MotionWorks.jp | EDIT / VFX / Grading

【 Lion Server 】SMB Active Directoryに接続せよ!その3

その1その2はこちら。

サバ雄 :「ほらほら、さっさと繋げ」

風太  :「先輩〜今やってますよー、で何からやるんです?」

サバ雄 :(何からって…今やってると言ったのに…)「まずはドメインに参加しないとな…」
 

今回はActive DirectoryサーバーとクライアントのWindows7を接続します。

まずはDNSがきちんと稼働していて、ネームサーバーに接続できているかをnslookupなどで確認します。

(中略)

コントロールパネルのシステムを立ち上げ、「コンピューター名ドメイン、ワークグループの設定」の「設定の変更」をクリックします。

システムのプロパティからネットワークIDで設定します。


 

風太  :「これって下の『変更』じゃだめなんですか?」

サバ雄 :「『変更』でもできるがウィザードを使うことで簡単に設定できるんだ。」

風太  :「へー」

サバ雄 :「さあ、どんどんいくぞ!」

 

次に「このコンピューターはビジネスネットワークの一部です…」を選択します。

「ドメインを使用している」を選択します。

ここではクライアントコンピューター名はAIR、ドメイン名はSERVER.MOTIONWORKS.PRIVATEになります。サーバー側は(アドレス192.168.1.2)クライアント側は( アドレス192.168.1.3)です。

ドメインに参加するコンピュータ名を入力します。

 

風太  :「先輩、なんかエラーが出て進めませんよ…」
     「(A)Hostまたは(AAAA)レコードが不足してるって…」

サバ雄 :「名前(ホスト名)から住所(アドレス)を判断できないってことか…」

 

 

風太  :「ところで(A)とか(AAAA)とかって何です?」

サバ雄 :「(A)はIPv4で(AAAA)はIPv6での名前解決のレコードだな」

風太  :「IPv4とかIPv6とかって何です?」

サバ雄 :「お前のアドレスの192.168.1.3とかがIPv4だ。」
     「この世界ではIPv4が枯渇して来てIPv6に移行してきている。詳しくはWikipediaでも見ろ。」

サバ雄 :「まあ、俺がサーバー側で設定してこよう」

 

サーバー側のDNSで逆引き参照ゾーンに新しいゾーンを作成する必要があります。
サーバーマネージャーの逆引き参照ゾーンを選択し、操作>新しいゾーンを選びます。

新しいゾーンウィザードを開始します。

プライマリーゾーンを選択します。

このドメインのドメインコントローラー上で実行しているすべてのDNSサーバーを選択します。

逆引き参照ゾーンをIPv4に設定します。

逆引き参照ゾーン名を決定します。ここではプライベートネットワークの192.168.1.xを使うので192.168.1までを入力します。これは、使用するネットワークにあわせて変更します。

自動的に前方参照ゾーンにサーバーが追加されます。

HOST(A)をダブルクリックしプロパティを表示し、関連つけられたポインターレコードを更新するをチェックすることで、逆引き参照ゾーンに(PTR)として反映されます。

 

サバ雄 :「さて、風太のためにアカウントでも作っといてやるか。」

 

サーバーマネージャーの操作>新規作成>ユーザーでユーザーアカウントを作成することができます。

名前とユーザーログイン名を入力します。

作成したときと同じパスワードを使用する場合は次回ログイン時にパスワード変更が必要のチェックを外します。

 

サバ雄 :「ほら風太、アカウント作って来てやったぞ。」

風太  :「ありがとうございます!じゃあ、もう一度やってみますね。」

(中略)

風太  :「いけました!じゃあ、再起動してログインしてみますね。」

 

ログイン画面

 

風太  :「SERVER.MOTIONWORKS.PRIVATE?\fu-ta っと」

サバ雄 :「SERVER?\futa でもいけるぞ…」

風太  :「パスワードを入力っと……………………」

 

”サーバーのセキュリティ データベースにこのワークステーションの信頼関係に対するコンピュータアカウントがありません”

 

風太  :「入れないんですけど(泣)」

サバ雄 :「Windows7では時々あるみたいだな…」

サバ雄b:「ローカルでログインする必要があるな…ちょっと貸してみろ。」

風太  :「はい…」

 

 

サバ雄 :「 フルコンピューター名にDNSサフィックスが入っていないな…これを入れて再起動っと。」

 

サバ雄 :「どうだ?」

 

風太  :「ログインできました!(喜) 原因は何だったんでしょうね?」
サバ雄 :「さあな、きっと魔物でもいたんだろう。」

 

無事にログインできたようです。すると、遠くからリオンが駆け寄り、

 

リオン :『大変!たいへん〜!』

 

サバ雄 :「!!」
風太  :「!!」

 

いったいどうしたんでしょうか?

 

つづく…

 

 


Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard (5 クライアント アクセス ライセンス付) SP1

コメントを残す