DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作る!タイトルグラフィック

 

DaVinci Resolve 15 Fusion Text+で作る!タイトルグラフィック

DaVinci Resolve 15の基本的な編集とFusionのTitle+ツールを順を追って学ぶことができ、簡単なタイトルグラフィックを作成できるようになります。初めてDaVinci Resolve 15を触る方や、Fusion 9をダウンロードしてもどこから始めてよいかわからない方にも参考になると思います。

DaVinci Resolve 15では、メニューが整理されて以前に比べ解りやすくなりました。一方Fusionも機能はほとんど変わらず、DaVinci Resolveと統一感のあるUIで操作できます。

実際に触りながら学ぶチュートリアル形式となりますので、1から順に見ることをお勧めします。

 

最初のページでは、アプリケーションのインストールからいくつかの注意事項を説明します。

Text+で作る!タイトルグラフィック(1)

 

次のページでは、編集ページでDaVinci Resolve 15で追加された新しい機能を使った簡単な編集を説明します。

Text+で作る!タイトルグラフィック(2)

 

エフェクトライブラリのText+をタイムラインに追加し、サブクリップを作成します。

Text+で作る!タイトルグラフィック(3)

 

文字の入力と、1文字づつ現れる「ライトオン」アニメーションの説明です。

Text+で作る!タイトルグラフィック(4)

 

レイアウトを使ったアニメーションで、サークルとパスアニメーションを説明します。

Text+で作る!タイトルグラフィック(5)

 

シェーディングによる文字の外観や装飾を説明します。

Text+で作る!タイトルグラフィック(6)

 

モディファイアを説明します。1文字づつ動くアニメーションやスタイル設定です。

Text+で作る!(7)タイトルグラフィック

 

エクスプレッションとその他のモディファイアです。ShakeやPerturbで揺れを表現します。

Text+で作る!(8)タイトルグラフィック

 

エフェクトマスクとマスクを使ったグラフィックです。文字の背景をマスクを使って作ります。

Text+で作る!(9)タイトルグラフィック

 

3Dグラフィックとテンプレートの作成です。Text3Dの作り方と、マクロからテンプレートを作ります。(最終回)

Text+で作る!(10)タイトルグラフィック