DaVinci Resolve 15.2 コラボレーションワークフロー

DaVinci Resolve コラボレーションワークフロー マルチユーザコラボレーションワークフローでは、共有化されたプロジェクトで複数の人が同時に編集、グレーディング、およびメディアクリップの管理をすることができます。 他の編集者による作業の競合を防ぐために、ビンやクリップで「ロック」が自動的に設定されます。この「ロック」のルール従う事で共同編集者が密接に連携して作業ができるようになります。     コラボレーションの必要条件 コラボレーションに参加する全てのユーザーはDaVinci Resolve スタジオ版が必要で、適切にセットアップされたプロジェクトサーバーに接続し READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトサーバーの設定

DaVinci Resolve プロジェクトサーバーの設定 プロジェクトサーバーを設定するとローカルネットワーク上でPostgreSQLデータベースを共有し、同じプロジェクトにアクセスできるようになります。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー     プロジェクトを複数のユーザーで共有する 複数のマシンがある場合、プロジェクトサーバーを設定すると、同じプロジェクトをインポート/エクスポートせずに同じプロジェクトを開くことができます。メディアを共有して大きなプロジェクトを複数のセクションに分け READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 ダイナミックプロジェクトスイッチング

DaVinci Resolve ダイナミックプロジェクトスイッチング 「プロジェクトマネージャー」では、通常1つのプロジェクトを開き作業しますが「ダイナミックプロジェクトスイッチング」を使用すると、RAMに複数のプロジェクトを読み込むことができます。RAMの容量に依存しするため大きなプロジェクトを開く場合はパフォーマンスが低下する場合があります。「ダイナミックプロジェクトスイッチング」を使用すると、他のプロジェクトのメディアプールからクリップとタイムラインをコピーしたり、ノード設定を別のプロジェクトのノードにペーストすることができます。 「プロジェクトマネージャー」について詳しくはこちらをご覧く READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 データベースサイドバー

DaVinci Resolve データベースサイドバー DaVinci Resolveのプロジェクトはデータベースで管理されています。以前はデータベースを管理するウインドウが別にありましたが、現在ではプロジェクトマネージャーに統合され、1つの画面でデータベースの管理ができるようになっています。 データベースを操作するには、プロジェクトマネージャーの「データベースサイドバー」を使用します。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー     データベースの違い DaVinci Resolveは他のアプ READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトのアーカイブと復元

DaVinci Resolve プロジェクトのアーカイブと復元 プロジェクトで使用されているすべてのメディアファイルをプロジェクトファイルとともに一か所にまとめてアーカイブする機能があります。別のユーザーにプロジェクトを渡したり、短期/長期のアーカイブ用としてプロジェクトとメディアを一緒に保存する場合に使用します。プロジェクトのアーカイブは「プロジェクトマネージャ」で操作します。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー   プロジェクトをアーカイブする プロジェクトマネージャを開き、アーカイブするプロジェ READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトのインポートとエクスポート

DaVinci Resolve プロジェクトのインポートとエクスポート DaVinci Resolveは他のアプリケーションのようにプロジェクトを1つのファイルとして保存している訳ではなくデータベースで管理しているため、プロジェクトのデータは「エクスポート」で書き出す必要があります。書き出したプロジェクトデータは「プロジェクトマネージャー」で「インポート」できます。 プロジェクトマネージャーについて詳しくはこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー     プロジェクトデータの受け渡し 通常、プロジェクトの「インポート」と「エクスポート」 READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクトマネージャー

DaVinci Resolve プロジェクトマネージャー DaVinci Resolveではプロジェクトをデータベースで管理しています。 アプリケーションの起動時に表示される「プロジェクトマネージャー」でデータベースとプロジェクトを操作します。プロジェクトマネージャーでは、他のマシンで作業するためのプロジェクトデータを書き出したり、バックアップを作成できます。       プロジェクトマネージャ プロジェクトマネージャはプロジェクトを管理する唯一の画面です。プロジェクトの作成、名前変更、削除を行う場所で、ほとんどの操作は右クリックで表示されるコンテキストメニューから READ MORE

DaVinci Resolve 15.2.1 アップデート

DaVinci Resolve 15.2.1の新機能 このアップデートは最新ではありません。新機能とアップデートの詳細はこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve 15 新機能まとめ 2018年11月29日 DaVinci Resolve 15.2.1のアップデートが提供されました。 DaVinci Resolve 15.2の機能はこちら。 15.2からのデータベースのアップデートは不要で、既存のユーザーは無償アップデートできます。無料のDaVinci ResolveはBMDサポートWebサイトからダウンロードできます。 Blackmagic Design サポートセンター DaVi READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 レンダー キャッシュの操作

