PR

DaVinci Resolve 19 基本操作 ガイド 4 カットページの使い方 ビューア

ダビンチリゾルブ基本操作ガイド DaVinci Resolve 19
ダビンチリゾルブ基本操作ガイド
icon icon

ダビンチ リゾルブ カットページ ビューアの使い方

今回はダビンチ リゾルブのカットページのビューアについてです。

めたん
めたん

前のカットページのメディアプールの使い方はこっち

次のカットページのタイムラインの解説はここね。

ずんだもん
ずんだもん

じゃあ、ビューアを見ていくね。ビューアは選択された映像を表示する場所だよ。

カットページ ビューア
カットページのビューア
ずんだもん
ずんだもん

カットページのビューアはエディットページやほかの編集ソフトと違って、1つしかないんだ。でも、選んだもので動的に変わるから、それほど不便じゃないよ。

ダビンチ リゾルブ カットページ ビューアの表示切り替え

ビューアの左上にあるボタン 「ソースクリップ」「ソーステープ」「タイムライン」「マルチソース」と「リプレイコントロール」
ずんだもん
ずんだもん

表示を切り替えるには、ビューアの左上にある3つのボタン「ソースクリップ」「ソーステープ」「タイムライン」を使うよ。「マルチソース」と「リプレイコントロール」は新しい「リプレイ」の機能だね。

めたん
めたん

バージョン19で追加されたのね。

ずんだもん
ずんだもん

「ソースクリップ」は、メディアプールのクリップをダブルクリックすると自動で切り替わる。クリップを1つずつ確認して、イン点やアウト点を設定するときに使うよ。

めたん
めたん

イン点とかアウト点ってなに?

ずんだもん
ずんだもん

イン点は開始点、アウト点は終了点だよ。映像を編集するときは、使う範囲を指定するんだ。指定しない場合は、クリップ全体の長さが使われるよ。

ずんだもん
ずんだもん

素材だけじゃなくて、タイムラインにもイン点やアウト点を指定できる。そこだけ切り取ったり、ほかの素材に差し替えたりするときに使うのだ。

「ソーステープ」
ソーステープ表示
ずんだもん
ずんだもん

「ソーステープ」メディアプールで表示してるものが1本で表示される。例えば、ビンに素材を分けておくと、その中身だけが連続で表示されるよ。メディアプールの「並べ替え」のドロップダウンと連動して順番が変わるんだ。クリップの変わり目には白い線が表示されるよっ。

めたん
めたん

「タイムライン」はタイムラインの表示ね。

ずんだもん
ずんだもん

タイムラインのエリアをクリックするだけで、タイムラインの映像に切り替わる。Speed Editorには「ソーステープ」「タイムライン」の切り替えボタンがあるんだ。タイムラインが複数ある時は、中央の名前のところをドロップダウンで切り替えできるのだ。

SpeedEditorのソースとタイムライン キー
SpeedEditorのソースとタイムライン キー
ずんだもん
ずんだもん

ちなみに「Q」キーでソースとタイムラインを切り替えられるよ。

PR
DaVinci Resolve Speed Editor

ダビンチ リゾルブのリプレイ機能

ずんだもん
ずんだもん

「マルチソース」は新しい「リプレイ」機能の一部。「同期ビン」のマルチビューと似てるけど、ちょっと違うよ。

「マルチソース」
「マルチソース」
ずんだもん
ずんだもん

「マルチソース」のボタンを押すと、自動的に「ソーステープ」に切り替わる。同じタイムコードの素材が複数あれば、ビューアにマルチビューが表示されるんだ。小さい画面の左上の番号が「カメラ番号」だね。これらの素材は常に同期してプレイできる。

