Autodesk Flame 2017リリース【NAB 2016】

NAB 2016にてAutodesk Flame ファミリー(Flame Premium、Flame、Lustre、Flare、Flame Assist)の2017のリリースが発表されました。 Flame Unleashed 2015年IBCで発表されたサブスクリプションベースの新しいAutodesk Flame ファミリーでターンキーシステムからソフトウェアベースの販売に変わり、Flame、Lustreはそれぞれ単独でソフトウェアライセンス契約が可能となりました。FlareやFlame AssistはFlameのライセンスを所有していなくても契約でき、FlameはLinux版だけではなくOSX版もリリースされています。(LustreはLinux版のみ) ハードウェアの制限も無くなり、公式の動作環境をベースに自在にカスタマイズできるようになっています。 Flameファミリー動作環境 1ヶ月 READ MORE

オフライン編集とオンライン編集の違い

オンライン、オフラインと言うとネットワークに繋がっているかどうかをイメージする方も多いと思いますが、映像編集ではそれとはちょっと別の話だったりします。 撮影済みの素材をネイティブで扱える編集ソフトウェアも多くなり、オフライン編集とオンライン編集を区別なく行えるケースも増えてきました。 オフライン編集とは オフライン編集とはいわゆる「仮編集」のことです。 オフライン編集とは、カメラで撮影されたオリジナルのフィルムストックもしくはビデオテープに影響を与えることなく、生の素材をコピーし編集する映画制作やテレビ番組制作でのポストプロダクションプロセスの一部です。一度オフライン編集で仕上げられた編集は、オンライン編集ステージでオリジナルのメディアを使い組み上げます。 オフラインと云う用語は元々コンピューティングとテレコミュニケーションから発生し、「装置が他の装置の直接の影響下に無い状態」を示します。 READ MORE

【コンフォームの重要性】Davinci ResolveでのALEの挙動について

映像制作では長尺になるほど多くの人が携わり、様々なアプリケーションが使用されます。一つのアプリケーションで完結する場合はそれほど気にする必要はありませんが、共同作業ではコンフォームを意識する必要があります。 コンフォームとは、仮編集された内容を元にオリジナルのソースに関連付けて再編集を行う作業の事です。いわゆるオフラインの後のオンライン編集作業で、データが重くなり高解像度になるほどコンフォームの重要性が増してきます。 ALEとは Avid Log Exchangeの略でいわゆるショットリストです。、シンプルなタブ区切りのテキストデータで構成されたメ タデータの交換フォーマットで、古くはフィルムプロジェクトをビデオに変換するために使用されていました。 編集データを相互でやりとりする時に、AAFやXMLを用いて行う場合が多くありますが、AAFなどの場合タイムコードや名前、テープ名など一部を除き READ MORE

Share the Flame Experience vol.1 開催

Autodesk Flameのユーザーイベントが開催されます。 お知らせをする前にすでに満席なのですが… 2015 年 7 月 16 日(木)に「Share the Flame Experience vol.1」と題して、Autodesk Flame User Group JAPANのイベントが開催されます。世界各地にFlameのユーザーグループがあるのですが、まだ日本ではそのような団体がないため、以前から自分が主催しているFacebookグループ「Flame Smoke User Group JAPAN」に白羽の矢が立ちました! Share the Flame Experience vol.1 | Autodesk :: AREA JAPAN | イベント情報 このイベントは、コアな Flameアーティストに向けて技術情報やチップスなどを共有することが目的です(2016の機能紹介とディス READ MORE

LTOによるコールドアーカイブの必要性

撮影したデータをLTOに保存する意味があるのかと聞かれることがあります。物理的問題でHDDは衝撃に弱く、テープは安全ということはよく言われますが、保存状態やメディアを移動する手段によっては同様に危険を伴います。今回は物理的な問題ではなく中身の問題です。 メディアのバックアップ 撮影されたメディアはオリジナルから完全に同一であることを確認した上(ハッシュチェック後)、編集処理される前に確実にLTOにバックアップする必要があります。テープメディアと違いファイルベースのシステムではデータメディアに撮影時のデータなど、目に見えないメタデータが多く含まれる事になります。変換やほんの少しの操作で失われる可能性があり、多くの場合は大元を辿らなければ完全に復元することは出来ません。 HDDの場合、電源を入れればすぐにアクセスできる状態です。ZipやTarで圧縮してあればそれらのファイルに直接アクセスするこ READ MORE

