【FCP X】Final Cut Pro X 10.3.2 アップデート

2017.1.19 Final Cut Pro X 10.3.1のアップデートが行われ、いくつかの新機能が追加されました。 オーディオファイルのカスタムフォルダをサウンド・エフェクト・ブラウザに追加できます。 オーディオのみのクリップでリップル削除を行っても、選択範囲が無効にならなくなりました。 再起動後もオーディオメーターのカスタム幅が維持されます。 非常に長いプロジェクトの編集時の反応がよくなりました。 H.264 ファイルの書き出し時およびフレームレートの変更時のパフォーマンスが改善されました。 Compressor を使って ProRes 4444 ファイルを透明度付きで書き出した場合に、正しいアルファチャンネルが作成されます。 複数行タイトルの行間を調整したときに、最初の行しか調整されないという問題が解決されました。 ロールが混在する第 2 のストーリーラインがタイムラインで重な READ MORE

【FCP X】Final Cut Pro X 10.3.1 アップデート

2016.11.29 Final Cut Pro X 10.3.1のアップデートが行われ、いくつかの問題が修正されています。 システム環境設定の「言語と地域」でスペイン語を設定しているときに、ビューアで画像がトリミングして表示される問題が解決されました。 ライブラリのアップデートに関する問題が解決されました。 「パラメータをペースト」を使ってクリップ間で色補正をコピーする際に起きる問題が解決されました。 Final Cut Pro X リリースノート

【FCP X】Final Cut Pro X 10.3 アップデート

Final Cut Pro X 10.3の新機能 新しいインターフェイス 新しいダークインターフェイスでビデオに集中 整理やカラーグレーディングなどの作業ごとにウインドウレイアウトをカスタムワークスペースとして保存 セカンドディスプレイでタイムラインの全画面表示/非表示を切り替え インスペクタを画面いっぱいの高さで表示 マグネティックタイムライン 2 クリップをロール (ダイアログ、ミュージック、エフェクト) ごとに色分けして、プロジェクト全体を一目で把握 ロールの作成、割り当て、色の設定により、オーディオクリップとビデオクリップのタイプを簡単に識別 改良されたタイムラインインデックスでオーディオロールをドラッグアンドドロップしてタイムラインのレイアウトを変更 タイムラインインデックスの「焦点」ボタンを使って、特定のオーディオロールだけを表示し、ほかのクリップを非表示 タイムラインインデッ READ MORE

【FCP X】Apple プロ向けビデオフォーマット 2.0.4

Appleがプロ向けビデオフォーマット 2.0.4をリリースしています。すでにFinalCutProXなどをインストールしている場合、アップデートはAppStoreから行えます。 バージョン2.0.4の新機能     •AVC-LongG、XAVC、およびXF-AVCのサポート プロ向けビデオフォーマットには、次のプロビデオコーデックのサポートが含まれています:     •Apple Intermediate Cordec     •Apple ProRess     •AVC-Intra     •DVCPRO HD     •HDV     •XDCAM EX/ HD/ HD422     •MPEG IMX     •非圧縮 4:2:2 プロ向けビデオフォーマットでは、次のMXFのサポートが含まれています。     •Final Cut ProのXとMotionでMXFファイルのネイ READ MORE

【FCP X】Final Cut Pro X 10.2.3 アップデート

2016年2月4日 Final Cut Pro X、Motion、Compressorのアップデートがリリースされています。 Final Cut Pro X バージョン 10.2.3 の新機能 • カスタマイズ可能なデフォルトエフェクトにより、キーボードショートカットに割り当てられたビデオエフェクトとオーディオエフェクトの両方を選択可能 • Appleデバイス用のビデオファイルを作成できる4K書き出しプリセット • SAN上のライブラリを開くときの速度を向上 • OS X El CapitanのDashboardでのタイムコード表示に影響することがある問題を解決 • Canon C300 Mark IIのビデオファイルを含むCanon XF-AVCの読み込み • 複数のYouTubeアカウントへのビデオの共有が可能 • プロジェクトを開いたとき、またはCompressorに共有したときに、 READ MORE