ずんだもん
ずんだもん

赤い枠は選択されているカメラを示すよ。クリックすると大きく表示されるけど、左上のXボタンでマルチビューに戻れるのだ。

「リプレイコントロール」
「リプレイコントロール」
ずんだもん
ずんだもん

その隣が「リプレイコントロール」。リプレイ映像を作成したり送出するときに使うんだ。

「リプレイコントロール」のマルチ画面
「リプレイコントロール」のマルチ画面
ずんだもん
ずんだもん

例えば、ATEM Mini Extreme ISOATEM Mini Pro ISOとか、タイムコードの同期した複数のカメラで収録してる映像で使うんだけど、「リプレイコントロール」「タイムラインに追加」にチェックを入れて、POI(関心ポイント)をつけてキューしてから実行してダンプするとタイムラインにリプレイが作成される。DaVinci Resolveでキャプチャーできれば入力ビューで今の状況を確認できるし、実行中にカメラを切り替えたり、スピードを変更したりできるけど…すべての機能を使うには「DaVinci Resolve Replay Editor」が必要なんだ。カメラの切り替えはSpeed Editorでできるけどね。

PR
BlackmagicDesign ATEM Mini Pro ISO
PR
DaVinci-Resolve-Replay-Editor
めたん
めたん

何を言ってるのか、ぜんぜんわからないわ…。

ずんだもん
ずんだもん

そうだね…次に行こうか…。

カットページ ビューアの表示コントロール

ずんだもん
ずんだもん

ビューアの左上にある「タイムコード」はクリップやタイムラインの長さを示してる。ここに入力するとアウト点が設定されるのだ。

ビューアの左上にある長さを示すタイムコード
ビューアの左上にある長さを示すタイムコード
ずんだもん
ずんだもん

そのとなりが「 セーフエリア」。ソーシャルメディアや放送、映画なんかでよく使われるアスペクト比のガイドだよ。「アクション」は重要な動きがあるものはこの中に収めてねっていうガイド。「タイトル」は、はみ出すと読めなくなっちゃうかもしれないよっていうガイドだよ。

「 セーフエリア」
「 セーフエリア」
ずんだもん
ずんだもん

その隣は「プロキシ処理」で何を優先にするかの設定。通常は「プロキシを優先」になってるけど「すべてのプロキシを無効化」「カメラオリジナルを優先」を選べるよ。

おっと…Ver.19のベータ4から「カメラオリジナルを優先」がデフォルトになったみたいだよ。

「プロキシを優先」
「プロキシを優先」
めたん
めたん

プロキシってなに???

ずんだもん
ずんだもん

高画質の素材をそのまま再生するのは重いから、仮に軽いデータを使って再生するんだ。カメラによっては自動でプロキシを作るのもあるけど、無い場合は、プロキシを自動で作成するためのBlackmagic Proxy Generatorっていうアプリもインストールされてるから、それを使って作る場合もあるよ。

「タイムライン解像度」
「タイムライン解像度」
ずんだもん
ずんだもん

隣は「タイムライン解像度」。簡単に解像度を変更するオプションだね。ドロップダウンから選べるほかに、カスタムタイムライン設定で自由に変更できるのだ。

カラーやFusionの効果をバイパス
カラーやFusionの効果をバイパス
ずんだもん
ずんだもん

で、隣の色の付いたアイコンはカラーやFusionで掛かってる効果をバイパス(無視)するためのアイコンだよ。右クリックでどちらか片方選べるよ。

「オーディオメーター」
「オーディオメーター」
ずんだもん
ずんだもん

一番右の「オーディオメーター」は、再生しているクリップやタイムラインのオーディオレベルを示すグラフ。赤い状態で張り付いちゃうと音が割れちゃうから、クリップかタイムラインのトラックのボリュームを調整してね。

ずんだもん
ずんだもん

スピーカーのアイコンをクリックしてミュートしたり、右クリックでモニタリングしてる音量を調整できるよ。

カットページ ビューアの再生コントロール

ずんだもん
ずんだもん

ビューアの下に再生コントロールがあるよ。

ビューアの下の再生コントロール
ビューアの下の再生コントロール
ずんだもん
ずんだもん

一番左の「ツール」は変形とかエフェクトをビューアの画面上で調整するモード。タイムラインで使う機能だから、ソースでは使えないよ。

「ツール」
「ツール」
ずんだもん
ずんだもん

有効/無効の切り替えスイッチが左にあって、有効の時は赤くなってるよ。一番右はリセットボタン。画面上の枠線を動かして調整できるし数字を横にドラッグしても動くよ。数字の隣にあるアイコンをダブルクリックすると、その数値だけリセットされるのだ。

「POI」と「POI+」
「POI」と「POI+」
めたん
めたん

「POI」とか「POI+」はリプレイ用?

