DaVinci Resolve 15.2 メディアページ メタデータエディタの使用方法

メディアページ メタデータエディタの使用方法  メタデータを使うと、クリップを検索したり、並べ替えなど効率的に素材を整理できるようになります。  メタデータはメディアプールだけでなく、メタデータエディタから多くの項目を入力できます。     メタデータの活用法 メタデータとは、クリップに付随する追加のデータの事です。撮影時に追加されるものもあれば、手動で追加する必要のあるデータも存在します。   どのメタデータを使うかはワークフローにより異なります。必ずしもメタデータを使用しなければならないわけではなく、必要なメタデータを選択して入力します。   素材が多く複数人で作業する場合には、特にメタデー READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 メディアページ メタデータ変数とキーワード

メディアページ  メタデータ変数とキーワード   クリップの管理に役立つ「メタデータ変数」と「キーワード」の使用方法です。     メタデータ変数の使用  「メタデータ変数」は、メディアプールの「クリップ名」などで利用できます。テキストフィールドに「%」を入力すると、利用できる変数のリストがスクロールダウンで表示されます。     英語環境の場合では、変数に含む文字を続けて入力すると「メタデータ変数」がフィルタリングされて、特定の変数をすばやく見つけることができます。入力された変数はグラフィックタグとして表示されます。   例えば、メディアプールの「クリップ名」を「%シーン_%ショット_%テイク READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 メディアページ メディアプールの使い方

メディアページ メディアプールの使い方 メディアプールはメディアを管理する場所で、プロジェクトにインポートした全てのメディアとタイムラインが表示されます。 メディアページのメディアプールは他のページと異なり素材を整理するための十分なスペースがあります。     編集前の作業ではデータを使いやすく整理することも重要です。特に映画やドラマなどのスクリプトベースのロングフォームの作品ではシーンやショットを特定し、OKテイクの選別する必要があります。 シーンやショットに「キーワード」を設定することで、「スマートビン」を使用して自動的に特定のクリップを抽出することができるようになります READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 メディアページ メディアプールへのメディアの追加

メディアページ メディアプールへのメディアの追加   編集やグレーディングを開始するには、まずプロジェクトのメディアプールにクリップを追加する必要があります。   XMLやAAFでコンフォームするときには、メディアを自動でインポートするオプションがありますが、自動でインポートされないクリップは新たにメディアページでファイルを見つけ、個別にインポートする必要があります。   メディアプールにインポートする前になるべくクリップを高速なストレージにコピーすることをお勧めします。読み込んだ全てのクリップは元のメディアに「リンク」している状態です。メディアプールにファイルを追加してもファイル自体が移動、コ READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 メディアページ クローンツールでメディアをコピーする

クローンツールでメディアをコピーする メディアページの「クローンツール」を使うとSDカードやSSD、ハードディスクなどのドライブから安全かつ正確にメディアを複数の場所にコピーできます。コピー先のボリュームのルートにはチェックサムレポートが書き出され、正確性を検証する場合に使用できます。   カメラのオリジナルメディアなど、ボリュームに障害が発生した場合に備え、複数の場所にバックアップすることが重要です。     クローンツールでメディアを複製するには ツールバーの「クローン」ボタンをクリックしてクローンツールを開きます。         「ジョブを追加」ボタンを押すと、新しいジョブが追加され、ソ READ MORE

DaVinci Resolve 15.2.2 アップデート

DaVinci Resolve 15.2.2の新機能 2018年12月13日 DaVinci Resolve 15.2.2のアップデートが提供されました。 DaVinci Resolve 15.2の新機能はこちら。 15.2からのデータベースのアップデートは不要で、既存のユーザーは無償アップデートできます。無料のDaVinci ResolveはBMDサポートWebサイトからダウンロードできます。 Blackmagic Design サポートセンター DaVinci Resolveの古いバージョンを使用している場合は、データベースをバックアップし、アクティブなプロジェクトのdrpをエクスポートして READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 ColorTraceを使用したグレードのコピー

DaVinci Resolve ColorTrace カラートレースは非常に便利なツールです。 クリップのソースタイムコードやクリップ名を使用して、タイムラインのクリップから別のタイムラインのクリップに設定をコピーします。 例えば、同じプロジェクトの別のタイムラインにグレードをコピーしたり、片方のステレオタイムラインの設定をもう一つのステレオタイムラインにコピーできます。「Resolve Live」でグレーディングしたショットをデイリーの素材に適用したり、謝って別のフレームレートでコンフォームしてしまった場合にも使えます。 Resolve Liveについて詳しくはこちら   &nbsp READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 Resolve Live ライブグレーディング

