DaVinci Resolve 15 編集 再生ヘッドを使用したトリミング

DaVinci Resolve 15 編集 ページ

再生ヘッドを使用したトリミング

「トリム」メニューにトリムを行うためのいくつかのコマンドがあります。

「リサイズ」「リップル」「ロール」にあるコマンドを使うと、モードの選択「選択モード」(Aキー)「トリム選択モード」(Tキー)と、対象の選択「クリップ選択」(Shift + Vキー)「編集点を選択」(Vキー)を行い編集するまでのプロセスを、1つのコマンドで実行できます。

 

 

トリムメニューのコマンド

「リサイズ」「リップル」「ロール」にあるコマンドは、再生ヘッドの位置に最も近いクリップのイン/アウト点を自動的に選択し、コマンドを実行します。選択しているツールが「選択モード」「トリムモード」に関わらず実行できます。

 

トリムメニューのコマンド

 

再生ヘッドと交差しないクリップは影響を受けません。トラックの自動選択コントロールを無効にし、特定のトラックのクリップを操作から除外できます。

デフォルトでショートカットキーがない項目は「ユーザー設定」「キーボードマッピング」パネルをでキーを割り当てることができます。

よく使うのはEキーで、編集点を選択して入力するだけで直ぐに編集点を変更できます。

 

Tips:下上矢印で再生ヘッドを前後の編集点に移動できますが、クリックを選択していると選択状態も移動します。

 

拡張編集と先頭/末尾をトリム

  • 編集を延長/短縮(Eキー)
    編集点を選択すると、再生ヘッドの位置に編集点を移動します。クリップを選択すると、再生ヘッドの位置をイン点に「スリップ」します。再生中にも実行できます。
     
  • 先頭をトリム (Shift + [ )
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのイン点を合わせます。(選択モードではサイズ変更、トリムモードではリップル)
     
  • 末尾をトリム (Shift + ] )
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのアウト点を合わせます。(選択モードではサイズ変更、トリムモードではリップル)

 

リサイズ

  • 先頭を再生ヘッドの位置へ(キー設定なし)
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのイン点をサイズ変更します。
     
  • 末尾を再生ヘッドの位置へ(キー設定なし)
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのアウト点をサイズ変更します。

 

リップル

  • 先頭を再生ヘッドの位置へ(Ctrl/Command + Shift + [ )
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのイン点をリップルします。
     
  • 末尾を再生ヘッドの位置へ(Ctrl/Command + Shift + ] )
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのアウト点をリップルします。

 

ロール

  • 先頭を再生ヘッドの位置へ(キー設定なし)
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのイン点をロールします。
     
  • 末尾を再生ヘッドの位置へ(キー設定なし)
    再生ヘッドの位置に自動選択が有効な全てのトラックのアウト点をロールします。

 

再生ヘッドをスリップ

  • イン
    現在の再生ヘッドの位置をクリップのイン点をにスリップします。
     
  • アウト
    現在の再生ヘッドの位置をクリップのアウト点をスリップします。

 

注:スリップ、ロール、スライドでは、同期しているサウンドは変更されますが、タイムラインの他の部分は変更しません。リップルではサウンドの同期を変更するため、使用する際に注意が必要です。

 

 

 

コメントを残す