ずんだもん
ずんだもん

うん、リプレイ用だね。POIは一か所にしか設定できないけど、マーカーに変換できるんだ。

「ファストレビュー」ボタン
「ファストレビュー」ボタン
ずんだもん
ずんだもん

次の「ファストレビュー」ボタンは、長い素材をざっと見るときに便利だよ。クリップの長さに応じて再生速度が変わって、長いクリップは速く、短いクリップは通常の速さに近い状態で再生されるのだ。

「ジョグコントロール」
「ジョグコントロール」
ずんだもん
ずんだもん

「ジョグコントロール」は、クリックして横にドラッグするとスクラブできる。Speed Editorのジョグシャトルの方が心地いいけどね…。

編集キーボード サーチダイヤル
Speed Editorのジョグシャトル
PR
DaVinci Resolve Speed Editor

カットページ ビューアの再生操作

再生するためのトランスポートコントロール
再生するための「トランスポートコントロール」
ずんだもん
ずんだもん

次に、再生するためのトランスポートコントロールが並ぶよ。

ずんだもん
ずんだもん

「前の編集点に移動」「逆再生」「停止」「再生」「次の編集点に移動」「ループ」の順。「ループ」はイン点とアウト点の間を繰り返すためのトグルスイッチだよ。

ずんだもん
ずんだもん

「再生」と「停止」はSpaceキー。編集点に移動するときは上下の矢印キー。ループのオン/オフはCommand/Ctrl+/ だね。

ずんだもん
ずんだもん

あと、再生は「J」「K」「L」キーでも操作できる。ゲームで言う「WASD」みたいなものだよ。「J」が戻り、「K」が停止、「L」で進むのだ。

めたん
めたん

なんで「JKL」なの?

ずんだもん
ずんだもん

編集に必要なキーは左側に集まってるし、キーボードから手を放さずに再生操作ができることから生まれたよ。昔は今ほど高機能じゃなかったし、素材を整理するために文字を打つことも多かったのだ!

ずんだもん
ずんだもん

ちなみに、「K」を押しながら「J」「L」で1コマずつ動いて、「J J J」とか「L L L」とか連続で押すと、スピードが上がっていくよ~。

「イン点をマーク」と「アウト点をマーク」
インアウトのマーク
めたん
めたん

その右にあるのが「イン点をマーク」「アウト点をマーク」ね。

ずんだもん
ずんだもん

タイムラインでしか表示されないけどね。

ずんだもん
ずんだもん

「イン点をマーク」は「I」キー、「アウト点をマーク」は「O」キー。イン点を消したいときは「Shift + I」アウト点を消したいときは「Shift + O」だね。

編集キーボード ロールキー
Speed EditorのINボタンOUTボタン
ずんだもん
ずんだもん

Speed EditorにはINボタンOUTボタンがあって、ダブルクリックでポイントを消去するよ。

めたん
めたん

両方消したいときは「Option/Alt + X」キーね。

ビューア右下のタイムコード
ビューア右下のタイムコード
ずんだもん
ずんだもん

ビューア右下のタイムコードは、現在表示してる映像のタイムコードを示してるんだ。

ずんだもん
ずんだもん

クリックして数値を入力できるけど、クリックしなくてもキーボードで+(プラス)100と入力すれば1秒進むし、-(マイナス)300って打つと3秒戻るよ。あと、何も選択せずに1::1:とか入力すれば01:00:01:00に飛んだりできるんだ。(:は00ごとに桁を変えるときに使うよ!)

めたん
めたん

早速やってみるわ。

ずんだもん
ずんだもん

今日はこれくらいかな。じゃあ、またね~。

次のタイムラインについてはこっちだよ!

めたん
めたん

またね~。

PR
DaVinci Resolve Speed Editor

コメント

タイトルとURLをコピーしました