【FCP X】Final Cut Pro X 10.1.4 アップデート

プロビデオフォーマット 2.0アップデートでMXFファイルをネイティブで読み込み、編集、書き出しが可能になりました。さらにAVC-Intra の MXF ファイルの書き出し、Panasonic の AVC-LongG メディアの読み込みおよび編集がサポートされています。以前は他社製品(Hanburg Pro Mediaのプラグイン)を使用してMXFを読み込む形式でしたが、OSネイティブで対応したようです。プロビデオフォーマット 2.0アップデートはFinal Cut Pro 7でも使用することができます。(ファイル>書き出し>MXF…から書き出しできますが、あらかじめ対応するシーケンス設定に合わせる必要があります。) Hamburg PRO Media – PROfessional Software Solutions for Media FCPXでMXFを書き出す場合は出力先 READ MORE

【FCP X】Final Cut Pro X 10.1.2 アップデート

2014/06/28 Final Cut Pro X 10.1.2がリリースされました。同時にMotion 5.1.1、Compressor 4.1.2もアップデートされています。また、ProApps Codecs v1.0.5もダウンロードできるようになっています。 アップデートの注意点:アプリケーションのバックアップ 以前のバージョンをインストールしている場合、アップデートでアプリケーションが上書きされるため、アプリケーションのバックアップをとる事をお勧めします。(注意:過去のバージョンをダウンロードする事はできません。) Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法 アップデートの注意点:ライブラリのバックアップ Final Cut Pro Xを起動するとライブラリのアップデートを行うア READ MORE

【FCP X】Final Cut Pro X 10.1 アップデート 【ライブラリとバックアップ】

12/19のMacProのオーダー開始とともに発表された、Final Cut Pro X 10.1では多くの新機能が追加されています。動作環境は10.9 (Mavericks)以降です。 アップデートの注意点:アプリケーションのバックアップ 以前のFinal Cut Pro Xのバージョンがインストールしてある場合、アップデートでアプリケーションが上書きされます。プロジェクトとメディアの管理の方法が大きく変わっているのでアプリケーションのバックアップをお勧めします。(注意:過去のバージョンをダウンロードする事はできません。)圧縮をしていないとアプリケーションとして認識してアップデートされてしまいます。 Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法 プロジェクトとイベントのバックアップ Fina READ MORE

【FCPX】 メディアの管理と再接続

素材の取り込みとトランスコードには幾つかのパターンがあり、適切な選択をすることで編集作業のスピードとストレスが変わります。 パターン1:イベントフォルダーにコピーし、トランスコードする。 一般的な使い方で、素材の読み込み時にイベントフォルダーにコピーとトランスコードのチェックボックスをオンにします。 オリジナルをイベントフォルダーにコピーし、最適化されたメディアやプロキシメディアを生成して再生時に切り替えて作業したり、イベントとプロジェクトをバックアップすることで過去の編集作業に即時に戻る事ができます。 Final Cut Pro>環境設定>再生にある再生設定で切り替えます。 ただし、オリジナルとトランスコードされた両方のメディアの分だけストレージの容量が必要で、コピーとトランスコードに時間がかかります。長尺のプロジェクトの場合、容量と変換時間がネックになります。 オリジナルの素材を高品質 READ MORE

【FCP X】Final Cut Pro X 10.0.8 アップデート

Final Cut Pro X 10.0.8がリリースされました。アップデートの前に最善なアップデート方法を参照し、プログラムとデータのバックアップを作成することが推奨されています。   Final Cut Pro X:最善なアップデート方法 Sony XAVC コーデック(最高解像度:4K)のサポート 「ProApps QuickTime コーデック v1.0.2」がリリースされ、 新しくXAVCコーデックがサポートされました。ソフトウェアアップデートから更新できるほか、サポートページからダウンロードも可能です。このアップデートは、Final Cut Pro X、Motion 5、および Compressor 4 のすべてのユーザに推奨されます。(OS X 10.5.6 以降、QuickTime 7.6 以降) ProApps QuickTime コーデック v1.0.2 「F READ MORE