【コンフォームの重要性】Davinci ResolveでのALEの挙動について

映像制作では長尺になるほど多くの人が携わり、様々なアプリケーションが使用されます。一つのアプリケーションで完結する場合はそれほど気にする必要はありませんが、共同作業ではコンフォームを意識する必要があります。 コンフォームとは、仮編集された内容を元にオリジナルのソースに関連付けて再編集を行う作業の事です。いわゆるオフラインの後のオンライン編集作業で、データが重くなり高解像度になるほどコンフォームの重要性が増してきます。 ALEとは Avid Log Exchangeの略でいわゆるショットリストです。、シンプルなタブ区切りのテキストデータで構成されたメ タデータの交換フォーマットで、古くはフィルムプロジェクトをビデオに変換するために使用されていました。 編集データを相互でやりとりする時に、AAFやXMLを用いて行う場合が多くありますが、AAFなどの場合タイムコードや名前、テープ名など一部を除き READ MORE

【コラム】現場での波形モニター

多くの場合、収録では波形モニターが必要になります。     Adobe CS5.5まではOnLocationという波形表示と取り込みを同時に行うソフトウェアがありました。(元はSerious Magic DV Rack)このソフトウェアは2012年4月23日に開発と販売を終了し、Adobe Preludeにその道を譲っています。Adobe Preludeはファイルベースのインジェストに特化しておりソフトウェア上で取り込みや波形表示はできません。   On Locationの弱点はFirewireによるDV、HDVの取り込みしかサポートしない点でした。現在ではThunderboltで接続されたBlackmagic UltraStudioやAJA IoXTなどで簡単にSDI接続でラップトップでキャプチャーができます。Blackmagic Media Express READ MORE

【コラム】映像とコンピューターとアクセシビリティ

MacOSがバージョンアップしMountain Lionになりました。その中で興味深いのが音声入力です。初期ではセンテンスしか理解できない様ですがこれは画期的です。声の特徴も覚え使えば使うほど賢くなります。   メモ帳やテキストエディタなど文字を入力できるところならどこでもFnボタンを2回押すだけで音声入力を開始することができます。   何が画期的か? 今までも音声入力のソフトウェアはいくつかありました。しかし、使い勝手と認識結果があまりよくありませんでした。   正しく認識するには大量のデータが必要です。発音の学習方法ににディクテーションという方法があります。話した言葉を正しく理解するのに何度も聞くことを繰り返します。   認識結果は今までローカルのディスクに保存されていました。Mountain Lionの音声認識結果はユーザーデータと共にAppl READ MORE

【コラム】フィルムの終焉とBMDによるCintelの買収

BMDによりCintelが買収されました。これはフィルムメーカーにとって衝撃的であり必然的な出来事です。DaVinciはグレーディングツールとして有名ですがCintelとは深い関わりがあります。   これにはモーションピクチャーの歴史を振り返る必要があります。   写真から映画へ 映画は静止画の連続です。フィルムを透過し連続で再生することで映画が誕生します。   プリントされたフィルムは直接つなぎ合わされていました。様々な所で再生するためにコピーが必要になり、コピーを作るためにネガが使用されるようになります。写真と同じくネガがあれば大量にコピーが可能だからです。   フィルムはラボで現像されます。   やがて映画はカラーになり、プリントする際に色を調整する事が可能になります。これがタイミングと呼ばれる作業です。   テレビの時代 READ MORE