DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(1)タイトルグラフィック

さて、今回は「DaVinci Resolve 15 のText+を使って何か作ってみよう!」という事で、Resolveを使った簡単な編集からText+の使い方を解説します!

順を追って説明するので、DaVinci Resolve 15の編集や基本的なFusionの使い方がわかるはず…。

きっとAfter Effectsのような…以下略。

今回はチュートリアル形式なのでここから見ることをお勧めします。

 

DaVinci Resolve 15 の新機能まとめ

DaVinci Resolve 15 新機能

Fusionページの使い方

DaVinci Resolve 15 Fusion の 使い方

FusionのText+を使ったアニメーション

 

Text+ツールを使ってタイトルグラフィックを作ろう!

DaVinci Resolve 15で新しく追加された「Text+」ツールは、編集ページで使えるだけでなく、そのままFusionの「Text+」モジュールとして動作します。そのため、編集ページとFusionページでタイトルやモーショングラフィックスの作成が可能になります。

DaVinci Resolve 15のStudio版と無償版のFusionの機能の違いは、高解像度のアウトプットや一部の高機能なエフェクト、VRツールなどで、基本的な操作は変わりなく使用できます。

 

アプリケーションのインストール

何はともあれ、まずはアプリケーションのインストール!

すでにインストールしている方は飛ばしてください。

DaVinci Resolve 15ダウンロード

DaVinci Resolve 15は以下からダウンロードできます。

DaVinci Resolve 15

インストールに関してはこちらをご覧ください。

 

バックグラウンド素材のインポート

それでは、タイトルのバックグラウンドとなる素材をDaVinci Resolveにインポートしましょう。

読み込む素材は、DaVinci Resolveが対応しているフォーマットならなんでも。「Pixabayなどでダウンロードした素材や撮影済みのものでも構いません。

DaVinci Resolve 15対応コーデックリスト(PDF)

Pixabay

PixabayはCC0のロイヤリティフリーのフォト、動画ダウンロードサイトです。

今回は「Natron」「Shadertoy」モジュールを使って書き出したバックグラウンドを使ってみます。

ちなみに「Natron」はクロスプラットフォームのOpenFX対応のオープンソースコンポジットツールです。

Natron

Natron UI

「Shadertoy」はブラウザ上にGLSLでフラグメントシェーダーを書いたり、コードを見る事ができるサイトですが…これらの説明は割愛します。

Shadertoy

素材を用意したら、DaVinci Resolve 15を起動し、画面の一番下のページタブからメディアページを開き、ファイルをメディアプールに移しましょう!

メディアプールに移す前に…

 

なぜメディアプールにファイルを移すの?

多くの編集ソフトウェアでは、ファイルのインポート時にファイルを管理するためにリスト化します。

その際に編集しやすいように最適化されたメディアに変換したり、ネイティブのまま扱ったりとソフトウェアにより動作は異なります。

DaVinci Resolveではファイルのメディアを直接扱う訳ではなく、データベースにリンクの情報を登録して、それを扱います。

「最適化メディア」「キャッシュ」を意図的に作らない限りはメディアは生成されず、そのためグラフィックパワーが要求されます。

必要なときに後から最適化メディアを作成したり、キャッシュのオンオフも自由にできるため、グラフィックパワーが十分でない場合にも柔軟に対応できます。

一方、素材の場所が変わったり、ディスクからアクセスできなくなるとクリップの表示はオフラインに変わります。

素材の場所が移動してもディスクの再接続や、素材の再リンクで素早くオンラインの状態に変わります。

 

外付けのディスクが表示されない!

メディアページでディスクや特定のフォルダを表示するには、「メディアストレージロケーション」にその場所が登録されていなければなりません。

外付けディスクなどがメディアページで表示されない場合には、メニューから「DaVinci Resolve」>「環境設定」>「システム設定」タブで「メディアストレージ」を選択します。

メディアストレージロケーション

「接続されているローカル/ネットワークストレージロケーションを自動的に表示する」にチェックを入れ「保存」すると、メディアページのメディアストレージに全てのディスクが表示されます。

特定のフォルダを指定する場合は、「追加」でフォルダを指定します。

一番上に表示されているフォルダは、通常はユーザーフォルダになっていますが、スクラッチディスクとしても使用されるため、高速なディスクを選択するかキャッシュを別フォルダに設定した方が高速に動作します。

 

まずはプロジェクトのフレームレートを設定しよう!

最初にメディアプールに素材を登録するときに、現在設定されているタイムラインのフレームレートとビデオフォーマットが異なる場合、それを合わせるかどうかを尋ねるダイアログが表示されます。

イムラインのフレームレートとビデオフォーマットが異なる場合

「変更」をクリックすると、持ち込んだ素材にタイムラインの解像度とフレームレートを合わせます。通常はこれで問題ありません。目的のフォーマットと違う場合は、あらかじめ設定して「変更しません」をクリックします。

フレームレートが混在する場合や、目的のフレームレートと素材のフレームレートが違う場合は、プロジェクトのフレームレートを手動で選択する必要があります。

解像度はいつでも変更できますが、タイムラインのフレームレートは素材読み込み後に変更できません。とても面倒なので…確認しましょう。

素材を持ち込む前にプロジェクトを設定するには、

「ファイル」>「プロジェクト設定」>「タイムラインフォーマット」「タイムラインフレームレート」を設定します。

タイムラインフレームレート

準備ができたら、メディアページでメディアプールに素材をドラッグ&ドロップします。この時にMasterの下にフォルダごとドロップすると、フォルダ名のビンが作成されます。

メディアページでメディアプールに素材をドラッグ&ドロップ

 

ライブセーブの設定をしよう!

現在ベータ版のため、作業途中で動作しなくなる事が多々あります。そのため、ライブセーブをオンにしておくと、セーブをそれほど気にする必要なく作業を続ける事ができます!

ライブセーブは、「環境設定」>「Project Save and Load」にあります。

ライブセーブ

今回はここまで。

 

次のページはこちら。

DaVinci Resolve 15 Fusion の Text+で作ろう!(2)タイトルグラフィック

 

Blackmagic Design | DaVinci Resolve 15

撮影助手→ポストプロダクションスタジオを経て、2000年からフリーランス。CM、PV、TVグラフィックなどAutodesk Flame Smokeによる映像合成編集。合成作業、特殊効果など撮影技術に関してのサポート、システム構築に関するアドバイスなども行っています。
ご依頼、ご質問などございましたらお問い合わせフォームまで。

コメントを残す