【Smoke 2013】 Backburner マネージャー

新年明けましておめでとうございます。 2013年になり1/1でAutodesk Smoke 2013のプレリリース版の試用期間が終了しました。     体験版をインストールしさらに一ヶ月試用することができます。オンラインでも販売されており期間限定で20%割引のキャンペーンも行われています。   さて、今回はバックバーナーのお話です。   Autodesk Smoke2013ではBackburnerでバックグラウンドレンダリングの処理を行います。Backburnerが動作していないとExportから書き出しを行う事ができません。サービスモニターを立ち上げるとBackburner ServerとBackburner Managerが動作しているのがわかります。     SmokeのMedia HUBのJobsタブから確認する事もできま READ MORE

Autodesk Smokeのバックグラウンドプロセス

ここではSmokeのバックグラウンドプロセスがどう動作しているかを解説します。   Autodesk Wireとは Autodeskアドバンスドシステムソフトウェア間で非圧縮ビデオを高速転送するためのネットワークシステムです。スタンダードなネットワークのTCP/IPもしくはInfinibandを使用し転送され、他の端末のStoneファイルシステムからクリップに直接アクセスすることが出来ます。   Autodesk WireTapとは Wireはアドバンスドシステム間だけのネットワークシステムです。WireTapはMacやPCなどのネットワーク接続された端末からStoneファイルシステムへの直接アクセスが可能になるネットワークシステムです。Autodesk Developer NetworkでAPIが提供され、ADN Sparksに参加することでSparksプラグインやA READ MORE