IBC 2013:AJA 新製品情報

Io 4K テクノロジープレビュー Thunderbolt 2を搭載した4K/UHDの記録再生可能なポータブルなデバイスが発表されました。新しいMacProが出荷後にリリースされるようです。 Io 4KではThunderbolt 2を搭載し10ビットの品質の4K/UHDとHD/SDのキャプチャーとプレイバックが可能になります。 Io 4Kには以下の機能が搭載予定です。 4つの双方向3G-SDI 既存のサンダーボルトホストとの後方互換 HDMIによる4K/UHDの入出力 SDIとHDMIの同時出力 4KからHDへのリアルタイムダウンコンバージョン 二つのThunderbolt2ポートでストレージやディスプレイなどデイジーチェーン接続可能 SDIの16チャンネルエンベデッドオーディオ HDMIの16チャンネルエンベデッドオーディオ DB-25アナログオーディオアウト バッテリまたはAC使用のた READ MORE

Premiere Proとの連携が強化!Adobe SpeedGrade CC レビュー

NAB2013で発表された次世代のAdobe SpeedGradeでは、新しい機能の追加とAdobe Premiere Proとの連携が強化されています。 Adobe Premiere Pro CC の新機能はこちら   SDIビデオモニタリング Mercury Transmit! 待望のビデオモニタリング! 今までセカンドモニターにSDI出力をする場合、WindowsでNVIDIA のQuadro SDI出力カードを使用するしかありませんでした。 Adobe SpeedGrade CCではマーキュリー トランスミットを経由し、セカンドディスプレイのモニタリングにAJAや’Matroxなどのビデオ I/Oが使用できるようになります。ドライバーが提供されればPremiereと同じ環境でプレビューすることができ、以前のようにNVIDIAのSDI出力カードも使用できます。   READ MORE

NAB 2013 : AJA 新製品情報

NABにて発表されたAJAの新製品情報です。 新たなミニコンバーターを発表 新たなミニコンバーター 「Hi5-4K」と「ROI」が発表されました。「Hi5-4K」は、4本の3G-SDIを、4K 対応のHDMI 1.4aに変換するコンバーターです。SDIにエンベデットされたオーディオを4K HDMI エンベデッドオーディオとして使用可能になります。 「ROI」は、コンピュータ信号のDVI-D または HDMI からSDIへ変換します。DVI-Dはループスルーが搭載され、モニタ接続を維持したまま SDIへの変更が可能になります。DVI-DはVGA (640×480) からWUXGA (1920×1200) 60 Hzまでがサポートされ、オーディオはコンピュータから出力される2チャンネルのアナログオーディオまたはをHDMIから出力されるオーディオを入力でき、SDIにエンベデッ READ MORE

【コラム】現場での波形モニター

多くの場合、収録では波形モニターが必要になります。     Adobe CS5.5まではOnLocationという波形表示と取り込みを同時に行うソフトウェアがありました。(元はSerious Magic DV Rack)このソフトウェアは2012年4月23日に開発と販売を終了し、Adobe Preludeにその道を譲っています。Adobe Preludeはファイルベースのインジェストに特化しておりソフトウェア上で取り込みや波形表示はできません。   On Locationの弱点はFirewireによるDV、HDVの取り込みしかサポートしない点でした。現在ではThunderboltで接続されたBlackmagic UltraStudioやAJA IoXTなどで簡単にSDI接続でラップトップでキャプチャーができます。Blackmagic Media Express READ MORE

Canon Logで撮影する CM制作実践セミナー[完パケ] バックヤード

2012年9月21日、Canon Logで撮影する CM制作実践セミナー[完パケ] が富士ソフトシアタールームで開催されました。そのバックヤードです。   開催中に裏でAutodeskさんとAJAさんが実機を展示していました。     展示されているAutodeskのSmoke 2013はiMacで動作しています。     今回のセミナーではMacbook Pro Ratinaを現場に持ち込み、編集やグレーディングを行うという話でした。しかし、ベースにはデスクトップがあった方がパワーや安定感が違います。   Autodesk Smokeのライセンスはノードロックとネットワークの2つのライセンス形式があります。今は体験版でどのマシンにもインストールが可能ですが、年末に正式な製品版が出荷されるとライセンス認証が通ったマシンしか動作しま READ MORE

