DaVinci Resolve 15.2 Camera Raw設定

Camera Raw設定 「プロジェクト設定」の「Camera Raw」はRawメディアのデフォルトの動作を設定し、サポートされているカメラのタイプ毎にRawメディアの設定を調整します。     「RAWプロファイル」でRAWのフォーマットを選択し、プロジェクトで使用するデフォルト値を設定します。 「デコードに使用」を「カメラメタデータ」から「プロジェクト」にすると、「プロジェクト設定」を手動で設定してすべての同じフォーマットのクリップに適用できます。     Rawの処理 カメラで撮影されたRawファイルはセンサーの情報をベイヤーパターンで直接キャプチャ READ MORE

ファイルベース収録での素材コピー

ファイルベースでの収録になると心配なのが素材のロストです。通常収録素材はSDカードやSXS、P2、CFカードなどに保存されています。その素材がそのまま利用されることは少なく、編集時にはPCにコピーする必要があります。ファインダーのコピーがエラー無く終了したかどうかはチェックしなければ解りません。 テープの場合は目視でチェックすることが正しいと思われていましたが 、再生してもデータ的にエラーがあるかもしれません。今後はデータでチェックする必要があると思われます。     IMAGINE PRODUCTSのShotPut Pro™はそんなデータコピーのサポートツール READ MORE