DaVinci Resolve 15 編集 キーフレームトラックとカーブエディタ

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

編集ページ キーフレームトラックとカーブエディタ

複雑なキーフレーム処理を行う場合は、タイムラインのキーフレームトラックとカーブエディタを使用します。

 

 

キーフレームエディタ

クリップにキーフレームがある場合、タイムラインクリップの名前バーの右端の「キーフレーム」ボタンをクリックするとキーフレームトラックが開き、ボタンを再度クリックすると閉じます。(Ctrl/Command + Shift + C)

 

「キーフレーム」ボタン

 

パラメータグループごとに1つのキーフレームトラックが表示され、グループ内の個々のパラメータを開閉するボタンがあります。

キーフレームトラックは、タイムラインのクリップの長さに応じてキーフレームを編集できます。

 

キーフレームの追加/削除

キーフレームエディタのトラックをAlt/Option + クリックするとキーフレームを追加し、パラメータに現在の値が設定されます。

削除するキーフレームを選択し、Backspaceキーを押し削除します。

 

キーフレームの選択

キーフレームをクリックするか、複数のキーフレームをマウスで囲み選択します。

 

キーフレームの移動

キーフレームを左右にドラッグします。ドラッグ中にオフセットを示すツールチップが表示され、選択したキーフレームが1つだけの場合は、パラメータ名も表示されます。

 

キーフレームの選択

 

カーブを同時に表示している場合、キーフレームを選択し以下のキーで1フレームずつ移動できます。

  • 1フレーム左に移動
    Ctrl/Command + 左矢印キー
     
  • 1フレーム右に移動
    Ctrl/Command + 右矢印キー

 

トラックの有効/無効

キーフレームのトラック全体を有効/無効にするには、キーフレームトラックの左端のトグルをクリックします。オレンジ色が有効でグレーは無効です。

 

キーフレームのカット、コピー、ペースト

通常のショートカットキーを使いキーフレームをカット(Ctrl/Command + X)、コピー(Ctrl/Command + C)、ペースト(Ctrl/Command + V)できます。

キーフレームを複製するには、キーフレームを選択しAlt/Optionキーを押したままドラッグすると新しい位置に複製します。

 

カーブエディタ

キーフレームをさらに細かく操作する場合は、クリップの名前バーの右端の「カーブエディタ」ボタンをクリックします。カーブエディタは、キーフレームエディタと同時に開くこともできます。(Shift + C)

 

「カーブ」ボタン

 

カーブエディタの左上隅のカーブポップアップメニューで複数のパラメータを開けます。チェックボックスで表示するパラメータを選択し、編集するカーブを選択するには、パラメーターの名前をクリックします。

 

カーブエディタで表示するパラメータの選択

一度に1つのカーブしか操作はできません。編集するカーブを選択し、コントロールポイントでパラメータを編集してタイミングを変更します。補間を選び、キーフレームの変化に影響を及ぼすイージングを作成できます。

 

カーブエディタで表示するパラメータの選択

 

カーブの選択

カーブエディタとキーフレームエディタを同時に開いている場合、キーフレームトラックをクリックすると、対応するカーブがハイライトします。

カーブエディタの左上隅のカーブメニューで表示するカーブを選択します。複数の曲線がある場合は、編集するカーブをクリックして編集します。

 

注:表示しているクリップの幅が狭いと「カーブ」メニューが非表示になることがあります。タイムラインにズームインすると、再びカーブメニューが表示されます。

 

コントロールポイントの追加/削除

Alt/Optionキーを押しながらカーブをクリックして、コントロールポイントを追加します。

削除するコントロールポイントを選択し、Backspaceキーを押し削除します。

 

コントロールポイントの選択

コントロールポイントを選択するには、クリックするか、複数のコントロールポイントをCtrl/Command +クリックで選択するか、マウスで囲みます。

キーフレームエディタでパラメータを選択している場合はCtrl/Command + Aですべてのキーフレームを選択できます。

 

コントロールポイントの移動

コントロールポイントを選択し、左右にドラッグして時間的に移動し、上下で値を変更します。Shiftキーを押しながらドラッグすると、動きが一方向に制限されます。

 

コントロールポイントの調整

 

コントロールポイントの調整

コントロールポイントを選択し、以下のキーで調整できます。

  • 1フレーム左に移動
    Ctrl/Command + 左矢印キー
     
  • 1フレーム右に移動
    Ctrl/Command + 右矢印キー
     
  • 値を上にに移動
    Ctrl/Command + 上矢印キー
     
  • 値を下に移動
    Ctrl/Command + 下矢印キー

 

コントロールポイントをカット、コピー、ペースト

通常のショートカットキーを使いコントロールポイントをカット(Ctrl/Command + X)、コピー(Ctrl/Command + C)、ペースト(Ctrl/Command + V)できます。

 

コントロールポイントの補間を変更

コントロールポイントを選択し、カーブエディタの4つのベジェ補間ボタンの1つをクリックします。

複数の補間を変更するには、Ctrl/Commandキーを押しながらクリックするかマウスで囲み、4つのベジェ補間ボタンの1つをクリックするとすべてを同時に変更できます。

 

4つのベジェ補間ボタン

 

ベジェハンドルを調整

ベジェハンドルを任意の方向にドラッグしてカーブを変更します。

 

OpenFXとResolveFXのキーフレーム

OpenFXやResolveFXのパラメータには、インスペクタの各パラメータの右側にキーフレームコントロールがあり、エフェクトをアニメートできます。

 

OpenFXとResolveFXのキーフレーム

 

注:現時点では、OpenFXやResolveFXはキーフレームトラックがないためインスペクタでのみキーフレームを操作できます。

 

コメントを残す