IBC 2012 AJA 新製品情報

IBC(オランダ アムステルダム)にて発表されたAJAの新製品情報です。 T-TAPの出荷が開始 IBC 2012でT-TAPの出荷開始がアナウンスされました。   NABで発表されたT-TAPはThunderbolt接続のバスパワーで動く10bitSD,HD,2K対応のSDIとHDMIの出力デバイスです。8chエンベデッドオーディオに対応し、SDIとHDMIは同時出力が可能です。BMDのMini Monitorとの差異は2K(2048 x 1080PsF 23.98, 24)出力と3D HDMI出力が可能な点で、3年間の保証が付き、日本でも出荷が開始されました。     T-TAP – T-TAP – Io ファミリー – AJA日本語ウェブサイト 株式会社アスク AJA Video Systems社、Thunderbol READ MORE

株式会社アスク Canon Logで撮影するCM実践セミナー開催

Canon Logで撮影するCM制作実践セミナーのリポートはこちらをクリック!     2012年8月31日に富士ソフト アキバプラザでCanon Logで撮影するCM実践セミナーが行われ、本日20日から受付が開始されています。費用は無料です。(事前登録が必要です。)   主催は株式会社アスク、共催がキヤノンマーケティングジャパン株式会社、オートデスク株式会社、AJA Video Systems Inc.、企画がStudioHelp株式会社です。   このイベントでは実際にEOS C300を使いCanon Logでの実践的なワークフローが紹介され、Autodesk SmokeやQTAKEなどを使用し撮影から編集合成までの流れを1日で体験出来ます。   撮影スタジオでの撮影状況をライブで中継し、セミナー会場で実際にCM制作を見みることが出来、 READ MORE

AVID DS 11 リリース

Avidは同社のDSソフトウェアをアップグレードしています。新しいバージョンではレンダリングと書き出しの時間短縮がされています。新しく追加されたファイルフォーマットとハードウェアのサポート、16チャンネルのエンベデッド·オーディオ、およびAVIDアーティスト·カラーとアーティスト·トランスポートのコントロールサーフェースの統合が含まれています。   Avid DS11ではトランスコードステップを排除し、XDCAMに採用されているようなlong-GOP MXF ファイルフォーマットと、DNxHDの444メディアのリアルタイム編集を新たにサポートしています。また、Open EXR と TIFF DCDMをサポートすることでHDR画像を使用可能にします。   Redのサポートも拡張され、エピックとスカーレットのフッテージを混合して使用することができます。また、オーディオミキサ READ MORE

NAB 2012: AJA新製品情報

近日発売予定のAdobe Creative Suite 6をサポート AJA Video Systems社は、Io Express、Io XT、KONAシリーズでAdobe CS 6をサポートすることを発表しました。Adobe CS 6対応の新しいドライバがMac、Windowsユーザー向けにAdobe CS 6出荷開始と同時に無償でダウンロード出来るようになる予定です。新しいドライバはAdobe Premiere®Pro CS6の新しいTransmitプラグインによるビデオ出力をサポートしています。 AJA Video Systems社、近日発売予定のAdobe Creative Suite6 ソフトウェアをサポート – プレスリリース   4K, 2Kレコーディング対応「Ki Pro Quad」を発表 Ki Pro Quadは、4K (4096×2160 READ MORE

Autodesk Smoke 2012 for Mac OSX Ext.1 がリリース

Autodesk Smoke 2012 for Mac OSX エクステンション1(以下 Ext1)がリリースされています。サブスクリプションアドバンテージパックと題され、サブスクリプション(年間保守契約)ユーザーのみがダウンロード、使用可能になっています。 サブスクリプションに加入していないユーザーはSP3(サービスパック)が利用でき、SP3は主にバグフィックスが中心のアップデートになっています。 Ext1(のみ)では様々な機能が追加されユーザーに利便性を供給しています。 主な機能としては