株式会社バスクにて4K内覧会、セミナーが開催されました。

8/28、29両日、株式会社 バスク(東京都 新宿区)にて4K内覧会とセミナーが開催されました。ドラマなどを多く手がけるバスクが新たに導入した4Kシステムとネットワークベースのサービスの展示です。4K映像制作ではXAVCが主流になるととらえ、4KとHDの比較でのデモンストレーションになります。今年のNABで発表された機器もメーカーのメインターゲットは30Pベース。60Pはまだまだといった感じです。そのような環境の中でバスクは4K 60P制作にチャレンジしています。 バスクでは4K映像制作環境としてSONY F55を4台とRED EPIC-Xを2台所持し、撮影からオフライン、カラーグレーディング、フィニッシング、MAまで一貫したワークフローを提供しています。さらに4Kを扱えるターンキーのAutodesk Flame Premium 2015やAdobe Premiere Pro CC(ビデオ READ MORE

InterBEE 2013 にて映像・技術交流会「技術交流カフェ」を展開

昨年に引き続き、日本エレクトロニクスショー協会様のご協力のもとInterBEE2013にて映像技術交流会が「技術交流カフェ」ブースを持つ事になりました。幕張メッセ正面入り口の右手、登録カウンター裏(ホール4 2F)になります。 温かいコーヒーをご用意してお待ちしておりますので、展示会の一休みにちょっとしたカフェとしてもご利用いただければと思います。 メーカーやユーザー、代理店や販売店などの垣根を越えたフラットなコミュニケーションが出来る場所を提供できればと考えています。日頃疑問に感じている事や実際の現場で困っている事などがあればどんどん投げてみてください。インターネットで情報がすぐに手に入る時代に人との交流で何か良いアイデアが生まれるかもしれません。 メンバー限定グッズも作成しています。 昨年とは色違いです。 「グレーディング基礎講座」 日時:11/13 16:00- 場所:技術交流カフェ READ MORE

【IBC 2013】Autodesk Flame Premium 2014 の新機能

AutodeskはIBC 2013にてFlame Premium 2014を発表し、2013年9月13日より発売を開始しました。 Flame Premium 2014は Flame Premium 2013 20th Anniversaryをもとに、編集ツールセットAutodesk Smoke AdvancedソフトウェアとAutodesk Lustreのリアルタイムカラーグレーディングの機能を統合した製品です。 Flame Premium 2014ではサブスクリプションメンバーのみ利用可能なFlame Premium 2013 20th Anniversary Editionのエクステンションサービスパックを含む全機能に加え、新機能やグレーディング機能の強化、パフォーマンスの向上、ユーザーのリクエストによる使いやすさの向上などの機能が追加されています。 AREA | Autodesk F READ MORE

CG、VFXアーティストも必見! Autodesk Smoke イベント情報

Autodesk Smoke ウェビナー 2013年6月27日(木) 14:00〜15:30 Khaki 水野氏が最新のMVのコンポジットを元に、マットペイント、FBX、リニアワークフローをウェビナーで解説します。放送の最後にはQ&Aコーナーがあり、水野氏への直接質問も可能です。 ウェビナーのためインターネット接続が可能なブラウザ環境があればどこでも見ることができます。 限りある時間で最大限のクオリティへ ~Smokeによるマットペイント、FBX、リニアワークフロー活用術~(事前登録が必要) また、前回配信された「NAB 2013レポート & Smoke 2013チップス」が7/5まで配信中です。 第一回 Autodesk Smoke User Conference ウェビナーの翌日、2013年6月28日(金)16:00〜20:00 晴海トリトンスクエア オフィスタワー READ MORE

ブラックマジックデザインNAB2013新製品説明会 リポート

2013年5月16日(木)・17 日(金)秋葉原、5月23日(木)・24日(金)に大阪にてブラックマジックデザインNAB2013新製品説明会が開催されました。 東京会場ではNAB2013で発表された「Ultra HD」と「6G-SDI」製品や新製品および、Blackmagic Production Camera 4KやBlackmagic Pocket Cinema Cameraなどの展示説明に加え、カラリストのGiles Livesey氏のResolve 10のデモンストレーション、株式会社ライトメディアの松井幸一氏によるUltra HD 4Kワークフローについての解説、レスパスビジョン株式会社の久保江陽介氏および株式会社スパイスの由利幸一氏によるユーザー・プレゼンテーションが行われました。 会場後方には動作可能なBlackmagic Pocket Cinema CameraやBlack READ MORE