DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(7)タイトルグラフィック

モディファイア 次にモディファイアを見てみましょう。 前のページはこちら。 DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(6)タイトルグラフィック 今回はチュートリアル形式なので1番から見ることをお勧めします。   Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション   モディファイアって何? 各ツールの項目を右クリックし、コンテキストメニューから様々な機能を追加すると「Tools」タブの隣に「Modifiers」タブが現れます。これは、追加した機能にアクセスするためのUI項目です。 例えば、After Effectsのウィグルのような効果を足したり、キーフレームアニメーションやパラメータを他のデータに接続するために利用することができます。 特定の機能というよりも、データを接続するための追加のUIが「モディファイア READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(6)タイトルグラフィック

トランスフォームタブとシェーディングタブ 前のページはこちら。 DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(5)タイトルグラフィック 今回はチュートリアル形式なので1番から見ることをお勧めします。   Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション   トランスフォームタブ トランスフォームタブでは、「Transform」パラメータで影響を受けるテキストの部分を決定し、ライン、単語、文字レベルで動きを設定できます。 モディファイアの「Follower」と組み合わせ上手く使うと、1文字づつ動くモーションタイトルが作成できます。   モディファイアについては後ほど紹介します。   シェーディングタブ シェーディングタブには、テキストのシェーディングやテクスチャなどを調整するコントロールがあり、 READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(5)タイトルグラフィック

レイアウトタブ 次にText+の「レイアウト」タブを見てみましょう。レイアウトタブはインスペクタの「テキスト」タブの隣にあります。 前のページはこちら。 DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(4)タイトルグラフィック 今回はチュートリアル形式なので1番から見ることをお勧めします。   Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション   レイアウトを使ったアニメーション 「レイアウト」タブのドロップダウンでレイアウトタイプを選択します。通常は「Point」ですが、「Circle」で円形にテキストを配置したり、「Path」でパス上を動かす事ができます。 「Circle」と「Path」の2つのパターンでアニメーションを作成してみます。   Circleのアニメーション 「Circle」を選択すると、 READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(4)タイトルグラフィック

テキストを入力する Text+に文字を入力しましょう。 前のページはこちら。 DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(3)タイトルグラフィック 今回はチュートリアル形式なので1番から見ることをお勧めします。   Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション   編集ページのタイムラインで「Text+」クリップを選択し、インスペクタから「Styled Text」に文字を入力します。ボックスを選択して直接入力しても、コピーペーストでも構いません。 例えば… DaVinci Resolve 15 Fusion 新機能 と入力します。     Text+では日本語も入力できますが、日本語を表示するにはドロップダウンから日本語フォントを選択する必要があります。 Fusionページでは、フォントを一度選択 READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(3)タイトルグラフィック

Text+をタイムラインに追加しよう! 前置きが長くなりましたが…Text+です。 前のページはこちら。 DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(2)タイトルグラフィック 今回はチュートリアル形式なので1番から見ることをお勧めします。   Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション   エフェクトライブラリのText+ 編集ページの左上にある「エフェクトライブラリ」のタブをクリックすると、今まで「メディアプール」だった場所が「エフェクトライブラリ」に切り変わり、エフェクトの一覧が表示されます。     「ツールボックス」にはビデオとオーディオの「トランジション」や「タイトル」、「ジェネレーター」などがカテゴリ別にあります。 一番左側のボタンを押すと「エフェクトライブラリ」がフルハイ READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(2)タイトルグラフィック

編集ページで編集しよう! それでは、メディアプールに持ち込んだバックグラウンドの素材を編集してみましょう。 前のページはこちら。 DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(1)タイトルグラフィック 今回はチュートリアル形式なので1番から見ることをお勧めします。   Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション   ページタブで「メディアページ」から「編集ページ」に移動します。 (ページタブを右クリックすると、メニューをアイコンだけにする事ができます。) 左側のメディアプールに先程読み込んだ素材が表示されています。 他のページにもメディアプールはありますが、表示される素材はどのページも共通です。 メディアプールのサムネイル上をホバースクラブすると、簡単に動画を確認でき、ホバースクラブ中にイン点やアウト点を打 READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(1)タイトルグラフィック

さて、今回は「DaVinci Resolve 15 のText+を使って何か作ってみよう!」という事で、Resolveを使った簡単な編集からText+の使い方を解説します! 順を追って説明するので、DaVinci Resolve 15の編集や基本的なFusionの使い方がわかるはず…。 きっとAfter Effectsのような…以下略。 今回はチュートリアル形式なのでここから見ることをお勧めします。   DaVinci Resolve 15 の新機能まとめ Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション   Text+ツールを使ってタイトルグラフィックを作ろう! DaVinci Resolve 15で新しく追加された「Text+」ツールは、編集ページで使えるだけでなく、そのままFusionの「Text+」モジュールとして動作します。そのため、 READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の 使い方 (5) スプラインエディタ

スプラインエディタ 「スプラインエディタ」では、スプライン(曲線)を使用してキーフレームのタイミングと値を詳細にコントロールできます。スプラインエディタは主に4つの部分で構成され、上部にズームコントロールとフレーミングコントロール、左側にパラメータリスト、中央にグラフエディタ、下部にツールバーがあります。 コントロールの方法はキーフレームエディタと似ていますが、スプラインエディタでは主にスプラインを使用したキーフレーム間のモーションを調整します。 DaVinci Resolve 15 の新機能まとめ Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション     スプラインエディタ   スプラインエディタコントロールの概要 上部にあるズームとフレーミングのコントロールを使用して、ワークエリアを調整します。 「ズームコントロール」を使用して、 READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の 使い方 (4) キーフレームエディタ

キーフレームエディタ キーフレームエディタは、コンポジションのクリップとエフェクトノードをレイヤーとしてタイムラインで表示します。   「DaVinci Resolve 15の新機能」をまとめました。詳しくはバナーをクリック。 DaVinci Resolve 15 の新機能まとめ Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション     キーフレームエディタ キーフレームエディタは、コンポジションのクリップとエフェクトノードをレイヤーとしてタイムラインで表示します。ノードツリーの接続の順序と流れが画像処理の順序を決定するので、レイヤーの順序はほとんど関係ありません。 キーフレームエディタでは、クリップとエフェクトノードのトリミングや延長、スライド、キーフレームのタイミングの調整ができます。 キーフレームエディタは以前のFusion9の READ MORE

DaVinci Resolve 15 Fusion の 使い方 (3) エフェクトライブラリとメディアプール

エフェクトライブラリとメディアプール エフェクトライブラリにはFusionページで使用できる全てのツールがカテゴリ別にまとめられており、各ノードをすぐにノードエディタに追加できます。エフェクトライブラリにはツールバーよりも多くのノードがあり、幅広い用途に使用できます。 メディアプールは、プロジェクトにインポートしたすべてのメディアの保管場所として機能し、必要なクリップをノードエディタにドラッグするだけで、クリップをコンポジションに追加できます。   DaVinci Resolve 15 の新機能まとめ Fusionページの使い方 FusionのText+を使ったアニメーション     エフェクトライブラリ 現在のベータ版ではFusionページのエフェクトライブラリーは使用可能なノードとエフェクトのみを表示するように制限されています。 ResolveFXとサード READ MORE