PR

DaVinci Resolve19 パブリックベータ3 リリース

DaVinci Resolve 19
icon icon

2024年5月24日: DaVinci Resolve Studio 19 Public Beta 3がリリースされました。このリリースは、Blackmagicdesignのサポートウェブサイトから無償で利用できます。

2024年6月6日: BlackmagicdesignはQualcomm Snapdragon X Eliteプロセッサーのサポートを発表し、ARM版Windows用のパブリックベータ3をリリースしています。同じくBlackmagicdesignのサポートウェブサイトからダウンロードできます。

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 19での新しいQualcomm Snapdragon X Eliteプロセッサーのサポートを発表

ARM版Windows用のパブリックベータ3

ARM版Windows用の最小システム要件として

  • ARM版 Windows 11
  • Qualcomm Snapdragon X Elite シリーズ プロセッサ
  • 16 GB のシステム メモリ 4K または Fusion 使用の場合は 32 GBを推奨

を記載しています。

DaVinci Resolve19の新機能 まとめ

DaVinci Resolve19の新機能のまとめ一覧はこちら

DaVinci Resolveパブリックベータ3の新機能

このリリースで主な点はWindowsのHDRビューアサポート、UltraNRの品質向上、リプレイやトランスクリプション機能の追加改善のほかいくつかの機能が追加されています。

  • WindowsのHDRビューアをサポート。
  • UltraNRの品質が向上し、再生速度が最大50%速くなりました。
  • ノードグラフスタックの全レイヤーをリセットする機能。
  • 個々のノードスタックレイヤーをバイパスする機能。
  • 数字キーを押しながらカメラアングルをクリックすることで、リプレイ・プリロールを起動。
  • リプレイを実行する際、カメラキーを2回押すと、呼び出されたカメラをインポイントで実行します。
  • カットページの POI ダイアログで、クリア時に前の POI をマーカーに変換するオプションを追加。
  • リプレイイベントのあるタイムラインで、POIまでの距離を表示するようにしました。
  • カットページでネストされたタイムラインを分解するためのクリップコンテキストメニューアクション。
  • マルチソースビューアでクリップを探すためのコンテキストメニューアクション。
  • シングルビューのマルチソースアングルのデフォルトは、POIを中心とした5秒以内の範囲になりました。
  • ジョグホイールのトランジション選択ウインドウに、Fusion トランジションが表示されるようになりました。
  • オフラインクリップで、コンテクストメニューからトランスクリプションをクリアできるようになりました。
  • メディアを選択していない状態でトランスクリプションをクリックすると、現在のタイムラインに対してトランスクリプションが実行されます。
  • 検出されたスピーカー情報は、マルチユーザープロジェクト内のすべてのユーザーで利用できます。
  • 新規プロジェクトのデフォルトが、前回使用したスピーカー検出設定になりました。
  • ソースビューアとインスペクタで最大36チャンネルのオーディオを再生できるようになりました。
  • オーディオインスペクタが、トラックメタデータのない偶数オーディオチャンネルのクリップをステレオペアとして解釈するようになりました。
  • 環境設定でMicro Colorパネルのバッテリー残量を表示できるようになりました。
  • インスペクタからクリップごとにMusic Remixer FXを適用できるようになりました。
  • 画像シーケンス付きAMFの書き出しに対応。
  • DaVinci Remote Monitorアプリでウェブログインをサポート。
  • インストール時にDaVinci Resolve Renderer FXが自動的にアップデート対象に選ばれるようになりました。
  • 指定したインデックスにタイムライントラックを追加するスクリプティングAPIをサポートしました。
  • タイムラインのネスト時に発生するオーディオアーティファクトに対応。
  • ソーステープビューアーのナンバーパッドキーショートカットに関する問題に対応。
  • マーカーインデックスはセッション間で選択された列を保持するようになりました。
  • コンポジションをリセットまたは削除する際のユーザー確認。
  • インターレース タイムラインのトランジション デュレーションとスピード変更ダイアログの問題に対処。
  • インターレース映像の単一フレームを、トップまたはソース上書きとして編集する際の問題に対処。
  • ソース ビューアーが転写ウインドウで選択されたメディアを表示しない問題に対応。
  • 文字起こしダイアログでテキストを置き換えた後、テキストがハイライトされる問題に対応。
  • 再生ヘッドが上にある編集ポイントでカーソルが更新される問題に対処。
  • 編集ページでブレードモード時のトリムエディターの問題に対処。
  • トリムエディットモードで、リンク選択なしで編集を拡張する際の問題に対処。
  • 再生ヘッドが固定された編集ページから切り替わるときの再生ヘッドの位置に対処。
  • Fusion のポリゴンツールでオニオンスキニングを行うとクラッシュする問題に対応。
  • Fusion ビューアと RCM ワークフローに関する複数の問題に対応。
  • Fusion ビューアのゲインやガンマを変更すると、Saver ワークフローが中断される問題に対処。
  • マジックマスクのクリップがソース解像度のレンダリング設定を保持しない問題に対応。
  • 個々のストロークを表示する際に、マジックマスクの再生ヘッドが移動する問題に対処。
  • Resolve FX Warper ビューアのオーバーレイのスケーリングコントロールに関する問題に対処。
  • カラースライスツールのダイナミックキーフレームに関する問題に対処。
  • 10000 nits での彩度色相またはブラックオフセットの HDR クリッピングの問題に対処。
  • プロジェクトを再度開いたときに、ダッカーソースが持続する問題に対処。
  • マルチチャンネルオーディオの AAF インポートの問題に対処。
  • 無効な編集リストを含む MP4 クリップをデコードする際の問題に対処。
  • 言語切り替え時のタグに関する問題に対処。
  • キーボードカスタマイズウィンドウのスクリプトメニューオプションのリストに関する問題に対処。
  • 100 fps で撮影された Sony A7SIII クリップからタイムコードを読み込む際の問題に対処。
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上

WindowsでHDRビューアをサポートするには:

  • Windowsの「設定」>「システム」>「ディスプレイ」で、「HDRを使用する」を有効にします。HDR用にディスプレイを設定するにはMicrosoft サポート Windows の HDR 設定をご覧ください。
  • DaVinci Resolveの[環境設定][一般]で、[WindowsディスプレイのカラーマネジメントとビューアのHDRを使用する](Use Windows display color management and HDR for viewers)を有効にします。

DaVinci Control Panelsのアップデート:

  • このインストーラには、DaVinci Resolve Speed Editorのファームウェアアップグレードが含まれており、Bluetooth使用時のアイドル時のバッテリー消費に対応します。

DaVinci Resolve 19ベータリリースの詳細、最小システム要件などについてはこちらをご覧ください。

DeepL.com(無料版)で翻訳しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました