール「CFX(Connect FX)」が使用できます。 ユーザーインターフェースも似ており、エフェクトモジュ 続きを読む