DaVinci Resolve レンダーキャッシュの操作 DaVinci Resolveには様々な場面で使用できる「キャッシュ」があります。他のアプリケーションでは「レンダリング」や「プリレンダリング」などと呼ばれる動作で、適用されたエフェクトをプロセスする事で再生のパフォーマンスを向上させます。 「スマートモード」でキャッシュを利用すると、DaVinci Resolvがインテリジェントに判断し、必要なキャッシュを自動で作成します。「ユーザーモード」を使うとキャッシュする項目を選択できます。 プロキシとパフォーマンスモード、最適化メディアとキャッシュの構造を理解する事で作業を効率的に進めることが READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 最適化メディアの作成

DaVinci Resolve 最適化メディア 「最適化メディア」を作成すると全体的なパフォーマンスが向上します。「最適化メディア」は「キャッシュ」と異なり自動では作成されません。手動でファイルを選択し、最適化メディアを作成する必要があります。 「Rawメディア」や「H.264」などはディベイヤーや圧縮のデコード処理のためシステムに負荷がかかります。 これらをDaVinci Resolveで使いやすく効率の良いフォーマットに変換し、仕上げで使うための「最適化メディア」を作成します。「最適化メディア」は元のソースメディアと簡単に切り替えができます。 「最適化メディア」は事前にレンダリングする必要が READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロキシとパフォーマンスモード

DaVinci Resolve プロキシとパフォーマンスモード DaVinci Resolve 15ではFusionが導入され、メニューが整理されたため、以前のバージョンの操作と若干異なる部分があります。 「プロキシ」「キャッシュ」「最適化メディア」を上手く使うと作業を効率化できます。 DaVinci Resolveでは再生を支援して効率化する様々な方法があります。これらの方法を使うと再生が難しいと思われるメディアでも、最適化して再生できるようになります。 DaVinci Resolveは「レゾリューションインディペンデント」(解像度の独立性)のため、プロキシや最適化メディアの解像度が異なってい READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 Camera Raw設定

Camera Raw設定 「プロジェクト設定」の「Camera Raw」はRawメディアのデフォルトの動作を設定し、サポートされているカメラのタイプ毎にRawメディアの設定を調整します。     「RAWプロファイル」でRAWのフォーマットを選択し、プロジェクトで使用するデフォルト値を設定します。 「デコードに使用」を「カメラメタデータ」から「プロジェクト」にすると、「プロジェクト設定」を手動で設定してすべての同じフォーマットのクリップに適用できます。     Rawの処理 カメラで撮影されたRawファイルはセンサーの情報をベイヤーパターンで直接キャプチャ READ MORE

Unreal Engine 4.21でAJAとBlackmagic Designのビデオカード入出力をサポート

Unreal Engine 4.21でAJAとBlackmagic Designのビデオカード入出力をサポート Epic GamesのUnreal Engine 4.2で利用可能になったAJAのビデオカードに加え、4.21ではBlackmagic Designのビデオカードによる入出力をサポートしています。 ゲーム向けに開発されたUnreal Engineは、現在では仮想現実(VR)から拡張現実(AR)まであらゆるものに使用されています。 現在サポートされているビデオカードは以下の通りです。 AJA Kona 4 (4Kモード) Corvid 44 AJA 社のビデオ I/O が Unreal READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 ショートカットキーの登録【キーボードマッピング】

Davinci resolve ショートカットキーの登録【キーボードカスタマイゼーション】 「環境設定」>「ユーザー」にあった「キーボードマッピング」に代わり、DaVinci Resolve 15.2では単独ウインドウの「キーボードカスタマイゼーション」でビジュアルキーボードを使用してショートカットキーのマッピングが可能になりました。       キーボード カスタマイゼーション 「DaVinci Resolve」メニューの「Keyboard Customization」(Ctrl/Command + Alt/Option + K)を選択すると、テンキーと拡張 READ MORE

DaVinci Resolve 15.2 プロジェクト設定

DaVinci Resolve プロジェクト設定 「プロジェクト設定」では、タイムラインの形式、ビデオモニタリングの設定、最適化メディア、キャッシュファイルの保存場所や、スケーリング、カラーマネージメントなどのプロジェクト固有の項目を設定します。 システム全般の環境設定はこちらをご覧ください。 DaVinci Resolve 環境設定【システム】 DaVinci Resolve 環境設定【ユーザー】 DaVinci Resolve 15.2 【キーボードカスタマイゼーション】       プロジェクト設定を開く プロジェクト設定は右下にある歯車ボタンで、どのページか READ MORE