DaVinci Resolve 15 基本操作ガイド (2) はじめてのDaVinci Resolve

DaVinci Resolve 15 基本操作ガイド

DaVinci Resolve 15 基本操作ガイド はじめてのDaVinci Resolve

このページは、はじめて DaVinci Resolveを使う方とBlackmagic URSA Mini、Blackmagic Pocket Cinema Cameraのユーザーのためのガイドです。この章から、実際にBlackmagic Rawの素材をダウンロードして操作し、一連の流れでDaVinci Resolve全体の流れをつかむことができます。

基本操作ガイド 1 イントロダクション

基本操作ガイド 2 はじめてのDaVinci Resolve

基本操作ガイド 3 Blackmagic RAWファイルの操作

基本操作ガイド 4 クリップの編集

基本操作ガイド 5 クリップの色補正

基本操作ガイド 6 オーディオのミックス

基本操作ガイド 7 VFXと合成の追加

基本操作ガイド 8 レンダリングとエクスポート

 

Blackmagic RAWが発表されました。

現在、Blackmagic Camera Setup 6.0 Betaを適用したBlackmagic URSA Mini ProでBlackmagic RAWが収録できます。Camera Setupは現在ベータ版ですが、近々正式版が公開される予定です。

Blackmagic Camera Setupはサポートページからダウンロードできます。

Blackmagic サポートページ

Blackmagic URSA Mini Pro

Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K Proを所有していない場合でも、Blackmagic RAWのサンプルがホームページからダウンロードできます。

Blackmagic URSA Mini Pro Blackmagic RAW

 

Blackmagic URSA Mini Pro Blackmagic RAW

 

無償のDaVinci Resolveをダウンロードして今すぐBlackmagic RAWがどのような性能かを試すことができます。

Blackmagic サポートページ

Blackmagic URSA MiniBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kには有償版のDaVinci Resolve Studioがバンドルされ、カメラがあればソフトウェアを別途用意する必要もありません。全てのカメラの性能にアクセスできるだけでなく、エフェクトやオーディオミキシングを含めた本格的なポストプロダクションソフトウェアを手に入れる事ができます。

 

 

近日発売予定のBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kのオリジナルサンプルも公開されていて、レンズや撮影条件の詳細も読むことができます。Filmガンマで収録されたQuicktimeやCinemaDNGを使うとダイナミックレンジを生かしたカラーグレーディングを行うことができます。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K ギャラリー

 

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K ギャラリー

 

URSA Miniを使った撮影

Blackmagic URSA Miniを使って撮影することは、映画やテレビのコンテンツを作成するプロセスの一部に過ぎず、メディアのバックアップや管理、最終的なマスターファイルの編集、色補正、エンコーディングのプロセスも重要です。Blackmagic URSA MiniにはmacOSとWindows用のDaVinci ResolveのStudioバージョンが含まれているので、撮影やポストプロダクションのための完全なソリューションがあります!

 

注:URSA Miniを使用して撮影したクリップを正確に色処理するには、DaVinci Resolveの最新バージョンを使用することをお勧めします。バージョン15.1以降では、すべてのURSA MiniカメラとBlackmagic RAWの正確な色が提供されます。

 

CFast、SDカード、またはSSDをコンピュータに接続した後、DaVinci Resolveのメディアページの「クローン」ツールを使用して、撮影中にバックアップを作成できます。これは、どのタイプのメディアでも損傷を受けたり、不具合が発生したりする可能性があるためで、バックアップを作成すると、ショットが失われることはありません。 DaVinci Resolveを使用してメディアをバックアップしたら、DaVinciメディアプールにクリップを追加し、編集、色補正し、DaVinci Resolveを終了することなく制作を完了できます。

 

「クローン」ツール

 

DaVinci Resolveは、多くの大ヒット映画で使用されているツールと同じツールで、ハイエンドのデジタルフィルムに組み込まれた非常に高度な技術を備えているため、単純な NLE(ノンリニア編集)ソフトウェアのツールよりもはるかに優れています。 DaVinci Resolveを使用して編集や色補正を行うとき、このテクノロジの利点が得られます。

ここでは、カメラファイルを使いDaVinci Resolveで操作する方法に関する情報があります。DaVinci Resolveは非常に高度で、最初にユーザーインターフェイスを見たときよりも数多くの機能が含まれています。

DaVinci Resolveの使用方法の詳細については、DaVinci Resolveのマニュアルを参照するか、オンラインで多くのトレーニングコースとチュートリアルビデオを利用してみてください。

 

 

 

クリップの読み込み

クリップの編集を開始するには、まずそれらをメディアプールにインポートする必要があります:

  1. DaVinci Resolveを起動します。 DaVinci Resolveを初めて開いた場合は「プロジェクトマネージャ」が表示されるまで待ちます。
     
    次に、 「新規プロジェクト」をクリックし、プロジェクトのタイトルを入力して 「作成」をクリックすると、新しいプロジェクトが開きます。
     
  2. メディアページの左上に「メディアストレージ」ブラウザが表示されます。メディアページにいない場合は、下部にある「メディア」タブをクリックします。 「メディアストレージ」ブラウザには、クリップをドラッグしてメディアプールにドロップするリンク元のメディアフォルダがすべて表示されます。
     
  3. クリップフォルダがライブラリに表示されない場合は、追加する必要があります。これは、 「メディアストレージ」ブラウザエリア内を右クリックし「新しいロケーションを追加」をクリックしてから、ドライブまたはフォルダパスを選択して「開く」をクリックすることで簡単に実行できます。
     
  4. 「メディアストレージ」ブラウザで、新しく追加したクリップフォルダをクリックします。ストレージフォルダからクリップをドラッグし、下のメディアプールにドロップしてください。プロジェクトの設定がクリップの設定と異なる場合は、プロジェクトの設定をクリップに合わせて変更するか、設定をそのままにしてください。すばやく開始するには、「変更」をクリックします。プロジェクトの設定がクリップと一致します。

クリップを読み込むには、「メディアストレージ」ブラウザからクリップをドラッグしてメディアプールにドロップします。MacOSではデスクトップからファイルをドラッグアンドドロップすることもできます。

 

プロジェクトを保存する

DaVinci Resolveには、プロジェクトを保存するための強力なオプションがあります。まず、ファイルメニューから「プロジェクトを保存」を選択してプロジェクトを保存しましょう。一度プロジェクトを保存​​すると、自動保存メカニズムである「ライブ保存」によって、自動的に変更が保存されます。

 

プロジェクトのバックアップ

 

プロジェクトのバックアップをより詳細に制御するには、メニューの「DaVinci Resolve」から「環境設定」パネルを開き、「ユーザー」タブをクリックします。サイドメニューから「プロジェクトの保存と読み込み」を選択し、「プロジェクトのバックアップ」をオンにします。ここでは、プロジェクトのバージョンを保存する頻度とバックアップを保存する期間を選択できます。また、バックアップを保存する場所を選択することもできます。これは、プロジェクトの以前のバージョンにロールバックしたいときに便利です。

自動保存オプションの詳細については、DaVinci Resolve 15 – プロジェクトの 自動バックアップ と 復元を参照してください。

 

Blackmagic URSA Mini Manual(PDF)

DaVinci Resolve 15 編集 ページ の 使い方

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

DaVinci Resolve 15 Fusion ページ の 使い方

DaVinci Resolve 15 Fusion の 使い方

DaVinci Resolve 15 フェアライト ページ の 使い方

 

 

 

コメントを残す