DaVinci Resolve 15 編集 タイムライン(UI)

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

編集ページ タイムライン インターフェース

タイムラインには、新規で作成されたタイムラインや、ほかのプログラムで作成されたデータをインポートしたタイムラインが表示されます。タイムラインを開くには、メディアプールにあるタイムラインをダブルクリックします。

 

 

編集タイムライン

 

編集タイムライン

 

タイムラインルーラー

タイムラインルーラーはプログラムのタイムコードを示し、再生ヘッドがクリップの現在のフレームを示します。タイムラインに追加されたマーカーはタイムラインルーラーに表示されます。

 

タイムラインルーラー

タイムラインルーラーを右クリックすると、イン点やアウト点のマーク、マーカーの追加、範囲マーカーへ変換などができます。設定したイン点やアウト点、マーカーなどはドラッグして移動できます。

 

再生ヘッド

再生ヘッドは、カラーページやフェアライト ページなどの各ページの再生ヘッドと連動します。再生ヘッドの位置のクリップは「編集インデックス」で強調表示されます。再生ヘッドもしくは、再生ヘッドから延びるラインをドラッグすると、タイムラインを移動できます。

メニューの「タイムライン」>「再生ヘッドの位置のクリップを選択」をオンにすると、常に再生ヘッドの位置にあるクリップが選択されます。

 

再生ヘッドの位置のクリップを選択

 

タイムコードフィールド

再生ヘッドの位置の現在のタイムコード値を表示します。タイムラインのタイムコードで再生ヘッドを操作する場合は、タイムラインビューアのタイムコードフィールドを使います。

 

タイムコードフィールド

 

ビデオトラック

複数のビデオトラックをサポートします。各トラックの左側にトラックヘッダーがあります。

 

ビデオトラック

 

トラックヘッダー

トラックヘッダーにはさまざまなコントロールがあります。

  • トラックの色:
    各トラックはトラックヘッダーを右クリックし「トラックカラーを変更」で新しい色を選択できます。トラックの色は、編集ページのミキサーやフェアライトページのミキサーとオーディオメーターに対応しています。
     
  • 配置先コントロールとトラック番号:
    タイムラインのトラックにはV1、A1などトラックの種類と番号が表示されます。トラック番号は配置先コントロールとして機能します。
     
    配置先コントロールとトラック番号
     
    配置先コントロールは、ソースをどのトラックに編集するかを指定します。オレンジ色のトラック番号が配置先に指定されたトラックです。トラック番号をクリックして切り替え、選択されていない場合は薄いグレー、編集で無効にする場合は濃いグレーで表示されます。
     
    例えば、V1〜V3がある場合、配置先コントロールをV2に設定して「挿入」編集するとV2トラックにビデオがインサートされます。
     
  • トラック名:
    トラック番号の隣にトラック名(ビデオ1、オーディオ1など)が表示され、トラック名をクリックすると名前が編集できます。トラック名は編集ページのミキサーとフェアライトページのミキサーにも使用されます。
     
  • トラックの有効化 / ミュートボタン:
    トラックのオン/オフを切り替えます。トラックを無効にするとボタンにスラッシュが表示されます。無効なトラックにあるクリップは、ビューアやカラーページに表示されず、レンダリングや出力はできません。オーディオトラックはミュートボタンです。
     
    トラックの有効化 / ミュートボタン
     
  • トラックロックボタン:
    トラックがロックされていると、クリップの置き換え、移動、編集はできませんが、グレーディングはできます。オンの場合は明るいグレー、オフでは暗いグレーで表示されます。Ctrl/Commandを押しながらロックボタンを押すとポジションロックになります。
     
    トラックロックボタン
  • 自動選択ボタン:
    自動選択ボタンはトラックの選択を自動行うためのボタンです。通常は全てのトラックでオンになっています。
     
    自動選択ボタン

    イン点とアウト点を設定した範囲でキーボードを使いコピーやトリム、削除といった操作をすると、自動選択がオンのトラックが影響します。影響したくないトラックがある場合は自動選択をオフにします。
     
    手動で選択したクリップは自動選択よりも優先します。トラックの自動選択がオフの場合でも、手動で選択したクリップは影響を受け操作できます。
     

  • オーディオチャンネルタイプインジケーター:
    トラックが使用するチャンネルの構成を表示し、モノラル、ステレオ、5.1,7.1、およびアダプティブのチャンネル数を表示します。
     
  • クリップ数:
    トラックにあるクリップの数が表示されますが、トラックの幅が十分にある場合にのみ表示されます。
     
    クリップ数

縦スクロールバーと横スクロールバー:
タイムラインをズームするなどして幅に全てが収まらない場合、スクロールバー表示されます。これらをドラッグして移動できます。

タイムラインオプション

タイムラインの特定のオプションは、メニューからカスタマイズできます。

 

再生ヘッドの影を表示

再生ヘッドは、通常タイムラインビューアで表示したフレームの先頭を示す1本の線で表示されます。

「表示」>「再生ヘッドの影を表示」を選択すると、再生ヘッドにシャドウが追加され、再生ヘッドの位置をより簡単に確認できます。前後のフレーム数のオフセットは「環境設定」>「ユーザー」>「編集」>「一般設定」で調整し、デフォルトの長さは5フレームです。

 

再生ヘッドの影を表示

 

Media Composerのようなスタイルを望む場合は、再生ヘッドの影の長さを0に、再生ヘッドの長さを1に設定します。

オーディオスクラブの有効/無効化

オーディオスクラブはデフォルトで有効です。再生ヘッドをマウスで前後にドラッグすると音声が聞こえます。

「タイムライン」>「オーディオスクラブ」(Shift-S)で有効/無効に切り替えます。

 

オーディオスクラブの有効/無効化

 

コメントを残す