MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

波形モニターとベクトルスコープ

放送、映像業界で波形モニターといえば、テクトロニクスかリーダーといった感じ。(最近ではBlackmagicのUltraScopeを見る機会も多くなりましたが…)これらの波形モニターはハードウェアで構成され、入力された信号に対し正確に視覚化、数値化して表示します。(波形だけではなく、様々なデータを点描表示することからラスタライザと呼ばれることがあります。)

テクトロニクス

リーダー電子

最近ではアストロデザインからHDR対応の4K 波形モニターも出ています。

また、アプリケーション内で波形モニターを表示するソフトが増えてきまました(Adobe Premiere Pro CC 2015.2ではHDR波形がサポート!)。ちょっと古いですが、Smoke(Flame)のベクトルスコープと波形モニターのムービーです。

これらはソフトウェア内で処理する信号を計測しますが、外部出力された信号を監視するわけではありません。ソフトウェア処理の波形モニターは幾つかあり、ScopeBoxを使用しています。

ScopeBox

ScopeBoxはAJAやBlackmagicの外部キャプチャーカードやボックスを使用し、外部信号をモニタリングするMac専用のアプリケーションです。

Divergent Media ScopBox

入力信号は外部ハードウェアに依存するので、4Kから2K、HD、SDまでモニタリングすることが可能です。外部入力のソースはそのままレコーディングし、ProResやDNxHDにトランスコードもできる優れモノ。

アドオンのScopeLinkをインストールすると、FCPXやPremiere、AfterEffectsなどのアプリケーションをソースとして使用することができるようになります。

新しいver 3.5.1ではPomfortのSilverstackも仲間入り。(Silverstackの最新バージョンではHD SDIのアウトプットも可能になり、オンセットのデータ確認がその場で出来るようになっています。)

Synergy KK – Silverstack

表示項目は、プレビュー画像に加え一般的なウェーブフォーム、ベクトルスコープ、RGBパレード、YCbCrパレード、RGBヒストグラム、LUMAヒストグラムなどが表示できるほか、オーディオメーター、チャンネルプロット、タイムコードなど多岐にわたります。(タイムコードはシリアルかSDIに重畳されたSMPTE RP188を読みます。)

項目はユーザーがカスタマイズして配置できるので、必要な項目だけを表示したりシチュエーションによって切り替えることができ、それらを保存、読み出しが可能です。

なぜ波形モニターが必要なの?

高機能な波形モニターはガマット(色域の領域)表示ができたり、エラーをロギングする機能があるのですが、そこまで必要がない場合はソフトウェアの波形モニターでも充分な場合があります。

信号監視だけではなく、クリエイティブな面からも波形モニターの使用をお勧めします。

波形モニターの見方

ウェーブフォームは輝度値とクロマ値を見ます。横軸は画面の左右で、縦軸が明るさ(輝度)です。クロマでフィルタリングするとクロマ量をチェックできます。

ベクトルスコープは色の方向性(色相環)を示します。円の中心ほどクロマが少なく、外側に行くにつれクロマが上がります。カラーバーのR(レッド)M(マゼンタ)B(ブルー)C(シアン)G(グリーン)Y(イエロー)がそれぞれ四角の中に収まっているのが正しい状態です。「ヒュー(色相)を回す」と言いますが、360度回すと元に戻ります。

主にウェーブフォームとベクトルスコープはブロードキャストセーフカラーをチェックする場合に使用されます。

一方暗部、中間部、ハイライトの部分の明るさや色を調整する場合には、パレードやヒストグラムを使用します。ヒストグラムの横軸は明るさで、左が暗く右が明るくなります。縦軸は画面内のピクセルの総量です。ヒストグラムの横軸が狭い場合はローコントラスト、広い場合はハイコントラストになります。

パレードはRGBもしくはYCbCrで分割して表示でき、横軸が画面の左右で縦軸がそれぞれのチャンネルの量(レベル)になります。

例えば、画面の明るい部分や暗い部分の色のバランスを変える場合、特にどちらかの色に寄っていない限り必然的にクロマの量は少なくなるのでベクトルスコープの中心に集まります。その場合、ヒストグラムの横軸やパレードの上下の部分のバランスを変えることで調整できますが、色の方向性はベクトルスコープを拡大して確認する必要があります。

最近では外部出力のモニターと操作するモニターで別のLUTを当てることもできるようになりました。外部出力の信号が正しいかどうかもチェックする必要がありそうです。

コメントを残す