Resolve Live ライブグレーディング カラーページの「Resolve Live」を使用すると、カメラの入力をモニタリングして撮影中にグレーディングができます。     Resolve Liveの詳細 「Resolve Live」は、オンセットでプレビューしながらグレーディングするように設計されています。静止画像をキャプチャしてグレードし、カメラのタイムコードを含むビデオスナップショットを保存します。 「Resolve Live」を使用して、現場で撮影者と相談しながらライティングとルックを決定し、そのルックを使用してデイリーを作成し、それを出発点として本格的に作品を仕 READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 リモートグレーディング

DaVinci Resolve リモートグレーディング インターネット接続でカラリスト側のワークステーションに加えた変更をリモートクライアント側に適用し、同期することができます。     リモートグレーディングの概要 リモートグレーディングはインターネットで2つのDaVinci Resolveを接続し、グレーディングのセッションを行います。 「リモートクライアント」(制御される側)が「カラリスト」(制御する側)のワークステーションに接続します。カラーリストが行ったグレーディングはすぐにクライアント側に反映されます。 再生操作も同期し、両方のシステムで常にタイムラインの同じフレ READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 コラボレーションワークフロー

DaVinci Resolve コラボレーションワークフロー マルチユーザコラボレーションワークフローでは、共有化されたプロジェクトで複数の人が同時に編集、グレーディング、およびメディアクリップの管理をすることができます。 他の編集者による作業の競合を防ぐために、ビンやクリップで「ロック」が自動的に設定されます。この「ロック」のルール従う事で共同編集者が密接に連携して作業ができるようになります。     コラボレーションの必要条件 コラボレーションに参加する全てのユーザーはDaVinci Resolve スタジオ版が必要で、適切にセットアップされたプロジェクトサーバーに接続し READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトサーバーの設定

DaVinci Resolve プロジェクトサーバーの設定 プロジェクトサーバーを設定するとローカルネットワーク上でPostgreSQLデータベースを共有し、同じプロジェクトにアクセスできるようになります。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー     プロジェクトを複数のユーザーで共有する 複数のマシンがある場合、プロジェクトサーバーを設定すると、同じプロジェクトをインポート/エクスポートせずに同じプロジェクトを開くことができます。メディアを共有して大きなプロジェクトを複数のセクションに分け READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 ダイナミックプロジェクトスイッチング

DaVinci Resolve ダイナミックプロジェクトスイッチング 「プロジェクトマネージャー」では、通常1つのプロジェクトを開き作業しますが「ダイナミックプロジェクトスイッチング」を使用すると、RAMに複数のプロジェクトを読み込むことができます。RAMの容量に依存しするため大きなプロジェクトを開く場合はパフォーマンスが低下する場合があります。「ダイナミックプロジェクトスイッチング」を使用すると、他のプロジェクトのメディアプールからクリップとタイムラインをコピーしたり、ノード設定を別のプロジェクトのノードにペーストすることができます。 「プロジェクトマネージャー」について詳しくはこちらをご覧く READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 データベースサイドバー

DaVinci Resolve データベースサイドバー DaVinci Resolveのプロジェクトはデータベースで管理されています。以前はデータベースを管理するウインドウが別にありましたが、現在ではプロジェクトマネージャーに統合され、1つの画面でデータベースの管理ができるようになっています。 データベースを操作するには、プロジェクトマネージャーの「データベースサイドバー」を使用します。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー     データベースの違い DaVinci Resolveは他のアプ READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトのアーカイブと復元

DaVinci Resolve プロジェクトのアーカイブと復元 プロジェクトで使用されているすべてのメディアファイルをプロジェクトファイルとともに一か所にまとめてアーカイブする機能があります。別のユーザーにプロジェクトを渡したり、短期/長期のアーカイブ用としてプロジェクトとメディアを一緒に保存する場合に使用します。プロジェクトのアーカイブは「プロジェクトマネージャ」で操作します。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー   プロジェクトをアーカイブする プロジェクトマネージャを開き、アーカイブするプロジェ READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトのインポートとエクスポート

DaVinci Resolve プロジェクトのインポートとエクスポート DaVinci Resolveは他のアプリケーションのようにプロジェクトを1つのファイルとして保存している訳ではなくデータベースで管理しているため、プロジェクトのデータは「エクスポート」で書き出す必要があります。書き出したプロジェクトデータは「プロジェクトマネージャー」で「インポート」できます。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー     プロジェクトデータの受け渡し 通常、プロジェクトの「インポート」と「エクスポート」 READ MORE